動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2018年05月21日

ペットと人、関係考える アニマルセラピーの役割など学ぶ 四條畷学園大 /大阪

毎日新聞



ペットと人との関係を探るユニークな講義が、四條畷学園大学(大東市)で開かれた。元介助犬も参加し、学生らは「アニマルセラピー」の役割などについて学んだ。

 看護学部の社会・環境学の講義の一環で、学生約100人が受講した。元介助犬は、嘉田良平教授が飼っているマルシア(ラブラドール・レトリバーの雌、7歳)。介助犬などの問題に詳しい野口裕美教授と、獣医学の立場から植村興・府立大名誉教授も参加した。

 講義で嘉田教授は、国内の犬と猫の飼育頭数が15歳未満の子ども人口よりも多い一方、動物虐待や、保護された飼い主のいない犬や猫の殺処分の多さなど、ペットを巡る現状を説明。ドイツでは保護施設が充実していることを例に挙げ、「国民の犬や猫への保護意識の高さがある」と話した。

 植村名誉教授は、動物の性格や特徴を知ることは介護の活動に役立つと指摘。野口教授は介助犬の効果として、障がい者の日常生活のサポートだけでなく、自立心の改善や癒やし効果などを挙げ、「アニマルセラピーは、障がい者の心身の機能を高め、生活の質(QOL)の維持、向上を目指すもの」と語った。

 マルシアは教壇の横で寝そべって「聴講」。講義終了後、学生らがマルシアの周りに集まり、「かわいい」と盛んになでていた。マルシアも参加する講義は後期も予定されている。【岡村昌彦】


posted by しっぽ@にゅうす at 06:11 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

ペットホテルを上手に利用

産経ニュース



これからの行楽シーズン、ペットと一緒にお出かけするのはとても楽しいですね。ただ、どうしてもペットを連れて行けない場合や、病気を抱えているペットではともにお出かけするのが難しい場合もあるかもしれません。

 そんなときに利用していただきたいのがペットホテルです。専門の施設だけでなく、トリミングサロンに併設されたものや動物病院などでも行っています。個室タイプ、ケージタイプなどいろいろバリエーションも豊富で、ペットの性格や料金などを参考にして選ぶといいでしょう。預ける前には、日頃から与えている食事や排泄(はいせつ)方法、散歩について、ホテルの担当者としっかりと打ち合わせをしておく必要があります。

 しかし、ペットホテルに預けるには注意しなくてはならないことが3つあります。

 1つ目は、混合ワクチンや狂犬病予防の注射などをしっかり行っていることです。ペットホテルなど動物が多く集まるところでは、ウイルス疾患などを完全に予防するために、予防接種を行っていないと預かってはもらえません。日頃から予防注射をしっかりしておくことが大切です。

2つ目は、ペットを預けることに慣れておくことです。それぞれのペットに合ったホテルが見つかったら、日頃から少しずつでも預けて、徐々に慣れさせましょう。慣れていないと、いきなり長期間預けたとき強いストレスを受け、体調を崩してしまうことがあります。

 3つ目は、心臓病や発作などの持病がある場合です。この場合にはかかりつけの動物病院としっかり相談したうえで、病院で預かってもらうのが安心です。

 3つの注意点に気をつけて、ペットホテルを上手に利用してください。(チームホープ、まえたに動物病院院長 前谷茂樹)


posted by しっぽ@にゅうす at 08:34 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年々上がるペットへの出費。抑えるところは抑え、必要なところにきちんと使う

Yahoo! JAPAN



ペットにはお金がかかるもの。ペット総研の2016年の調査では、犬で年間平均約24万円、猫で約19万円、その額は年々上がり続けています。

そして子どもへの出費と同様、惜しまないのがこのペットへの出費といわれています。とはいえ、節約できるものなら節約したいというのが正直なところです。

さまざまな出費のなかでも、ケチってはいけないのが食費と医療費といわれています。

値段だけで安価なフードを選び、深刻な病気につながることもあります。医療費も、出費を惜しんで受診せずに様子を見ているうちに重症化し、早いうちに受診した場合の何倍もの費用がかかってしまったというのは、経験した人も多いのではないでしょうか。

抑えるところは抑え、必要なところにきちんとお金を使えるよう、ペットの費用を見直してみましょう。

フードは質を落とさず安く買う工夫を。手づくりもあり
フードやおやつは、通販で購入したほうが安価な場合も多いようです。

なかには賞味期限が近づいて、大幅ディスカウントしたものに運よくあたるケースもあります。ストックできるかどうかと消費量なども考え、検討してみましょう。ペットシーツや猫砂など保存のきくものならなおさらです。

大量買いすることでかなり安くなったり、送料も節約できます。送料無料のものもあり、ポイントもたまります。

オークションやフリマアプリの利用という方法もあります。重たい思いをして店で買う手間も省けます。それは別にかまわないという人なら、会員制大型倉庫店の利用もいいでしょう。

新しいフードやトイレ用品は、ペットがまったく受け入れなかった場合も考え、試食・試用を利用したり、犬友・猫友に少し分けてもらい、試すのがオススメ。

また、節約と健康志向からフードを手づくりする人もいて、レシピなども検索できます。獣医師とも相談し、試してみるのも一策です。何にしても、フードやおやつは適量を与えること。与えすぎは出費も脂肪も増えていき、病気になってさらに出費がかさむなんてことも。

手間をかけるかお金をかけるか
トリミングもなかなかばかにならないものですが、専門学校などのカットモデルなんて手もあります。競争率も高いようですが。

さらに、最低限のことは飼い主自らができるようになっていれば、ずいぶんと節約になります。病院に行くと「爪が伸びていますね、切っておきましょうか」「耳も掃除しておきましょう」。

このような気軽な声かけは、全部診療費に反映していることが多いものです。自分でできることはお断りするのも大切です。

ヘタをすると人間のものより高いペットの服も、自分の古着などで作ってしまう人もいます。要するに、多くのことは時間をかけるかお金をかけるか、の選択となりますが、時間と手間をかけることでペットとの絆を楽しんでいる人もたくさんいます。

ケチってはいけない医療費。安心してかかれる医者を
最後に医療費。これは医師の裁量によるところも大きいので、犬友・猫友に良心的な診療所をきくのがいちばんです。

見立てがよく、説明が丁寧でよけいな検査や処置を強要しない。そんなところと一生涯付き合えたら、こんないいことはありません。

ペットが若くて元気なうちは、保険も不要なのではないかと考える人もいますが、年齢とともに保険料も上がりますし、具合が悪くなったときに、お財布を気にせず早めに受診できるためにも、ペット保険も検討してみましょう。

自分の生活レベルに合った犬種・猫種を選ぶことも大事
最後に、大型犬を飼った経験のある人は痛いほどわかっているでしょうが、餌代はもちろん、ワクチン、薬、それに注射や点滴などは、体重とともに量が増えるため、料金も比例して増えていきます。

特に犬では、小型犬と超大型犬ではかなりの差となります。嫌な話かもしれませんが、亡くなった後、火葬の料金にまでついてまわります。

定期的なトリミングを必要とする種、その必要がほとんどない種、また特定の疾病が起こりやすい種類などもあります。

これから犬や猫を迎えようというとき、好みや購入費用だけではなく、こうした生涯にわたる費用を、自分の財力で責任もって払っていけるのかを試算してみるのも、お互いの幸せのために欠かせないことです。

Text:田中 恭子(たなか きょうこ)
フリーランス・エディター&ライター

監修:柴沼 直美(しばぬま なおみ)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)、
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表

ファイナンシャルフィールド編集部
posted by しっぽ@にゅうす at 08:30 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

高齢者のペット問題で意見交換 「立場超え情報共有を」

Yahoo! JAPAN



高齢者のペットを巡り、福祉や介護、動物愛護の関係者が意見交換する集いが12日、川崎市高津区の高津市民館で開かれた。現場から、ペットの世話を十分にできずに不衛生な状況になっていたり、入院などでペットが取り残されたりする事例が報告された。立場を超えて関係者が情報共有する必要性などを確認した。

 かわさき高齢者とペットの問題研究会(渡辺昭代代表)が主催した。

 宮前区地域みまもり支援センターの松浦和子担当部長は自助、共助の視点から講演。「ペットを飼っている1人暮らしの高齢者は、万が一のときに誰に連絡し、世話をしてもらうのか決めておいてほしい。また、地域の人に家にペットがいることを知ってもらい、地域に知り合いをつくることも大事。ペットの存在は人とのつながりをつくりやすい」などと述べた。

 かしまだ地域包括支援センター(幸区)の深井純子センター長は、ケアマネジャーの8割超が「困った経験がある」と回答したアンケートを先ごろまとめた。介護職が排せつ物の悪臭に悩まされたり、犬にかみつかれたりした事例などを紹介しつつ、「高齢者にとってペットは自分から何かをしてあげられる存在で、生きる力にもなっている」と、人と動物の福祉を考える必要性を語った。

 川崎市動物愛護センターの須崎聰所長も、運動不足の解消や世話をすることによる認知症予防、社会からの孤立回避など、高齢者がペットを飼うメリットを指摘。一方で、飼い主の体力低下で散歩に連れて行けなかったり、経済状況から病気の治療も行われなかったりなど、ペットの立場から見たリスクにも言及した。

 須崎所長は、家賃未払いで施設に移ることになった70代の女性が13匹の猫を飼っていたケースも報告。この女性は、夫と死別後に猫を飼ったが、不妊去勢手術をせずにどんどん繁殖してしまったという。親戚、友人もなく、13匹は愛護センターが引き取った。すべての猫に新しい飼い主が見つかったというが、須崎所長は「社会的に孤立しないことが重要。問題が大きくなる前に関係者で情報共有していく必要がある」と訴えた。



posted by しっぽ@にゅうす at 09:32 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

ペットショップで売れ残りになったわんちゃんってどうなるの?

わんちゃんホンポ



ペットショップで売れ残りになった仔犬たちが、どんどん成長している姿を見たことがありませんか?ある時、気付くとそこには別の子がいて、じゃあ、あの子はいったいどこに行ったのか?飼い主さんが見つかったのかな...多くの人に知ってほしい、ペットショップの仔犬たちの現状があります。


日本のペットショップ
ペットショップのガラスケース

ペットショップのガラスのケースに並ぶ、生後間もない可愛らしい仔犬たちの姿に癒されている人はたくさんいるでしょう。ペットブームを経て、日本でも多くの仔犬を店頭販売し、インターネット上からは、いつでも・どこでも・誰でも気軽に犬を購入して飼える時代になりました。

こうしている日々にも、日本全国で何百頭もの仔犬たちが新しい飼い主さんに買われていっています。しかし、そこには当然「売れ残り」の仔犬達も多くいるのです。

仔犬は3カ月までが売れ時
ガラスケースから見つめる仔犬

ペットショップでは幼齢であればあるほど高値がつきます。しかし、買い手がつかずにずっと売れ残ってしまう仔犬は、生後3カ月を過ぎると少しずつ値段が下がり、5か月を迎えるころには最初の売値の半分以下になることもあります。

土日や連休、クリスマスやお正月などには「仔犬の販売セール」が行われ、ペットショップは多くの人でにぎわっています。



売れ残った仔犬たち
売れ残ってしまった仔犬が、いつの間にかガラスケースの中からいなくなっていることに気が付くほど、毎日のようにペットショップに通う人は少ないと思いますが、売れ残りの仔犬は静かにその姿を消していきます。

では、いったいどこへ行くのでしょうか?

売れ残った犬の行き先は、主に次のような場所です。

産まれたところへ帰る
格安店に移される
里親にもらわれる
殺される(殺処分)
例外として、人気の犬種は、少しくらい大きくなっても売れる見込みがあるため、ペットショップに残される場合もありますが、限られた販売スペースを確保するため、大抵の場合、日々仔犬たちの入れ替えがおこなわれています。

仔犬たちは行き場所もなく産まれてきます
産まれてくる全ての仔犬に、幸せな生活が約束されているわけではありません。ペットショップに並ぶ仔犬たちは「商品」として産まれてくるのです。犬との幸せな生活を送る人が増えて来た一方で、売れ残りの商品の仔犬たちも増え続けています。

売れない商品は処分され、売れ筋の商品はどんどん入荷されます。

守られることのない売れ残りの仔犬たちは、保健所へと持ち込まれたりひどい場合には山奥へと遺棄されることもあります。

愛されるべき「犬」という私たちのパートナーは、産まれてから名前を付けられることも、優しく抱きしめられ、家族としての喜びを味わう事も無く命を奪われることもあります。

最後に(私たちができること)
ダックスフント

犬との生活は私たちに、大きな喜びと幸せを与えてくれます。かけがえのないとても素晴らしい時間になり、私たちの人生にとても重要な経験をさせてくれます。

ですが、ペットショップで売れ残った仔犬たちの犠牲を忘れてはいけません。多くの人が気軽に犬を購入できる、安価で犬を購入できるということに価値を感じている以上、犠牲になる命はなくなりません。

現在、NPOなどの活動により徐々に減ってきているとはいえ、まだまだ殺処分されてしまうケースも多く、ペットショップで売られていく仔犬の数よりも、保健所で殺処分されている犬の数の方が多いというのが実情です。

もちろん、殺処分が徐々に減ってきているのは、社会全体の総意が少しずつ変化してきていることに他なりません。私達が現状を知り、もっと関心をもつことで救える命が沢山あるということです。

小さな命の犠牲がなくなる素晴らしい国にするためには、私たち飼い主一人ひとりができることから草の根を広げていくことではないでしょうか。

この草の根を止めない為にも、現実を知り、関心を持ち、また少しでも多くの人に知ってもらえると幸いです。


posted by しっぽ@にゅうす at 09:02 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

ペットシッターの仕事内容とは?必要な資格や向いている人まで

ネタりか



ペットシッターのお仕事とは?
リラックスする犬

飼い主さんに代わって犬のお世話をするのが「ペットシッター」のお仕事です。

✔仕事や旅行に出かけている間の愛犬のお世話をして欲しい
✔骨折してしまったので代わりに愛犬のお散歩をして欲しい
✔帰りが遅くなるから夜ごはんを与えておいて欲しい

など、仕事内容は飼い主さんの依頼内容によって様々です。主にどのような仕事内容があるのかご紹介しましょう。

食事のお世話をする
ごはんをあげる(イラスト)

例えば、「朝早く仕事に出かけ夜遅くに帰宅する飼い主さんに代わって夜ごはんを与える」などのわんちゃんの食事をお世話します。

飼い主さんが夜ごはんを用意して、「夜になったら食べるんだよ」なんて言われても犬には理解できないですし、夜ごはんの時間だから用意しようなんてことも犬にはできません。

健康に最も繋がっている大事な食事ですから、飼い主さんから依頼された通りに適切に与えなければなりません。

介助が必要な場合も
老犬の場合、自分の力だけではごはんが食べられない事があります。そんな時に、食事のお世話をしてあげるのも、ペットシッターの役割です。

普段なら、ごはんをお皿に用意してあげるだけですが、老犬の場合は、直接口に運んであげるなど、介助の要素も必要になってくる場合があります。

お散歩に連れて行ってあげる
お散歩(イラスト)

高齢者の方の中には、犬と一緒に歩くことが困難であり、ペットシッターにお散歩の代行を依頼する方が多いようです。

また、骨折や病気で、愛犬をお散歩に連れて行くことが困難になってしまった飼い主さんが、お散歩の代行を依頼するケースも多くあります。

必ず必要なわけではない
ペットシッターを依頼されたとき、全ての依頼内容にお散歩が含まれているわけではありません。あくまでも、飼い主さんから「お散歩をお願いします」と依頼されたときのみ行います。

中には、他人とお散歩をすることができない犬もいますので、迷子や事故に繋がる危険もあるため、飼い主さんからの依頼がない場合には行いません。

遊び相手になってあげる
お手をする犬(イラスト)

お留守番中の遊び相手になってあげるということもペットシッターのお仕事のひとつです。晴れた日はお散歩の代行をお願いしているけど、雨の日は家の中で遊びながら運動をさせて欲しい。

また、お散歩へ行くことができないカラダに不自由がある犬や老犬などの健康維持のため、適度にカラダを動かすために一緒に遊んであげて欲しい。

お留守番中の愛犬が、退屈で寂しい思いをしないよう遊んであげて欲しいなど、いろんな事情で遊び相手になって欲しいという依頼があります。

ペットシッターになるために必要な資格とは?
資格と女性(イラスト)

ペットシッターのお仕事をするだけなのであれば資格は必ずしも必要なわけではありません。開業する場合には「動物取扱業(保管)」「動物取扱責任者」の登録と認可が必要です。

ペットシッターのお仕事をするだけなのであれば資格は必ずしも必要なわけではありませんが、犬の習性や本能を理解すること、体調管理の仕方、病気に関する知識、介護の仕方、ケガや事故への対応など、様々なことを学ばなければなりません。

また、動物看護士やトリマーなどの資格や実務経験があると飼い主さんからの依頼も得られやすいでしょう。

ペットシッターに向いている人とは?
手をグーにした女性(イラスト)

「犬が大好きだから」「犬を飼っていたから」というレベルの考えで出来るお仕事ではありません。

時には、全くしつけのできていない犬のお世話を依頼されるときもありますし、他人の言うことを全く聞いてくれない犬のお世話をしなければならないこともあります。もしかしたら、自分のことが大嫌いで懐きもしない犬に尽くさなければならないこともあるでしょう。

どんなに理不尽なことが起きても、危険を感じるようなことが起きても、飼い主さんからお預かりしている大切な犬ですから、決して危害を加えるようなことがあってはなりません。

とにかく辛抱強く、慎重に向き合いながらお世話する必要があるでしょう。犬に対する理解や愛情がなければ務まるお仕事ではないと思います。

真面目で礼儀正しく清潔感のある人
飼い主さんから家の鍵を預かり、家の中へ入ります。飼い主さんにとっては、全くの見ず知らずな他人を家へ招き入れなければならない不安や恐怖があるでしょう。私なら、真面目で礼儀正しく清潔感のある人が良いなと感じます。

まとめ
ポメラニアンと白いソファー

私もペットシッターのお仕事に憧れたことがありました。子供の頃からずっと犬と暮らしており、子犬から老犬までお世話をし、介護の経験もあります。

しかし、どんなに大変なお世話も可愛い我が子だからこそできたことなのかな、と感じます。何度も会ったり、遊んだりしたことのある友達や知り合いでも、他人の愛犬を預かるのは、緊張してしまいますよね。どんなに犬が大好きでも、お世話する犬が他人の犬だったら同じように愛情を持って接することができるのか、不安な気持ちになると思います。

もし、これからペットシッターを目指したいという方が居れば、仕事の中でおこりえる、良い面・悪い面の両方を知った上で、決めるべきだと思います。それでも「ペットシッターとしてプロの仕事がしたい」という思いがある方こそ、ペットシッターに向いている人だといえるのではないでしょうか。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:56 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

殺処分ゼロへチップ装着などでペットショップを優良店認定 奈良市、来月から新制度

産経ニュース



犬猫の殺処分をなくす取り組みに協力するペットショップを優良店として認定する制度が6月から、奈良市で始まる。個体を識別するマイクロチップの装着を義務づけ、最期まで飼育するよう販売時に誓約させるなど、8つの基準を満たした店舗を「犬猫パートナーシップ店」と認定。専用のロゴマークを配布する。

 同様の制度は先月、福岡市が全国で初めて導入。購入時に飼い主としての責任を自覚させるとともに、マイクロチップの装着によって飼育放棄を防ぐ狙いがある。

 環境省の平成27年度統計によると、保健所に収容された犬と猫は全国で13万6千匹を超え、うち殺処分されたのは約8万2千匹を数える。奈良市は27年3月、犬猫の里親募集や一時的な保護を引き受けているボランティア団体と協力し、新しい飼い主を探す委託譲渡制度をスタート。29年度は猫101匹、犬8匹が市民に譲渡されている。

 認定基準は、飼い主に最期まで飼うことを誓約してもらう▽飼い主の情報をマイクロチップに記録し、それを装着した犬猫のみ販売する▽保護した犬猫の譲渡活動を広報する−など8項目。市は今月中旬まで認定店舗を募集し、6月からの運用を目指している。

 奈良市では、25年度に218匹にも上った犬猫の殺処分は、29年度には3匹にまで激減。目標の「殺処分ゼロ」まで、あと一歩に迫っている。市生活衛生課は「最近も捨てられたとみられる高齢犬を保護したが、マイクロチップがあれば飼い主に返還できる。ペットショップにも協力してもらい、殺処分ゼロを目指したい」としている。制度に関する問い合わせは同課(電)0742・93・8395。



posted by しっぽ@にゅうす at 08:28 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする