動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年11月06日

犬も猫も家族です。家族を守る法律を

BLOGOS



本日行われた院内集会「動愛法、どんでんがえしを防げ! 〜本当の動物愛護を推進するために〜」が行われました。

海生動物愛護法では、動物愛護団体などからの意見を加えて様々な規制を加えています。

どんでんがえしとはなんでしょう。海外では、犬猫の赤ちゃんが社会的規範を学んでから譲渡をしましょう、ということから、生後56日(8週間)以下の子猫・子犬の販売を禁じる動物愛護の法律の準備が進められています。

 ところが、日本犬6種に関してだけは、8週規制から一部外されて、49日を超えれば販売できるとなりそうなのです。

これ以上、制限が崩れないよう、院内集会でがんばろうと、おこなわれました。

[画像をブログで見る]

それでも、改正動物愛護法。現在の法律よりは、動物を守るという意味で、より進歩的な内容を含んでいます。

今回の集会で、川田議員も参加し、「動物のいのちを守る」という公約のもとに、法案を応援する議員として参加してきました。



現状の動物愛護法では、多頭飼いといったもののにも制限規制がありません。

先日行ってきた「奄美大島」では固有種を守ることから飼うことができる頭数を決めてましたが、日本には、そのような法律がありません。

院内集会では、悪質ブリーダーとよばれる人たちの醜い多頭飼いの様子も紹介されていました。



この状況でも、違法だとして、問題視することができない状況です。
不適切な多頭飼いについては、改正時の厳罰化対象になるようです。

また、以前から話題になっていたマイクロチップの装着義務もスタートするそうです。
行方不明の動物が少なくなるかもしれませんね。

今回の「動物愛護福祉」という目的で、動物にも5つの自由があるとして定義していました。

1.空腹と渇きからの自由
2.不快からの自由
3.苦痛、損傷、疾病からの自由
4.正常行動発現の自由
5.恐怖及び苦悩からの自由

一緒にいるネコのダラダラしている様子は、幸せの証。
そう思うと、ねこのあくびは、自由の証になりますね。

一匹でも多くの動物たちが、飼い主さんと楽しい時間を過ごせるよう
きちんとした法律で監視していく仕組づくり頑張っていきます。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:43 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

動物虐待罪の厳罰化など改正愛護法が来年6月に施行

日刊スポーツ



政府は1日、動物虐待罪の厳罰化や、獣医師による虐待通報の義務化などを定めた改正動物愛護法の施行日を来年6月1日とする政令を閣議決定した。

インターネットに犬や猫の虐待動画を投稿するなど、悪質なケースが後を絶たないため、ペットの殺傷に対する罰則を強化。現行の「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」から「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」に引き上げる。

改正法は今年6月に成立し、同月公布された。生後56日を経過しない犬や猫の販売を原則禁止する「8週齢規制」は公布から2年以内、犬や猫へのマイクロチップ装着義務化は公布から3年以内にそれぞれ施行される。

また閣議では、種の保存法施行令の一部を改正する政令も決定。今年8月に開かれたワシントン条約締約国会議でコツメカワウソなど16種の国際取引が原則禁止となったことを受け、11月26日から国内の取引も規制する。(共同)
posted by しっぽ@にゅうす at 00:41 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

【独自】子ネコたち捨てる瞬間 同じ場所に3年で10回

Yahoo! JAPAN



つぶらな瞳で、こちらを見つめる子猫たち。
実は、同じ場所に捨てられていました。

この3年間で10回も。
一体、誰が捨てたのか。

防犯カメラを設置したところ、ついに、猫を捨てる人物が現れました。

(フジテレビ)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:18 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

狂犬病予防接種せず、女性かむ 飼い主書類送検へ 警視庁

Yahoo! JAPAN



飼い犬を自治体に登録せず狂犬病の予防接種も受けさせていなかったとして、警視庁が近く狂犬病予防法違反容疑で、東京都瑞穂町の男性会社員(64)を書類送検する方針を固めたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、男性が飼育していたのは中型の四国犬。今年8月、瑞穂町の路上を男性が四国犬を連れて散歩中、通りかかった10代の女性の左太ももをかんでけがを負わせた。110番通報で駆けつけた福生署員が男性から事情を聴いたところ、同法違反が発覚した。

 女性に狂犬病の感染は確認されなかった。男性は調べに対し、容疑を認めているという。

 書類送検容疑は、飼育していた犬を町に登録せず、狂犬病の予防接種も受けさせていなかったとしている。

 厚生労働省によると、狂犬病予防法では、取得日から30日以内(生後90日以内の犬は生後120日以内)に飼育する犬を市区町村に登録した上で、年1回の予防接種を義務づけている。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:21 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

子犬工場問題、虐待容疑を地検が再び不起訴に 福井 捜査終結


Yahoo! JAPAN



 福井県内の動物販売業者が一時犬猫約400匹を過密飼育、繁殖し「子犬工場(パピーミル)」状態だったとされる問題で、動物愛護法違反(虐待)容疑で福井検察審査会の「不起訴不当」議決を受けた法人としての業者と代表者(当時)の40代男性について、福井地検は10月25日、嫌疑不十分で再び不起訴とした。一連の捜査は終結した。

⇒【動画】すし詰め子犬工場、地獄の光景

 同地検の中山博晴次席検事は「検察審査会の議決を踏まえて再捜査した結果、起訴に足る十分な証拠を認めるに至らなかった」と述べた。

 公益社団法人日本動物福祉協会(JAWS、本部東京)が2018年3月、動愛法違反(虐待)容疑などで業者らを福井県警坂井西署に刑事告発。同7月、福井区検は当時業者代表だった40代男性を狂犬病予防法違反罪で略式起訴したが、福井地検は虐待容疑については不起訴とした。

 その後、同協会から不服申し立てを受けた福井検審は今年4月、「虐待に当たることが十分に考えられる」として不起訴不当と議決していた。

 議決などによると、業者の元代表男性と飼育員女性2人は共謀し、17年12月1〜6日ごろ、坂井市の動物飼育施設で犬や猫385匹を狭いケージに入れたり、コンクリートブロックのマス内に50匹以上の過密状態で入れたり、給餌の際に犬の首根っこをつかんだりして、虐待を行ったとしていた。

福井新聞社
posted by しっぽ@にゅうす at 08:06 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

ヤギの死骸を複数放置したまま動物を飼育 動物愛護法違反で逮捕の男「虐待はしていません」


Yahoo! JAPAN


不衛生な環境で愛護動物を飼育したとして、三崎署は9日、動物愛護法違反(虐待)の疑いで、横須賀市武1丁目、自称土木解体業の男(39)を逮捕した。署によると、同容疑者は「私は虐待はしていません」と供述、容疑を否認している。

【写真】「自然豊かな場所なら…」 公園へのペット遺棄、後絶たず

 逮捕容疑は、2月25日ごろから3月8日ごろまでの間、三浦市初声町和田の敷地内に複数のヤギの死骸を放置したままで、他の愛護動物を飼育し、虐待した、としている。

 署によると、土地は同容疑者の親族が所有し、同容疑者は周囲を柵で囲いを設けてヤギなど数頭飼育していた。飼育の目的は分かっていない。

 県によると、県鎌倉保健福祉事務所三崎センター職員が2月、敷地内に2頭のヤギの死骸が放置されているのを発見。同月と3月の2回にわたって指導し、9月に同署に告発していた。

神奈川新聞社
posted by しっぽ@にゅうす at 07:33 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

「男が踏みつけていた」 団地敷地内でネコ虐待死か 動物愛護法違反の疑いで警察が捜査 福岡市

Yahoo! JAPAN


福岡市の団地で9月、虐待され死んだとみられるネコが見つかり、警察が動物愛護法違反の疑いで捜査していることがわかりました。

虐待され死んだとみられるネコが見つかったのは、福岡市早良区の原団地です。

9月29日早朝、女性から「男が子ネコを虐待して逃げた」との110番通報があり警察官が駆けつけたところ、敷地内の植え込みの中で虐待されたとみられるネコの死がいが見つかりました。

【通報者】
「ひょいと2階の踊り場から見たときに、その男がゲシゲシゲシて何かを踏みつけているのが見えて…」
「待ちなさいって言ったんだけど、その男は自転車に乗ってさーっと逃げていきました」

ネコは生後数カ月とみられ、いまのところ飼い主がいたとの情報はないということです。

警察は目撃情報を集めるなど、動物愛護法違反の疑いで捜査しています。

テレビ西日本
posted by しっぽ@にゅうす at 08:36 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする