動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年01月17日

岡山市議会が動物愛護条例改正案 避難所設置など市の責務を明記

山陽新聞



岡山市議会は15日、ペットの虐待や近所への迷惑防止を目的とした動物愛護管理条例について、議員発議の改正案をまとめた。市の責務を初めて明記し、ペットを同伴できる避難所設置や適切な飼育指導を盛り込んだ。飼い主には所有者が分かるマイクロチップの装着などを促す。2月定例市議会に提出する方針。

 現行条例はほ乳類や鳥類、は虫類の飼い主に適正な飼育やふんの除去を順守するよう求めている。改正案では、市に対し「動物共生社会の実現を図る施策を策定し、実施する責務がある」とし、市民への啓発、ペットを連れて行ける避難所設置などを新たに求めた。

 具体策としては、しつけ教室の開催▽市民やボランティアとの情報交換会▽えさやり禁止といった野犬対策▽住民で世話をする地域猫活動の支援―などを想定しているという。

 飼い主の順守事項としては、捨て犬や捨て猫の防止につながるマイクロチップ装着を促すほか、自動車で移動する際にペットの健康と安全を確保するよう明記した。ペット業者らの責務については、購入・譲渡先に動物の習性を説明し、死ぬまで飼うことを促して販売・譲渡するよう努めることとした。

 条例改正案は、繁殖業者らに犬や猫へのマイクロチップ装着を義務付けた改正動物愛護法が昨年6月に成立したことを踏まえた。市議会が同10月、各会派の議員10人でプロジェクトチームをつくり、先進地の視察や会議を重ねてまとめた。

 内容は16日から市議会ホームページなどで公開する。2月6日まで意見を募り、最終案に反映させる。問い合わせは市議会事務局調査課(086―803―1535)。
(2020年01月15日 19時01分 更新)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:12 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

“多頭飼育崩壊”などで“保護ネコ”増え... 長野市保健所に「新ネコ舎」 快適な新居にお引っ越し

Yahoo! JAPAN



長野市保健所に保護したネコを収容する「ネコ舎」が完成しました。より快適で開放的になった新居に、きょう14日はネコたちが「お引っ越し」しました。

 長野市保健所には現在33匹のネコが保護されています。けさは次々にキャリーケースに入れられ新居に向かいました。

(記者リポート)
「保護されたネコたちは、きょうから新しいネコ舎で暮らします」

 新しいネコ舎は「動物愛護交流棟」として5200万円で建設されました。ネコたちが過ごす展示室に並ぶのは、姿が見やすいようガラスばりになったケージです。実際に入って触れ合うこともできる1畳から3畳ほどの小部屋も3つあります。

(記者リポート)
「反対側の壁がガラスばりになっていて隣の部屋からこうして見ることができます」

中には「ステップ」と呼ばれる階段や「キャットウォーク」もあり、家庭に近い環境でのびのび過ごす表情も楽しめます。

長野市動物愛護センター・笠原美絵さん:
「(保護数が)増えたことや、収容期間が長くなった(ネコにとっての)環境を整えるため新しいネコ舎を作りました」

 これまでの保護施設は20年前に建てられ、犬とネコを同じスペースに収容していました。昨年度、保護した犬は79匹。一方でネコは203匹。犬の保護が減る一方、ネコは増え続けています。そこに拍車をかけるのが不妊手術を怠った結果増えすぎて飼いきれなくなる「多頭飼育崩壊」です。

長野市動物愛護センター・笠原美絵さん:
「(多頭飼育崩壊のネコたちは)手をかけられていないので、人なれという点で大事に育てられたネコより劣る。もらい手が見つからず、長くここにいるネコが増える」

 そんな背景から完成した新しいネコ舎。保健所はここで積極的にイベントも行い、正しい飼い方についても発信したいとしています。週末の土曜日には早速、お披露目会と譲渡会を予定しています。

長野放送

posted by しっぽ@にゅうす at 08:10 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

猫の殺処分ワースト級の大阪、打開の切り札は「ネコバス」

産経新聞


「ペットは家族」といわれる一方で、行き場のない犬や猫が保健所に収容されるケースも後を絶たない。猫の殺処分数が全国ワーストクラスの大阪府市は「犬猫の殺処分ゼロ」を掲げ、動物愛護の取り組みを加速させている。愛猫家として知られる松井一郎市長は「最後まで責任をもって大切にして」とアピール。令和2年からは、里親になりたい人と保護猫の出会いの場となる「ネコのバス」が地域を走る。

(井上浩平)

猫多い都市部

 「犬の殺処分は随分減っており、猫の殺処分をいかに減らすかが重要」。大阪府の吉村洋文知事は昨年11月の定例会見でこう強調した。

 環境省によると、全国の犬・猫の殺処分数は昭和49年度から残されており、同年度の122万匹をピークに右肩下がりとなっている。平成30年度は過去最少の3万8千匹で、10年前の27万匹から約7分の1まで減った。

 大阪でも殺処分数は減少傾向だが、猫は他の自治体と比べ、その数が目立つ。29年度の大阪市は997匹で、政令市の平均280匹を大きく上回った。

 府動物愛護管理センターによると、捨てられたとみられる子猫や、飼い主の死亡や入院を理由に「飼えなくなった」と相談が寄せられた猫などが保健所に収容されている。


犬と比べて猫の殺処分数が多いことについて、同センターの担当者は、飼い主のマナーが向上した結果、犬は放し飼いや野良犬が減ったとした上で、「都市部はそもそも猫が多い。野良猫に餌をやる人もいるが、栄養状態がいいと繁殖してしまう」と説明する。

餌やり規制を強化

 街中での無責任な餌やりに対する取り組みは徐々に進み始めている。

 大阪市議会では、猫やハトなどの野生動物への餌やりを規制する条例改正案が可決され、罰則が令和2年3月から適用される(餌や糞の清掃、不妊去勢などの実施を前提に、地域住民が協力して野良猫を世話する「地域猫」活動は対象外)。

 6月には、動物の虐待防止へ罰則を強化した改正動物愛護法が施行。都道府県知事は、動物の飼育や保管によって周辺の生活環境が損なわれている場合、飼い主に必要な指導ができるようになる。

 無責任な餌やり行為を問題視してきた西野修平・大阪府議(無所属)は「私の地元でも、猫への餌やり行為で周辺環境が悪化し、ノミなどによる健康被害で困っている人がいる。明確に対応指針を定めて厳しく対処すべきだ」と指摘。府は生活環境に被害を及ぼす餌やり行為などについて、基準を示したガイドラインを作成する方針という。


虐待ダイヤルに160件

 「命」をテーマにした2025年大阪・関西万博の開催に向けて「犬猫の理由なき殺処分ゼロ」を掲げる府市は、動物愛護の取り組みを本格化させている。「理由」とは、重い病気やけがなどで処分せざるを得なかったケースを指す。

 昨年10月に設置した、動物虐待の相談や通報を受け付ける共通ダイヤル「♯7122」もその一つ。「悩んだら・わん・にゃん・にゃん」の語呂合わせだ。

 市民から連絡が入れば、管轄する行政の担当課に転送。相談内容により、虐待なら府警が、虐待ではないが飼育環境に課題があれば行政が対応している。

 管轄する府動物愛護畜産課によると、運用開始後2カ月間で、「近所の犬や猫が蹴られるのを見た」「野良猫に餌をあげている人がいる」など約160件の相談や通報があったという。

 さらに府は令和2年から、ネスレ日本(神戸市)の協力で、猫の塗装をした「ネコのバス」をイベント会場などに派遣。保護猫と、里親になりたい人を結び付ける事業を始める。

 吉村知事は「殺処分ゼロの数字自体が重要ではない。目標達成には殺さなければいいわけで、民間に押し付けるなどすれば可能だが、それだと命が失われることは明確だ。動物の福祉の観点を愛護行政に入れていく必要がある」と話す。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:05 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

「飼うなら最期まで」ペット、オーライ? 名古屋市が「北斎漫画」用いた啓発動画 

Yahoo! JAPAN



 葛飾北斎が描いた「北斎漫画」を用いた「人とペットの共生」に関する啓発動画「ペット、オーライ?」「キャット、オーライ?」の配信が始まっている。名古屋市の取り組み。(名駅経済新聞)

「キャット、オーライ?」のワンシーン

 動画には「飼うなら最期まで」の言葉を添え、安易にペットを迎えることに対する危険性や、最期まで責任と愛情、覚悟を持って飼うことの必要性についてメッセージを載せた。

 ペットの健康や安全を守ることや、人への危害や迷惑防止など、飼い主としての心構えをセルフチェックで学べる「ペット、オーライ?」バージョン5本と、猫の計画外の繁殖を防ぐ避妊・去勢手術の重要性やその助成、市民ボランティア活動などを伝える「キャット、オーライ?」バージョン4本を作成。

 動画に用いた「北斎漫画」は葛飾北斎が絵手本として発行したスケッチ画集で、北斎が名古屋滞在時に下絵が描かれ、名古屋の版元から初版が発行された。「北斎漫画」のほか、一部「三体画譜」も使われている。

 名古屋市動物愛護センター(千種区)ではふるさと納税の寄付金の活用やボランティアの協力で2016(平成28)年度に犬の殺処分ゼロを達成。2019年度頭現在も継続中。一方、猫は収容数が多いこともあり、いまなお殺処分が行われている現状。

 名古屋市の担当者によると「このような状況を世間に知ってもらう目的で動画を作成。キャッチーでユーモアがある北斎漫画を用いた見た目で、『何だろう?』と目を引くようにした」と話す。

 配信は12月25日から市長室広報課のユーチューブチャンネル「まるはっちゅ〜ぶ」で開始されているほか、1月6日からユーチューブやフェイスブック、インスタグラムの動画広告、ケーブルテレビCM、10日からは映画館「伏見ミリオン座」(中区錦2)「センチュリーシネマ」(中区栄3)の映画館CMとして上映される。2月28日まで(映画館CMは2月27日まで、「まるはっちゅ〜ぶ」は継続)。

みんなの経済新聞ネットワーク
posted by しっぽ@にゅうす at 09:04 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

子猫殺処分減らしたい/青森県動物愛護センターが育成ボランティア制度

Yahoo! JAPAN


殺処分される子猫を減らすため、県動物愛護センター(青森市)が始めた「育成ボランティア制度」が実を結びつつある。センターが引き取った子猫を、一番手間がかかる時期に家庭で預かってもらい、譲渡可能な大きさになるまで育ててもらうもの。スタートした2018年度以降、新たな飼い主につなぎ、救えた命は少なくない。ボランティアに参加し、最終的に1匹の子猫を引き取った女性は「助かる命が少しでも増えてほしい」と願う。

 青森市の福士友子さん(65)は昨年11月、手のひらに乗るほど小さな雄猫を預かった。すぐにシャンシャンと名付けた。最初は下痢が続き、何度か獣医師と電話でやりとりすることがあったが、その後は体重も増え順調に成長。一緒に暮らす雄猫のミロ(6歳)とも相性が良く、そのまま飼うことを決めた。

 ボランティアの役割は、生後40日前後の子猫を里親に出せる大きさ(約650グラム)になるまで育てること。想定する10〜30日間の飼育期間で、食事の世話やトイレのしつけ、体重や体調の管理などをこまめに行う。福士さんのように、ボランティア期間終了後に引き取ることもできる。家庭で大事に育ててもらうことで、子猫に社会性が身に付き、もらわれやすくなるメリットもあるという。

 センターには毎年、飼い主の都合で飼えなくなったり、捨てられたりした猫や犬が持ち込まれる。18年度は猫888匹のうち765匹が殺処分され、この7割が子猫だった。子猫は体調が急変することもあって常に目が離せないが、限られた職員で膨大な数を育てることは難しい。引き取った時点で病気の子猫も多く、大半を殺処分せざるを得ない状況にある。

 18年度はボランティアに預けた13匹のうち11匹が、19年度は13匹すべてが無事に譲渡された。現在、ボランティア登録者は県内に39人おり、何度でも預かり可という協力的な人もいる。センターは当面、新たな募集はせず、登録者を中心に育成していく方針だ。

 吉田繁成総括主幹は「職員が24時間常駐しているわけではないので、(夜間などは)ボランティアの方の知識に頼ることも多い。徐々に経験を積んでもらいながら、安心して子猫を預けられる体制をつくりたい」と話した。

 福士さんは「すべての飼い主が最後まで責任を持って育て、必要以上に増やさなければ、捨てられる猫が減って殺処分を防げる。ボランティアの輪が広がり、新たな飼い主が見つかってほしい」と切に願った。

▼子猫持ち込み後絶たず センター 正しい飼育呼び掛け

 県動物愛護センターに引き取られた猫のうち殺処分された数は、2016年度が764匹、17年度936匹、18年度765匹。23年度までの低減目標は、犬は既に達成しているが、猫の場合は目標の701匹に届いておらず、「殺処分ゼロ」にはまだ遠い。

 猫は1年に最大4回出産でき、犬より繁殖力が強い。しかし、飼い主が去勢・避妊手術や室内飼育を徹底しないために、意図せず子猫を増やしてしまい、センターに持ち込まれるケースが後を絶たない。センターは昨年12月から、こたつで猫と直接触れ合える冬季限定の「あったかふれあいねこルーム」を設けるなどして、生態の理解や正しい飼い方を呼び掛けている。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:10 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

飼い主孤立、ごみ屋敷に猫30匹 深刻「多頭飼育崩壊」

Yahoo! JAPAN




ペットの猫などが増えすぎて適切に飼えなくなる「多頭(たとう)飼育崩壊」が問題になっている。飼い主は親戚や地域の付き合いが薄く、社会的に孤立している傾向にあり、家はごみ屋敷になっていることが多い。ふん害など、近隣住民の生活環境問題としても深刻で、ボランティアや行政は対応に苦慮している。(藤森恵一郎)

【写真】兵庫県内で今年確認された多頭飼育崩壊の主な事例

 7月上旬、兵庫県丹波市。ボランティア団体「One for Mee@丹波」が、1人暮らしの高齢男性宅で飼われていた猫22匹を保護した。男性が倒れて入院したため、2週間近く餌を与えられていなかった。逃げた猫も含めると、約30匹はいたとみられる。

 代表の足立真紀さん(44)らが男性の許可を得て家に入ると、足の踏み場もないほどごみがたまり、大雨による浸水のためか、床は一部が抜け落ちていた。

 「近所付き合いもなかったようで、寂しさもあったのでは」と足立さん。「表面化していないだけで、他にも似たようなケースはあるはず」と懸念する。

 現に、今年だけでも西宮、川西、明石市などで同様の事例が確認されている。神戸市動物管理センターでは、飼い主から一度に猫10匹以上を引き取った事例が、2016年度=2件▽17年度=3件▽18年度=3件▽19年度(11月末現在)=1件−あった。

    ◇   ◇

 多頭飼育崩壊を防ぐために不可欠なのが、不妊手術だ。メス猫は生後4〜12カ月で出産できるようになり、年に2〜4回、1回につき4〜8匹の子猫を産む。公益財団法人どうぶつ基金(芦屋市)の佐上邦久理事長(59)は「複数飼うなら全ての猫に一気に不妊手術をすることが重要。先延ばしにすればどんどん増える」という。

 しかし、費用は1匹あたり1万5千〜4万円。多頭飼育崩壊を引き起こす飼い主には経済的に困窮している人が目立つが、行政は飼い主責任が第一義だとして費用の助成には慎重だ。

 まずは多くのペットを安易に飼わないようにするため、大阪府や京都市などは条例で、猫を10匹以上飼育する場合などに届け出を義務付けている。

 ただ、兵庫県動物愛護センター(尼崎市)は「2匹でもきちんと飼えていない飼い主もおり、(義務化の)線引きが難しい」と説明。「飼い主責任や不妊手術を受けさせることの啓発に力を入れたい」としている。

■貧困背景、福祉と連携し対応

 ペットが増えすぎて飼えない問題は、飼い主の社会的孤立や経済的困窮などの要因が背景にある。このため、動物愛護の関係者だけで対応するのではなく、社会福祉分野と連携する動きが加速している。

 明石市は8月、あかし動物センターを事務局として、市の福祉部局や民生・児童委員、獣医師会などで構成する「人と動物の共生によるまちづくり連絡会」を立ち上げた。

 メンバーに入っているボランティア団体「動物と共生するまちづくりの会」代表の村岡真澄さん(60)は「ケースワーカーらが多頭飼育に関する知識を持っていれば、連絡を取り合って素早く対応できる」と期待する。

 尼崎市動物愛護センターも現在、福祉部局とともに施策を検討している。

 環境省は今年、不適正な多頭飼育について、社会福祉分野と連携した対応策を専門家が議論する検討会を設置。2020年度のガイドライン策定を目指している。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:12 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相談急増、無責任な餌やり控えて

Yahoo! JAPAN



4月にオープンした山形市動物愛護センター「わんにゃんポート」。弱っている飼い主不明の犬と猫の保護や譲渡、取り扱いの助言を主に行っているが、9月までに猫の相談が犬の4倍以上に上っており、そのうちふん尿に関する問い合わせが3割超を占めている。同センターの担当者は「猫に無責任な餌やりは控えてほしい」と重ねて呼び掛けている。

 センターによると、同月までの猫に関する問い合わせは444件(犬は99件)。これは昨年度までこの行政事務を担った、県村山保健所の過去3年の1年間実績(山形市分。250〜300件)を既に超えている。センターでは「保健所より身近な窓口になっているのではないか」とする一方で、猫の「ふん尿相談」の多さを口にする。保護や譲渡のついでに行われた相談を含めれば、件数はさらに増えるという。

 猫は犬より繁殖能力が高い上、飼い主による登録が法律で義務付けられる犬よりも身元が分かりづらい。このため猫のふん尿に関する行政への照会は、全国的に多くなっている。

 市内での主な事例は愛好家が野外にいる猫に餌を与え、居着いた猫が近くの民家の花壇や畑、砂利などに排せつしトラブルになるケースで、センターでは自治会長の協力を仰ぎながら対応に当たっている。

 松野尚副センター長は「野外の飼い主不明の猫に対しトイレを設置して餌の後片付けをし、不妊・去勢も行う熱心な愛好家もいる」とするものの「トラブルにつながるような無責任、むやみな餌やりは控えてほしい」と語る。吉田浩治センター長は、地域ぐるみでの猫の不妊・去勢処置を対策の一つに挙げ「手術費の一部を市に助成してもらうことも前向きに検討したい」と話している。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:11 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする