動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年09月14日

猫8割が殺処分…愛護センターで“悲劇” 持ち込まれる野良猫が激増、収容能力超える

Yahoo! JAPAN



 大分市廻栖野に今年2月に開設された「おおいた動物愛護センター」に半年間で1688匹のネコが持ち込まれたことが、センターのまとめで明らかになった。既に県内の昨年度1年分(1820匹)に迫りつつあり、収容能力や譲渡が追い付かないことから8割が殺処分されている。譲渡を推し進める施設ゆえに、助かると思って持ち込まれる野良猫が激増し、殺処分が増える“悲劇”となっている。

 センターは、殺処分を減らそうと、県と大分市が共同で設置。野良猫、野良犬の引き取り業務を保健所から引き継ぎ、譲渡会などを開いている。

 まとめでは、開設日の2月17日から8月16日までに引き取ったネコ1688匹のうち、殺処分されたのは1356匹。新しい飼い主が見つかりやすいイヌに比べてネコはニーズが低く、これまでの譲渡件数は106匹。収容できるのは最大100匹に限られる上、健康状態が良くないネコなども多く、殺処分を迫られているという。

 持ち込み急増に関し、センターは「保健所は殺処分されるイメージがあるのに対し、センターは保護される印象があるため」と分析。県内の殺処分は3年連続で2千匹を下回っていたが、本年度は上回る可能性がある。

 イヌはセンター開設以降290匹が持ち込まれ、譲渡は145匹。最大56匹を保護でき、殺処分されたのは82匹にとどまった。

 センターによると、ネコは生後半年ほどで妊娠が可能になり、2カ月の妊娠期間で平均6匹を出産。1年に3回出産でき、1匹のネコから1年で78匹まで増えるほど爆発的な繁殖能力があるという。

 県内では、県や市町村による不妊去勢手術の補助もあり、センターは(1)不妊去勢手術をする(2)野良猫には餌を与えない−ことなどを呼び掛けている。 (稲田二郎)

西日本新聞社
posted by しっぽ@にゅうす at 00:39 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

「殺処分ゼロ」の実態

北海道新聞


9月20日から1週間は動物愛護週間です。帯広では一足早く7、8日に動物愛護フェスティバルが開催されました。全国で殺処分される犬猫の数は年々減少し、2017年度では4万3千匹と、10年前の2割以下です。しかし、まだゼロには遠い数字です。

 改正動物愛護法で「殺処分ゼロ」が自治体の目標とされ、全国の自治体では競って「殺処分ゼロ」達成のため、いろいろな努力が続けられています。今年4月、東京都の小池百合子知事は、昨年度の「殺処分ゼロ」を誇らしげに発表していましたが、実際には約150匹の犬猫が殺処分されたようです。

 なぜでしょう? 実は、都動物愛護相談センターが引き取った犬猫のうち、病気にかかって治療が難しかったり、かみ癖があったりして譲渡が難しいと判断されたものは、動物愛護の観点から安楽死されており、この頭数は「殺処分」に含まれていないためです。

 「殺処分ゼロ」をやみくもに求めるために、このような数字の矛盾が出てしまうことや、民間の愛護団体への押し付けになってしまうことも問題視されています。殺処分数をなくすことも大切ですが、安易に保健所へ動物を持ち込まず、できる限り「終生飼養」に努めることが飼い主の責任です。(獣医学博士 石川濶)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:22 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救われた命、セラピー犬へ 49匹お年寄りに「癒やし」

Yahoo! JAPAN



徳島県動物愛護管理センター(神山町)が保護した犬を訓練し、福祉施設や学校を慰問するセラピー犬(ふれあい活動犬)に育てる制度を始めて4年が過ぎた。これまでに49匹を認定。高齢者や子どもらにぬくもりや命の大切さを伝えている。訓練を希望する飼い主が少ないのが課題で、センターは利用を呼び掛けている。

 センターによると、制度を始めた2015年度は6匹、16〜18年度は43匹を認定した。セラピー犬が参加したセンター主催のイベント・慰問活動は、15年度の6回から18年度は18回に増えた。独自に慰問活動をする飼い主も多い。

 吉野川市の女性会社員(58)は、昨年6月に1歳半の犬を譲り受けた。犬は9回の訓練を受け、今年3月にセラピー犬に認定された。現在、知人が実施している福祉施設の慰問に月1回参加している。「お年寄りに喜ばれるし、愛犬と一緒にボランティアができるのは楽しい」と話す。

 課題は、センターがセラピー犬への訓練を勧めても、訓練所に通う負担などから敬遠する飼い主が多いことだ。適性のある犬のうち、訓練につながるのは1割程度という。

 センターの矢野さやか課長は「殺処分を減らすだけでなく、しつけ方を学ぶ良い機会になる。できるだけ多くの人に利用してほしい」と話している。

 セラピー犬育成制度 保護犬が社会の役に立つことを知ってもらい、殺処分の減少などにつなげようと、県動物愛護管理センターが2015年に都道府県で初めて設けた。センターで適性があると判断した犬を譲渡会で引き渡す際、飼い主に訓練を勧める。了承されれば、保護犬と飼い主は県が指定した訓練所で一定期間、訓練を受ける。保護犬は県の認定試験を受け、センターが開く行事に参加する。訓練費用は県が負担する。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:19 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

災害公住でペット飼わせて 厚真の有志、町に許可求め署名活動

北海道新聞



 【厚真】胆振管内厚真町で12月に着工予定の災害公営住宅で入居者がペットを飼えるよう町に求めるため、町内で「ペットホテルHAYA」を営む早川律子さん(48)ら有志が町内や札幌市などで署名を集める活動を行っている。

 早川さんらは「北海道胆振東部地震被災地のペットを守る会」という団体を今月立ち上げて署名集めを始めた。19日までに千人分を集める目標という。

 早川さんらが今月調査したところ、町内の仮設住宅でペットと暮らす38世帯中、13世帯が災害公住への入居を希望している。町内にペット可のアパートはほとんど無く、災害公住で飼えなければペットを手放す人が多いとみられる。

 国土交通省によると、公営住宅法には災害公住のペット飼育に関する規定はなく対応は自治体に委ねられている。全国では飼育を認める自治体がある一方、居室の汚れや騒音などを理由に禁止する場合もあり、厚真町も対応について現在、検討中という。

 早川さんは「やっと仮設から出られても、家族同然のペットと生活できなければ本当の復興とは言えないのでは」と訴える。

 署名用紙はペットホテルHAYAや賛同する札幌のペットサロンなどに用意するほか、FAXやメールでも送る。問い合わせはメールinfo@lvijp.comまたは(電)0145・29・7207へ。(中本翔)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:35 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無責任な餌やり行為、大阪市が条例制定へ

関西を遊ぶニュースサイト・Lmaga.jp


大阪市の松井一郎市長は11日、「大阪市役所」(大阪市北区)で会見し、10日に同市住吉区の住民たちが「餌やり行為に罰金を科す条例の制定」を求めて陳述書を提出したことに対し、「早急に条例を制定するよう指示した」と進捗を述べた。

問題化している「餌やり行為」について言及した大阪市・松井一郎市長(11日・大阪市役所)画像一覧
深刻化しているのは、大阪市住吉区内で野性のハトや猫に餌を与え、残飯やゴミとなっている問題。数年前から住吉区以外でも同様の苦情が寄せられているものの、条例がないため統制できていないのが現状だ。また、腐敗した残飯の処理や糞尿の清掃は、周辺住民に押しつけられている。

夏頃から、この状況を問題視していた松井市長は、「本人は動物愛護と思ってるが、動物たちは周辺住民から有害鳥獣扱いされる。行政としては市民の生活環境を悪化させるため、駆除を考えなければならない。動物愛護であれば、地域のみなさんの理解のもとで、大切に育てていくのが一番の動物愛護精神」と批判。

今秋には議会で条例案を提案し、早期に条例を制定する予定。松井市長は、「動物に餌をやる場合、やったらやりっぱなしは絶対にダメ。最後まで面倒をみてもらいたい。きちっとしたルールとマナーを作り、周辺の生活環境を守りながら、動物愛護が実現できる体制をつくっていきたい」と語った。

取材・写真/岡田由佳子

posted by しっぽ@にゅうす at 08:34 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

<論戦 都議会>動物愛護団体の支援策を検討

東京新聞



 都議会定例会は十日、本会議で一般質問があった。小池百合子都知事はペットの殺処分を巡り、動物愛護ボランティアへの負担軽減策を検討すると表明した。

 小池知事は「ペットの殺処分ゼロ」を二〇一八年度に達成したことについて、「ボランティア団体の献身的な活動によるところが大きい」と説明。都によると、ボランティア団体は、飼い主のいないネコへの不妊・去勢手術の費用を自己負担するなどのケースがあるため、金銭面も含めてボランティア団体への支援策を検討する。

 また、都は旧こどもの城跡地について、同施設内にある青山円形劇場の活用も含めた将来的な改修の基本計画を、本年度中に策定すると説明した。東京五輪・パラリンピックでボランティア拠点などとするための改修工事は、来年四月までに行うとした。 (石原真樹)

 質問した議員は次の通り(敬称略)

 都民ファーストの会 大津浩子、馬場信男、米川大二郎、内山真吾、滝田泰彦、樋口高顕、後藤奈美▽自民 菅野弘一、伊藤祥広▽公明 栗林のり子、斉藤泰宏▽共産 原紀子▽東京みらい 奥沢高広
posted by しっぽ@にゅうす at 08:33 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

「命をつなぐというのは非常に素晴らしい」 両陛下秋田で保護犬と触れ合う

Yahoo! JAPAN



第39回全国豊かな海づくり大会に出席するため、7日に秋田市入りした天皇、皇后両陛下は市内の秋田県動物愛護センターを訪問された。施設は4月、犬や猫の殺処分ゼロを目指す県の新たな拠点として開設された。「命をつなぐというのは非常に素晴らしいですね」。両陛下は保護された犬との触れ合いを楽しんだ。

【写真】演奏に拍手を送る大勢の音楽ファン=7日午前11時40分ごろ、仙台市青葉区本町3丁目

 同センターの「命を大切にする心を育む教室」で、リーダーウオークや犬の心音を聴診器で聴く体験をした。センターでは現在、保護犬8匹と保護猫48匹を管理している。

 天皇陛下が、参加した園児と児童11人に「動物は好きですか」「何か飼っていますか」などと質問する場面があった。秋田市御所野小6年のムルギア琥珀君(12)は両陛下の優しい笑顔が印象的だったという。お二人がいすを譲り合う様子を見て「仲の良さを感じた」と話した。

 「これが私たちのわんちゃんです」。金和浩所長は、天皇陛下が帰る間際に家族と愛犬の写真を見せてもらった。陛下は保護犬だと説明したという。金氏は「動物を慈しむ心をお持ちで、お会いできて光栄でした」と振り返った。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:20 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする