動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年11月08日

特定動物や特定犬 茨城で相次ぎ逃げる 事故防止へ罰則強化も

Yahoo! JAPAN


猛禽(もうきん)類のイヌワシ、犬のドーベルマン-。県内で10月、人や財産に被害を与える恐れがあり、おりなどに入れて飼育することが義務付けられた「特定動物」や「特定犬」が逃げる事案が相次いだ。いずれも発見され、現在のところ被害の報告はないが、県生活衛生課は「逃げられないよう、ルールをしっかり守って飼育して」と、法令順守の徹底を呼び掛けている。

■ロープ手放す

「特定動物」のイヌワシ1羽が10月10日、稲敷市の住宅から逃げた。肉食で鋭い爪を持ち、握力が強い猛禽類の一種だ。同課によると、逃げたのは翼幅約180センチの成鳥。屋外のおりへ戻す際に飼い主が転倒し、足に着けたロープを手放した。稲敷署は小動物が捕食されないよう、防犯メールで注意を促した。

鷹匠(たかじょう)でもあり、牛久市で猛禽類中心のペットショップを経営する藤田征宏さん(48)は「猛禽類をつなぎ止めるロープなどは(手にはめる防護用の)グローブに固定するのが基本」と指摘する。

同月21日には石岡市山崎で「特定犬」のドーベルマン1頭が逃走。同課によると、飼い主がおりの掃除で外に出した際、係留のワイヤが外れた。かみつく恐れなどを考慮し、石岡署は防犯メールなどで「見掛けたらむやみに近づかないで」と注意喚起した。

同課は「ワイヤが外れても逃げられないようにすべき」と柵などの必要性を指摘。二つの事案はそれぞれ飼い主のミスや不注意が原因で、県は既に行政指導を行った。

■襲われ死亡も

「特定動物」は動物愛護法で一部の猛禽類やトラ、ニシキヘビなど約650種が指定される。県内の飼育数は販売や展示、研究を中心に1788頭(昨年度)。このうちペットとして飼われているのは97頭で、ツキノワグマやワニ、ニシキヘビなどを含む。

「特定犬」は県動物愛護条例で秋田犬や土佐犬、ドーベルマンなど8犬種のほか、体高60センチ、体長70センチ以上の大型犬などを指定。県内で2259頭(同)が飼われている。

いずれも逃がさないよう、おりなどの施設で飼うよう義務付けられる。また、同法は施行規則で「特定動物」を施設外に出した際、係留など「適切な逸走防止措置」を講じるよう規定。「特定動物」も「特定犬」も逃げた時点で法令違反の恐れがある。

過去には死亡事故も起きている。2012年には牛久市内の飼育場で男性が体長約6・5メートルのニシキヘビに襲われ、死亡した。1978年の3月と11月には、女児が大型犬にかみ殺される事故が発生。翌79年施行の同条例に「特定犬」を盛り込むきっかけとなった。

■細心の注意を

県はイヌワシが逃げたのを受け、県内の「特定動物」の飼い主に対策を徹底するよう文書で通知した。

藤田さんは「(特定動物は)基本的に野生動物で、おなかがすいたら襲う。だからこそ特性や危険性を十分に認識した上で、細心の注意が必要」と強調する。

同課は「生き物を飼育する際の責任は人間にある。安全に楽しく飼うためにも法令順守を徹底してほしい」と訴える。

法令順守を促すため、罰則強化も図られた。県議会は今年9月、犬(特定犬に限らない)を屋外で放し飼いした場合の罰金を「5万円以下」から「30万円以下」に引き上げるなどの同条例改正案を可決した。来年4月に施行され、同課は「事故防止につながる」と期待を寄せる。(今井俊太郎)

茨城新聞社

【関連記事】
posted by しっぽ@にゅうす at 05:03 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

不審なエサ ネコ“毒物”で死ぬ 動物愛護法違反の疑いで警察が捜査 福岡市


Yahoo! JAPAN



福岡市城南区で、毒物を食べたとみられるネコ2匹が見つかり、このうち1匹が死んでいたことがわかりました。

警察は動物愛護法違反の疑いで捜査しています。

【ネコを見つけた女性】
「ぐたっていう感じでした。具合が悪いことは、見ただけですぐにわかりました。苦しそうでした、本当に苦しそうでした」

福岡市城南区梅林に住むこちらの女性。

先月29日の夜、自宅近くの車の下で、ネコ1匹が動けなくなっているのを見つけました。

こちらがそのネコの写真。

繁殖防止の手術を受けた、いわゆる「地域ネコ」で、女性は5年前から世話をしていました。

【ネコを見つけた女性】
「肝臓の数値がすごく上がっていた。それで『普通の病気だったら、ここまで肝臓は上がらないだから毒物という判断をしています』と言っていた」

ネコは動物病院に運ばれましたが、翌日に死にました。

血液検査の結果、肝機能の数値が異常を示していたことから、病院はネコが毒物を食べた疑いがあると判断し、警察に通報しました。

さらに今月7日の夜には。

【記者】
「最初のネコが見つかってから、およそ10日後、今度はこちらの道路に、見知らぬエサが置かれていました」

女性の自宅前に置かれていた不審なエサ。

見た目は普通のキャットフードですが、このエサを食べた別の地域ネコに異変が。

【ネコを見つけた女性】
「食べているのを見たので、すぐに取り上げました。食べ終わってから5分くらい、5分くらいして吐いたと思う。結構吐いていた」

ネコはエサを吐き出したためか、一命を取り留め、通報を受けた警察が、エサなどを押収しました。

女性が世話をしていた地域ネコに相次いだ被害。

警察は何者かがネコに毒物を食べさせた疑いがあるとみて、死んだネコやエサの成分を調べるなど、動物愛護法違反の疑いで捜査しています。

テレビ西日本
posted by しっぽ@にゅうす at 08:12 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

<なるほど!さが法律相談>重い飼い主の責務

佐賀新聞


Q 犬と公園で散歩中、公園を散歩していた方が「かわいいですね」と言って、近づいて来られて、うちの犬を触ろうとしたところ、犬がその方の手をかんでしまい、けがをさせてしまいました。向こうから犬を触ろうとしたのに、私の方で治療費などを支払う義務がありますか?

 A 犬を飼う以上、飼い主には、人に危害を加えないようにする義務が課されます。

 飼い犬が、大型犬になるほど、また、一般的に気性が荒いとされる犬ほど、飼い主に課される義務は重くなります。そして、過去の裁判の中には「飼い主はここまで注意して犬を飼わなければならないのか」と思うような義務を飼い主に課したものもあります。

 犬の散歩中、通行人が飼い主と会話をした後、犬を触ろうとすることは、よく見かける光景であり、珍しいこととはいえません。そのため、少なくとも、飼い主としては、犬が他人に危害を加えそうになった場合には、リードを引っ張ったり、間に入って犬を止めるなどの行為をして、犬を止めなければならない一般的な義務があるといえます。よって、その義務を怠り、犬を触ろうとした人を犬がかんでしまった場合には、治療費を支払わざるを得ないケースが多いといえます。ただし、犬の状況(大きさ、性格、年齢など)、飼い主の状況(散歩態様、他人が犬に近づくことを予想できたかなど)、触ろうとした方の状況(犬の嫌がるさわり方をしていないか、その犬や飼い主と顔見知りかなど)、場所(人通りの多さなど)など、実際のケースによって、判断は大きく異なってくるので注意が必要です。

 もし犬が人をかんでしまった場合、犬にかまれてしまった方は被害者ですが、人をかんでしまった犬がすべて悪い場合ばかりではありません。そのような、不幸な事態を招かないためにも、飼い主は、細心の注意を払って、犬を飼育しなければならないといえます。

(弁護士 角崎龍介 小城市)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:47 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

殺処分犬救う岡山の活動伝えたい ドキュメンタリー制作、映画祭出品も

Yahoo! JAPAN



犬の殺処分を食い止め、新たな飼い主を探したり、社会に役立つための訓練をしたりしているNPO法人「しあわせの種たち」(岡山市、濱田一江理事長)の活動を広く伝えたいと、東京の映像制作会社の男性がドキュメンタリー動画を作っている。嘱託警察犬を目指すシバイヌ「愛ちゃん」の紹介記事を通じて、殺処分予定の犬を救う同NPOの取り組みを知ったのがきっかけ。今月中に作品を完成させ、国際的な映画祭に出品する考えだ。

殺処分犬救う岡山の活動伝えたい ドキュメンタリー制作、映画祭出品も
岡山県動物愛護センターでシバイヌの「愛ちゃん」(手前)と雑種の「シード」を撮影する高橋さん=6月14日
 企業のPR動画などを手掛ける「シネマトグラフ東京」社長の高橋健二さん(39)=東京都大田区。迷子になって県動物愛護センター(岡山市)に収容され、殺処分が決まっていた愛ちゃん(雌)と信頼関係を築いて訓練する様子をインターネット上の本紙記事(4月)で知り「気持ちのこもった活動に心を動かされた」。個人での動画制作を思い立ったという。

 同NPOは、野犬など同センターの収容犬に医療や技能訓練を施して里親につなぐなどしている。高橋さんは6月中旬の2日間、同センターを訪問。NPOメンバーが声掛けや餌やり、スキンシップを通じて収容犬と関係を築こうとする場面や、愛ちゃんと、同様に嘱託警察犬を目指す雑種「シード」(雄)の訓練風景を撮影した。

 濱田理事長らのインタビューや同センターから千葉県、神奈川県の里親に引き取られた犬たちの姿も収めた。

 映像は8分程度に編集し、11月末まで作品を募っている香港国際映画祭や米国の映像コンテストに出品する予定。入賞すれば賞金の一部を同NPOに寄付するという。

 高橋さんは「人に捨てられた犬が殺処分される一方、救う人たちもいる現実を通じ、社会は命とどう向き合うのかを問い掛けたい」と話す。濱田理事長は「善意の輪が広がりうれしい。動画が国内外に発信されることで、命の尊厳を守る社会づくりにつながれば」と願っている。

 ◇犬猫の殺処分 都道府県などは引き取った犬猫の譲渡に努めると規定した改正動物愛護法施行(2013年)により減少傾向にある。県内の犬で見ると、17年度に収容された943匹のうち、病死などを含めて統計上「殺処分」に分類されたのは43匹だった。全国的には民間の保護団体との連携が進まない自治体もあり、病気や攻撃性がある犬猫の殺処分は容認する国の動きも出ている。
posted by しっぽ@にゅうす at 10:05 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

飼い猫を飼育放棄・アルバイト従業員の女を書類送検 えさや水を与えず虐待 山形・南陽市

Yahoo! JAPAN



ペットへの飼育放棄で飼い主が摘発された。飼い猫に餌や水を与えず虐待した疑いで、警察は山形県南陽市の女を書類送検した。

書類送検されたのは、南陽市に住む20代のアルバイト従業員の女。警察によると、女は今年2月上旬から5月中旬にかけて、自宅アパートで飼っていたメスのネコ1匹に対し、餌や水を与えなかったほか、排せつ物に覆われた部屋で飼育を続け、虐待した疑いが持たれている。

アパートの管理人から「女の部屋の悪臭がひどい。女は部屋におらず、連絡も取れない」との通報があり、警察が部屋を訪れた所、やせたメスのネコ1匹と3匹の死骸が放置されていた。生存していたネコに健康被害はなく、知人女性に引き取られた。警察が女の居場所を突き止め、事情を聴いた所、容疑を認めたため、19日に書類送検した。

調べに対し、女は「トイレのしつけをしたが言う事を聞かず、飼育するのが嫌になった」と話しているという。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:37 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

欧米では一般的な「アニマルポリス」 日本でも本格的導入を 人とペットの赤い糸

Yahoo! JAPAN


【人とペットの赤い糸】

 日本では、「動物と愛護及び管理に関する法律」があるが、現在改正に向けて議論されている。

 この法律は、動物の虐待および遺棄の防止、動物の適正な取り扱い、そのほか動物の健康および安全の保持などに関して定められ、人と動物の共生する社会の実現を目的としている。だが、違反した人を取り締まる組織が充実していないのは残念といわざるをえない。

 一方、飼い主からひどい扱いを受けている犬、猫、亀などがいると通報するのが常識となっている欧米では動物虐待や不適切な飼育を取り締まっている「アニマルポリス」という組織がある。通報を受けて現地に向かい、問題のある飼い主への指導をはじめ、傷つけられた動物の保護を行っており、国によって違いはあるにせよ、その権限がしっかりと定められている。

 英国でのアニマルポリスは歴史が古く、警察ができるよりも前、1824年に設立されている。昔は鞭で打たれる馬や、酷使される畜産動物が多かったので、貴族が金を出し合って捜査員を雇ったのが始まりだったといわれている。現在は英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)がその役割を担っている。警察と同等の権限はないが告訴は可能で、動物に関しての法律のほか、獣医学の基礎を学ぶ必要がある。

 米国では主要な動物保護団体が2つある。政府からの資金援助と寄付金で運営されている米国動物保護団体(HSUS)、寄付金のみで運営されている非営利団体の米国動物虐待防止協会(ASPCA)だ。HSUSは、1954年に設立された米国最大の動物愛護団体。ASPCAは1866年に設立され、警察官に動物に関する指導を行っている。

 米国では食べ物をあげない、散歩させない、いつも鎖でつながれているなど、動物を適正に飼育しない場合は虐待とみなされ、州によって虐待がひどいときには、禁固刑も課せられる。アニマルポリスには警察と同様の捜査権と逮捕権があり、州によっては銃や手錠の携帯が許可されている。救助活動、災害救助、移動獣医クリニックなどの活動も行っており、志望者は多い。専門学校も存在するが、狭き門である。

 またサンフランシスコの警察局、保健局、動物保健管理部門では、攻撃的な犬を保護するなど一般市民の安全を確保するとともに、危険な犬に対しての監視や服従訓練なども行っている。

 日本では、2014年1月に兵庫県警本部にアニマルポリス・ホットライン((電)078・371・8974、受付は平日午前9時から午後5時まで)が設置され、兵庫県下における動物虐待に関する相談を受けている。今やペットも家族の一員であることを考えると、アニマルポリスの活動が日本でも本格的に全国レベルで展開される日が早く来ることを望みたい。

 ■越村義雄(こしむら・よしお) 一般社団法人「人とペットの幸せ創造協会」会長。同ペットフード協会名誉会長。一般財団法人日本ヘルスケア協会理事、「ペットとの共生によるヘルスケア普及推進部会」部会長など。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:30 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

「虐待許さぬ社会に」 動物愛護シンポ 杉本彩さんら訴え ひたちなか


Yahoo! JAPAN



「犬猫が殺処分されない優しい茨城県政へ」をテーマに、動物愛護について考えるシンポジウムが6日、ひたちなか市青葉町の市文化会館大ホールで開かれた。女優で動物愛護団体「動物環境・福祉協会Eva」理事長の杉本彩さん、大井川和彦知事、NPO法人「いばらきの犬と猫」の倉持千恵子代表が登壇し、動物虐待の実態や行政の取り組みなどについて話した。

杉本さんは、動物虐待行為や病気になっても放置したり十分な食事を与えなかったりする「ネグレクト」(飼育放棄)、ペット業者など、動物を取り巻く不適切な事例を挙げながら「みんなで動物虐待を許さない社会にしよう」などと呼び掛けた。

県動物指導センター(笠間市)に収容され殺処分前の犬や猫を引き取り、新たな里親を見つけるための譲渡会などを開いている倉持代表は「多くのかわいそうな犬や猫を見てきた。こうした命の数を減らすために活動を続けている」と話し、県や各市町村の協力や支援が必要と訴えた。

大井川知事は「殺処分される犬や猫を生み出さなためには、まず飼い主の意識改革が必要」と述べ、行政としても殺処分ゼロを目指して「適正飼育の啓発など、引き続き減少に努めたい」と改善に意欲を示した。

杉本さんは虐待が顕在化する中、「違反者にはさらなる厳罰を科すなど、厳格な法律に変えていく必要性がある。条例の制定など、知事の権限で変えられる」と述べ、大井川知事の取り組みに期待を寄せた。

同シンポジウムは、犬猫殺処分数が多い本県で動物愛護を啓発するのが狙い。本県の犬殺処分頭数は2005年から12年まで8年連続全国ワーストだったが、16年に「県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」が制定され、16年度は全国ワースト3位だった。

シンポジウムは、地元選出県議の県政報告会の中で開催された。(鈴木英治)

茨城新聞社
posted by しっぽ@にゅうす at 08:55 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする