動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年07月23日

被災ペット保護支援 富山の市民団体など

北国新聞



東日本大震災の被災地を支援する富山市の市民団体「ふっこうのおと」と同市の医療機器販売業「エムテック」は、現地でのペット保護支援に乗り出した。20日までに、福島市で被災したイヌやネコの保護に取り組むNPO法人「SORAアニマルシェルター」に動物の入浴に活用できる洗髪機を寄贈した。被災者を癒やすペットの飼育環境を整え、復興に一役買う。



 エムテック取締役経営企画部長の山根雄一郎さんによると、福島県では、東京電力福島第1原発事故による緊急避難や、ペット同伴が認められていない仮設住宅への入居などのため、取り残されたペットが多く存在し、今もその保護が課題になっている。



 SORAアニマルシェルターでは、放置されたイヌやネコを保護しており、現在は約60匹の面倒をみながら、飼い主の連絡を待ったり、新たな里親探しに取り組んだりしている。



 被災地の現状を知った、山根さんと、ふっこうのおと代表の小林仁さんは「被災者の心を癒やすペットの存在は大きく、被災ペットを救うことが復興の力にもなる」と考え、洗髪機の寄贈を決めた。16日、小林さんと山根さんは現地に赴き、SORAアニマルシェルターの二階堂利枝代表理事に洗髪機を手渡した。



 寄贈した洗髪機は持ち運びが可能で、1リットルの水があれば室内で頭を洗うことができる。山根さんは、洗髪機があれば冬でも暖かい場所でペットを入浴させることができるとし、「寒い福島で動物が元気に暮らすお手伝いになればうれしい」と話した。



 ふっこうのおととエムテックは今後も被災地の人やペットへの支援を検討しており、小林さんは「被災地の現状を多くの人に知ってもらい、活動を広げていきたい」と話す。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:23 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

世界小動物獣医師会が呼びかける健全なブリーディング対策

ネタりか



遺伝病に苦しむ動物を少なくするために
暗がりで伏せるフレンチブルドッグ

行き過ぎた選択繁殖のために、極端な姿形になり、健康上の問題が頻発する犬の問題が、数年前にイギリスのテレビ番組などで取り上げられて以来、世界のブリーディングの流れは、少しずつですが、犬の健全性を取り戻そうという方向に行きつつあります。

とはいえ、犬の遺伝性疾患は「犬種特有の病気」として仕方のないものとして受け止める人が、まだまだ多いのも現実です。遺伝性疾患を持って生まれてきた犬の情報を隠すブリーダーもいるため、繁殖をきちんと管理すればできるはずの遺伝病の撲滅が、なかなか進まないことも問題です。

犬だけではなく、猫でも見た目の可愛らしさのためだけに行われた繁殖のせいで、生涯に渡って苦痛を抱えながら生きていく個体も多くいます。

世界の獣医師たちが立ち上がった!
横を向いて立つジャーマンシェパード

欧州獣医師会および、欧州小動物獣医師会はこのような状態を重く見て、2018年6月に「生まれてくる動物の健康を第一に考えたブリーディングを推進する」という方針説明書を発表しました。
世界小動物獣医師会は、欧州のこの発表を受けて全面的な支持を表明しています。

そして2018年12月、20万人以上の獣医師を代表する世界小動物獣医師会が、遺伝性疾患対策委員会を立ち上げ、「遺伝性疾患の影響を軽減するための、健全なブリーディングと遺伝子検査の役割」と題した方針を発表しました。

委員会があげる外見的な健全性の問題では、次のようなものが含まれています。

✔ティーカップサイズなど極端な小型化
✔パグやシャーペイなどに見られる、皮膚炎を起こしやすい皮膚のたるみ
✔ジャーマンシェパードなどに見られる、極端な背中の傾斜
✔パグ、ブルドッグなどに見られる、極端な短頭症

外見ではわからない遺伝性疾患に関する対策も、もちろん深く触れられています。

健全なブリーディングのための対策とは?
遺伝子検査の試験管

遺伝性疾患対策委員会は、ブリーダーに対して「繁殖に使用する予定の動物について、獣医師による詳細な健康診断や病歴の徹底的なスクリーニングを行い、健康な子孫を産生する可能性の高い動物のみを選抜すること」を呼びかけています。

委員会はさらに、犬種ごとに発症しやすい疾患に関する遺伝子検査、遺伝性疾患についてのスクリーニング、専門家による遺伝カウンセリングをするべきだと述べています。
また、これらの遺伝子検査やスクリーニングに関して、適切なアドバイスができるよう、一般の獣医師に対して知識や情報を得ることを求めています。

ちょっと小難しい言葉が並んでしまいましたね。けれどもこれは、決して遺伝子の専門家や、シリアスブリーダーだけに関係のある話ではないのです。犬や猫を愛している人なら、彼らが病気や障害に苦しむ姿を見たいと思う人はいないでしょう。しかし現実には、遺伝病や遺伝性障害に悩まされている動物や飼い主さんはあとを絶ちません。

この委員会が推進しているような対策は、パピーミルや安直な素人繁殖では対応できることではありません。つまりパピーミルや素人繁殖が蔓延っている限り、健全なブリーディングが多数派となることは難しいのです。

まとめ
一緒にくつろぐヨークシャテリアと猫

世界小動物獣医師会が、犬や猫の遺伝性疾患を少なくし健全なブリーディングを推進するための委員会を設置し、その方針を発表したというニュースをご紹介しました。

幸いなことに、現在では遺伝子検査の技術も多く開発され、少ない手間と費用で精度の高い検査もできるようになっています。健全なブリーディングを推進し、遺伝性疾患や障害を持つ動物を減らしていくためのツールは揃っているので、最も大切なのは人間の意識であると言えるでしょう。

一般の飼い主さんに知っていただきたいことは、「責任を持って繁殖する」というのは、生まれてくる子犬や子猫の行き先を確保すればいいというものではないのです。

ここで挙げたような、遺伝子検査やスクリーニングを実施するというのがまずは第一関門です。
「うちの子の赤ちゃんを見てみたい」という動機で、繁殖を行ってはいけないということが、広く知られるようになってほしいと切に願います。

《参考》 https://www.americanveterinarian.com/news/wsava-urges-use-of-genetic-testing-before-breeding
https://www.wsava.org/WSAVA/media/Documents/Committee%20Resources/Hereditary%20Disease%20Committee/WSAVA-Hereditary-Disease-Committee_Position-Paper-(2018).pdf
posted by しっぽ@にゅうす at 08:44 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

ペット「衝動買いしないで」 俳優・浅田美代子さん講演

佐賀新聞


動物愛護の活動に取り組む俳優の浅田美代子さんによる講演会が20日、佐賀市天神のアバンセで開かれた。劣悪な環境で飼育するブリーダーやペットショップに子犬が並ぶ現状を示し、「生きているのだから衝動買いしないで。簡単に犬を飼える状況だから簡単に捨てる人もいる」と指摘した。

 動物保護活動をしている有田町のNPO法人アニマルライブが主催した。浅田さんは、劣悪な環境で繁殖させるブリーダーから犬を保護する活動をしている。6月に成立した動物愛護法の改正に向けた運動にも尽力した。

 悪徳な繁殖業者について、実際に訪れた時の写真を示しながら、親犬がふんまみれになったり、ゲージが狭くて骨折したりするなど、粗末な環境で生活していると説明。「遊んだり、触れたりしてもらえず、親たちは地獄。この場所で一生を終える」とし、「産めなくなると業者に処分される。『殺処分ゼロ』という自治体もあるが、ペットブームにおいてこの殺処分数がすごく多い」と話した。

 このほか、犬猫が異常繁殖して飼育ができなくなる「多頭飼育崩壊」や老犬がすぐに手放される現状にも触れ、「最後までみとる覚悟を持って」と呼び掛けた。

 県内外から約150人が訪れた。聴講した佐賀市の古賀かおるさん(45)は「ペットショップでは子犬をかわいい、としか思ってなかったし、劣悪な環境の親犬もいるなんて思いもしなかった。寄付など、自分にできることをやっていけば変わるかもしれない」と話した。
posted by しっぽ@にゅうす at 00:30 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護犬や猫を引き取るならどんな団体から? ペットの年齢・種別、クセなど譲渡側と事前相談を


Yahoo! JAPAN




【住まいの処方銭】ペットのいる暮らし

 前回、シニアがペットを飼うなら、保護犬や猫を受け入れる方法があることを紹介した。こういった譲渡会は自治体の動物愛護センターやNPO法人などが開く。

 では、引き取るならどんな団体からがよいのか。人と動物が幸せに共生するため、ペットに関する資格認定や検定の実施を行う日本愛玩動物協会(東京都新宿区)の東海林克彦会長に聞いた。

 「譲渡会を行っている民間団体は玉石混交です。たとえば、会った日にすぐ引き渡さないところや、新しく飼い主になりたい人としっかり面接し、そのイヌやネコのクセを、時間をかけて説明してくれるようなところがよいでしょう」

 誠実な団体であれば、ペットの年齢や種別、将来の変化などを詳しく教えてくれる。たとえば、「このイヌは高齢で長時間散歩するのが難しい」「このイヌはリードを引っぱるクセがある」などだ。

 「引き渡し時に契約書を取り交わすかどうかも一つの目安です」

 飼う側も意識を正したい。飼育には費用が必要だ。ワクチン代やペットフード代などは意外にかかり、飼育後「こんなにお金がかかるとは思わなかった」という声がある。譲渡をしている民間団体のなかには自宅に来て、飼育環境にふさわしい住まいかどうかをチェックするところもある。自分も選ばれるということだ。

 これを「面倒」と思うか、あるいは「親切」と解釈するかだろう。ペットのための対応と考えれば、ペットとも長く仲良くできるはず。

 「譲渡する側からすると『引き取られても、またすぐ捨てられてしまう』という状況を避けたい。事前にじっくりと『こんな飼い方をしたい』という相談をしてはどうでしょうか」(不動産・住生活ライター 高田七穂)
posted by しっぽ@にゅうす at 00:29 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの熱中症対策、知っておくべき10カ条! 人とペットの赤い糸

Yahoo! JAPAN



【人とペットの赤い糸】

 夏は海に行ったり水遊びができたりと、ペットとの絆を強める楽しみも多いが、特別なケアが必要になる。特にペットは人間と違い、汗腺がなく、汗をかけず体温調節ができないので、暑さに影響を受けやすく、熱中症にもなる。

 今月末から猛暑の予測もある。対処法として、次の10項目をあげたい。

 (1)十分な水と日よけを用意する。脱水症はペットの生命を脅かす疾患である。新鮮な水や冷たい水を多く飲めるようにしておく。直射日光が当たらないように配慮したい。出掛けるときは常に冷たい水を入れたペットボトルを持参する。特に短頭種(鼻が低いパグやペルシャ猫)、高齢や肥満のペットは猛暑に弱い。

 (2)水分を取らない場合はウエットフードを与え、水分摂取ができるようにする。

 (3)日中の散歩は避ける。強い日光の下では熱中症にかかるリスクがある。アスファルトが熱くならない早朝か、夜の散歩がお薦めだ。保冷剤のスカーフをしたり、夜になっても道路が熱い場合は、肉球のやけどを防ぐため、ペット用の靴を履かせる。

 (4)室内の冷房は22〜25度くらいに設定し、冷感マットなどを敷く。冷房することで食欲も出る。

 (5)ペットの状態を観察する。犬猫の平均体温は約38〜39度前後だ。水を飲んだり、息をハァハァして、体温を下げる調整を行う。これらの体温より高い場合は要注意だ。おしっこがほとんど出ない。息を激しくハァハァしたり、歯茎が渇いていたり・赤くなったり、よだれの量が多い場合、嘔吐(おうと)や下痢、脚がふらつく症状などがあった場合は、すぐに動物病院で診察してもらう。冷たい水の中にペットをつけるのはショックを起こす場合がある。病院に着くまで、ぬれタオルで背中より、おなかの方を冷やしてあげると良い。

 (6)蚊や虫に刺されないようにする。夏はさまざまな虫が病気を媒介するので、刺されないように注意する。庭の芝生は短く刈り、動物病院でノミ・ダニ予防をしてもらうことも大切だ。

 (7)車の中に放置しない。車内は40度以上になる場合がある。また、車の不凍液が漏れ出す危険性もある。不凍液は甘い味がすることからペットが口にする危険性があり、致命的な状態に陥ることがあるので、注意が必要だ。

 (8)日焼け止めクリームを用意。短毛や皮膚がピンク色のペットは日焼けでやけどする恐れがあるが、どのクリームが合うかどうかは動物病院で確認してほしい。また、ペットの被毛は夏には体温を下げ、冬には体温を温める役割をしている。夏だからと、全ての毛を刈るのではなく、被毛は少し残すようにしたい。

 (9)水遊びは注意。真夏はペットとプールや海で遊ぶ機会もあるが、ロープや障害物にひっかかりペットが溺れる場合もあるので、救命用具を身に付ける。

 (10)キャンプ場では火から遠ざける。キャンプファイアなどで、風向きによってやけどする場合があるので、注意したい。

 以上、夏のペットケアについて述べた。ペットと一緒に旅をしたり、遊ぶ機会も多いと思うが、十分注意して絆を強め、夏の楽しい思い出を作ってほしいものである。

 ■越村義雄(こしむら・よしお) 一般社団法人「人とペットの幸せ創造協会」会長。同ペットフード協会名誉会長。一般財団法人日本ヘルスケア協会理事、「ペットとの共生によるヘルスケア普及推進部会」部会長など。
posted by しっぽ@にゅうす at 00:28 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットとコミュニケーションをとるための秘訣5

Yahoo! JAPAN



うちの犬や猫は、今どんなことを考えているんだろう…そんなふうに思ったことは? 今回は、『There Are No Sad Dogs in Heaven』の著者であり、数え切れないほど沢山のクライアントやセレブ達が抱えるペットとの悩みを解決してきたという、ペット・サイキック(ペット霊媒師)のソニア・フィッツパトリックが、ペットを飼っている全ての人に知っておいてほしい秘密をアメリカ版ウィメンズヘルスにシェアしてくれた。

あなたは既にペットと会話をしている
ここでの会話とは、「お座り」や「待て」ではない。フィッツパトリックが言うには、動物は常に私たち人間の感情や気分、エネルギーを察知しているという。フィッツパトリックが提案するのは、ペットと話したい内容や、ペットにどう振る舞ってほしいのかを鮮明に思い描いてみること。動物は、このようなメッセージに敏感なのだそう。「ペットに言葉で何かを伝えるときは、会話の内容と感情を常にマッチさせることです」と、フィッツパトリック。例えば、「すぐに戻るから」と伝えるときは、とても落ち着いたやさしい表情で。

動物はあなたのストレスに反応する
猫がトイレ以外の場所でおしっこをしたりと、ペットが風変わりな行動をとるたびに、多くのクライアントがフィッツパトリックのもとへ訪ねて来るよう。「私は猫に理由を訊ねていますが、大抵の場合は感情の問題によるものです」と、フィッツパトリック。「何かアクシデントが起きたときや、あなたが夫とうまくいっていないときなど、ペットが不安になっている気持ちをあなたに表す唯一の手段として、おしっこをトイレ以外の場所ですることがあります」。もし、あなたのペットが無造作に悪さを始めた場合は、何かの異変に気付いていることを、あなたに知らせようとしているかもしれない。

ペットとコミュニケーションをとるための秘訣5
GETTY IMAGES
イタズラをするのには、必ず理由がある
ストレスに加え、不満や環境の変化が原因で、ペットが悪さをしてしまうことがある。例えば、ベッドを新しくしたり、家の洗剤を化学香料の強いものに変えたときなど。「人は化学物質にあまり気が付きませんが、動物にはすぐにわかります。普段嗅いだことのない臭いを嗅ぎつけるのです」と、フィッツパトリック。ペットの気持ちを動揺させたり、傷つけることのないように、クリーニング用品はできるだけ自然なものを使うように、フィッツパトリックは提案している。

それ以外にも、ほかのペットを家に連れてきたり、十分に運動させていなかったり、飼い主が残業続きになったりすることで、ペットを興奮状態にさせてしまうよう。動物は、いかなる変化にも敏感に反応する生き物。執念深くこのような態度をとり続けるわけではないが、大抵の場合は、不満を飼い主に伝えようとしているのだそう。

人間と同じように、動物もペットの死に悲しむ
ペットを亡くしたあと、飼い主がうまく気持ちの整理をつけられるように、亡くなったペットと会話をすることもあるというフィッツパトリック。だけど、同じ家庭で生活していたほかのペットも同じように、仲間の死に嘆き悲しむ必要があるとか。フィッツパトリックいわく、動物は、亡くなった動物がいなくなったあとも、その動物の存在を感じているそう。「彼らに死は理解できず、ただ動揺します。存在や感覚を感じるのに、姿形は見えないからです」。ペットの気持ちをなだめてあげるには、亡くなったペットが使用していたベッドなどを、数週間置いたままにしてあげるといいそう。悲しみ嘆くには、今も残る亡くなったペットの匂いが動物には役に立つのだそう。

安心できる”場所”を知っている
どれほど私たちがペットを愛しているのか、ペットにはちゃんと伝わっているのだろうか…? フィッツパトリックいわく、恐らく動物は心でわかっているよう。「全ての動物は、自分を愛してくれている人間といることを理解しています」。特に、無愛想に見える猫でもと、フィッツパトリックは補足した。動物はそれぞれ人間と同じように、はっきりとした個性や感情を持っている生き物。無愛想だからと言って、あなたのことを愛していないというわけではない。

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。
posted by しっぽ@にゅうす at 00:04 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

「動物は何も悪くない」 小学5年生5人が犬猫殺処分ゼロへ団体立ち上げ ペットショップなどに募金箱設置

Yahoo! JAPAN



【那覇】沖縄県那覇市立壺屋小学校の5年生5人が、犬や猫の殺処分ゼロを目指して団体「わんにゃんレスキュー壺屋小」を立ち上げ、募金などに奔走している。メンバーは「動物は悪いことを何もしていないのに殺されてしまっている」と、協力を呼び掛けている。


 メンバーは田仲未莉さん、大村百花さん、仲里琴和さん、大M優梨亜さん、根間菜々子さん。全員ペットを飼っており、動物好きな5人が集まった。

 募金は犬や猫の保護・殺処分ゼロを目指す活動を支援する「ペットリボン基金」に寄付される。手作りの募金箱は6月上旬から9月下旬まで、ペットボックス那覇店、ファミリーマートさいおんスクエア店、同壺屋1丁目店、グッディフォーユー那覇の4店舗(7月7日現在)に設置される。

 5人は本を通して殺処分の問題を知った。「気持ちが伝わるはずだから」とあえて手書きで作ったポスターには「あなたの1円が一つの命に変わります」「この命 灰になるために生まれてきたんじゃない」などの思いが込められている。田仲さんは「自分たちが頑張れば殺処分が無くなるのではないか」と真っすぐなまなざしで語る。

 協力する店舗も積極的だ。ペットボックス那覇店の金城翔平さんは「小学生とは思えない行動力に応えてあげたい。(店頭で)気持ちを込めて募金してくれる人も多い」と感心する。問い合わせはメールchanmeringo@gmail.com
 (長濱良起通信員)

琉球新報社
posted by しっぽ@にゅうす at 07:35 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする