動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年02月28日

「新型コロナはペットにうつる?」犬や猫に感染の心配はあるのか。

Yahoo! JAPAN



新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ペットにもうつるのではないか、と不安を抱く人が増えています。Twitterでも「ペットに感染がないか心配」「自分が感染したらペットはどうすれば」などの声が上がっています。こうした懸念に対し、公益社団法人東京都獣医師会が、Q&A形式で情報を発信しています。【BuzzFeed Japan / 高津戸 璃歩】

「新型コロナはペットにうつる?」犬や猫に感染の心配はあるのか。
Getty Images
「新型コロナウイルスはペット(犬や猫)にうつりますか? 」
東京都獣医師会は、新型コロナウイルスが、これまで犬猫を含むペットに感染したという報告は「一切ありません」と述べ、現時点でペットが感染する可能性は「かなり小さい」との見解を示します。

しかし、新型コロナウイルスについて全てが解明されていない以上、その可能性を「完全には否定できない」とし、随時情報を発信していく方針です。

一方、犬や猫には、新型コロナウイルスとは異なる固有の「コロナウイルス感染症」があります。

犬は軽い下痢症状、猫は伝染性腹膜炎を引き起こしますが、どちらもまれな病気とのこと。

そして、これまでに人を含めた他の種の動物に感染したという「報告はない」といいます。

「新型コロナはペットにうつる?」犬や猫に感染の心配はあるのか。
時事通信
飼い主自身が感染した際の対応
万が一、飼い主自身が、新型コロナウイルスの感染によって病院や隔離された場所に行かざるを得ない状況では、どうすれば良いのでしょうか。

その場合は、一緒に暮らしていた部屋にペットを残さず、世話を頼める人に「預ける」のが適切だと、東京都獣医師会は指摘します。

世話をしてくれる人が、ウイルスが残る可能性のある部屋に通うのは感染リスクがあるからです。

そのうえで、ペットの世話を頼むのであれば、念のため、被毛の洗浄、またはマスクやグローブをつけて接してもらうことをお願いする。さらに、世話の後は、丁寧に手洗いをしてもらうよう伝えるのが良いといいます。

現時点で、ペットが新型コロナウイルスに感染したかどうか検査する方法はありません。

もしも「新型コロナウイルスに感染していた人とペットが濃厚に接触したことが分かっていて、その後ペットの体調が悪くなった」なら、かかりつけの動物病院に、決してすぐに連れていってはいけません。

必ず、前もって病院に電話するように気をつけてほしい、と呼びかけています。

なお、厚生労働省は、ペットから人への新型コロナウイルスの感染を否定しています。

しかし、動物を媒介する別の感染症はあるため、普段から、ペットに触れた後は手洗いをするよう促しています。

動物由来の感染症対策については、こちらに詳細が書かれています。(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000155663.html


posted by しっぽ@にゅうす at 03:07 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットは家族…真夏の避難所で、西日本豪雨の被災者支えた元保護犬・ろくた君


Yahoo! JAPAN



記録的な暖冬となった今年の日本。「異常気象」という言葉を聞くことも珍しくなくなり、夏から秋にかけては毎年のように水害が起きています。岡山、広島、愛媛など西日本各地が豪雨災害に見舞われたのは2018年7月のこと(通称「西日本豪雨」。気象庁は「平成30年7月豪雨」と命名)。河川の氾濫やがけ崩れが多発し、広域にわたって甚大な被害をもたらしました。

【写真】被災時、小学校の廊下で生活していたろくた君

 大溝奈緒さんも岡山・真備町で被災した一人です。

「うちの辺りは水が来たのが遅かったんです。早めに避難している方もいましたけど、朝になって避難所と家を行き来していましたし、2階の窓から見える範囲に水が迫ってきても、大丈夫だろうと思っていました」(大溝さん)

 ところが、しばらくして床上浸水すると、それからはあっという間に1階部分が浸かってしまいます。奈緒さんとご両親、そして愛犬のろくた君は深夜に2階から自衛隊のボートで救出されました。そして一時、孤立状態にあった真備記念病院で一夜を明かし、翌日、倉敷東小学校に身を寄せたと言います。

 ここで問題になるのがペットのことです。「同行避難」(ペットと一緒に避難すること)はできても「同伴避難」(避難所でペットと一緒に過ごすこと)はできない避難所も多く、大溝さんも体育館に犬は入れないと言われました。

「外の柱につないで人間は中へと言われたけれど、ろくたは怖がりで知らない人が苦手だし、人が多いところもダメ。だから敷物を借りて、私とろくたは外にいたんです」(大溝さん)

 ろくた君の怖がりは、元野犬ということが影響しているかもしれません。生後3か月くらいのとき、捕獲器に入ったところを倉敷保健所に保護されました。場所は倉敷市児島下野町6丁目。だから「ろくた」と名付けられたのです。当時、大溝さんは倉敷市役所に勤めていて、職員向けに届いた保護犬譲渡の案内を見て足を運びました。

「どの子がいいとか全然決めていなかったんですけど、案内してくれた職員の方が、ろくたのところへスーッと連れて行ってくれたんです。まったく愛想はなかったけど、『うちに来る?』と聞いたら『うん』と言った気がして(笑)」

 こうして、ろくた君は大溝家に引き取られました。2016年3月のことです。以来、2年以上、家族として暮らしてきた愛犬を、外でひとりぼっちになどできるはずがありません。大溝さんは「ペットと一緒に入れる避難所がある」という情報を得て、移ることも考えましたが、数時間後、校長先生の判断により、校舎内の廊下に限り犬と一緒にいていいことになりました。

「そこで1週間くらい、ろくたと寝泊まりしました。私にとってはろくたが精神的な支えでしたね。でも、普段あまり人に吠えないのに、そのときは神経がたかぶっていたのか、自分のスペースを守ろうとしたのか、近づいて来る人に唸っていました。水もあまり飲まないし、ごはんも、保健所のボランティアさんがすぐにフードを持ってきてくれたのですが、ほとんど食べなくて。私が食べているものなら少し食べたので、おにぎりをあげたりしていました」(大溝さん)

 避難所生活はペットにとっても過酷なのです。しかも、とても暑い夏。大溝さんは家の片づけを始めなければならなくなり、ろくた君にも疲労の色が見えたため、ボランティアさんに預かってもらうことにしました。

「最初のお宅に1か月半。その後は動物病院に1か月いさせてもらいました。もともと1週間後に足の手術を控えていたときに被災したんです。ボランティアさんの家に会いに行くと状態が悪そうだったので、大変なときではありましたけど手術に踏み切りました。そうしたら、先生が『手術して1か月くらいは走らないほうがいいから、その間うちで預かりましょう』と。ろくたがご縁の方々が家の片づけを手伝ってくださったり、本当によくしていただきました」(大溝さん)

 退院後は岡山市内のボランティアさんに預かってもらい、結局4か月も離れ離れの生活が続きました。ペット可の住居がなかなか見つからなかったからです。建設型の仮設住宅が実はペットOKだったのですが、要綱にその記載はなく、大溝さんは申し込みを見送っていました。一般の集合住宅を探しましたが、ペット可の物件でも「小型犬」という条件がついていたり…。

「心が折れかけましたね。いつになったら、ろくたと一緒に暮らせるんだろうって。会いに行くと、すごく喜んでくれたんです。普段はあまりしっぽを振ったりしないし、感情を表に出さないのに、そのときは喜びを大爆発させてくれたので、逆につらかったですね。会いに行かないほうがいいのかとも思ったけど、こちらが我慢できなくて」(大溝さん)

 11月にようやく一緒に住めるアパートが見つかり、ろくた君を迎えに行くことができました。ご両親は家の1階をリフォームして真備町に戻りましたが、奈緒さんは別の場所に暮らしています。「空き地が増えたり、変わってしまった町を見るとさみしいから」(大溝さん)です。でも、ろくた君といれば被災したつらさも忘れることができます。

「いてくれないと困りますね。ろくたが私を頼りにする以上に、私がろくたを頼りにしています」(大溝さん)

 ペットは家族。つらいとき、悲しいとき、そばにいて支えてくれる存在なのです。
posted by しっぽ@にゅうす at 02:29 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット向け通販で連携 歯愛メディカル、ベネッセと

Yahoo! JAPAN


 歯愛メディカル(白山市)は、ベネッセコーポレーション(岡山市)と連携し、ペットの飼い主向けの通信販売事業に乗り出した。全国の動物病院と取引がある歯愛メディカルが物流業務を担い、リードタイムの短縮や配送コスト減につなげる。

 ベネッセが26日に始めたペット用品の販売サービス「いぬのきもち ねこのきもち ホームドクター」で連携する。口腔(こうくう)ケア用品やシャンプーなど計21点を扱い、歯愛メディカルは自社倉庫での商品の管理や梱包、発送などを請け負う。

 同社は歯科医院や動物病院に、医療器具や医薬品などの通信販売事業を行っている。顧客や仕入れ先のネットワークを活用し、新商品の企画や市場調査でも協力する。

北國新聞社

最終更新:2/27(木) 2:00
北國新聞社

posted by しっぽ@にゅうす at 01:13 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

ペット医療、目立つトラブル

毎日新聞



<くらしナビ・ライフスタイル>

 「ペット医療」を巡るトラブルが目立っている。家族同然に過ごすようになった飼い主側の意識の変化もあり、人間と同じような扱いを求める声が上がっている。

 ●愛犬死に訴訟に

 適切な治療をせずにノーフォークテリアの愛犬ラドウィン(当時9歳)を死なせた――。東京都内の夫妻が昨年12月、群馬県内の動物病院を相手取り、慰謝料など計550万円の支払いを求める訴えを東京地裁に起こした。裁判で動物病院側は過失を否定している。

 ラドウィンをペットホテルに預けていた2018年4月。訴状などによると、数日前からの軟便が下痢になり、嘔吐(おうと)もした。ホテルスタッフが近くの動物病院に連れて行ったが、獣医師はホテルにある抗菌薬を与えるよう指示しただけだった。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:36 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型コロナウイルスの拡散防止を理由に、中国で村中の犬が撲殺


Yahoo! JAPAN



今なお猛威を振るう新型コロナウイルスに中国国内では武漢封鎖や感染者の隔離措置などが行われているが、その徹底した措置が動物達に対して誤った方法で取られているようだ。WHO(世界保健機関)では新型コロナウイルスは動物に感染する証拠はないと発表しているものの、中国の一部の地域では犬や猫がウイルスを拡散させるという誤った情報から、ペットであろうとその場で殺害されるという事態が起きている。『The Sun』『Metro』などが伝えた。

【この記事の他の写真を見る】
中国国内の一部の地域ではペットによって新型コロナウイルスが拡散されると信じられているため、犬や猫を捨てたりする飼い主、または地域自治体が住民にペットを処分するよう求めるところもある。これは先月末頃に、一部中国メディアが「動物がウイルスを拡散する」といった虚偽報道が原因となっている。

WHOの発表で動物が感染する証拠はないとしているものの、同国では各自治体の判断で犬や猫を殺処分しているようだ。『The Sun』によると、浙江省温州市永嘉県黄山村で地元住民2人が新型コロナウイルスに感染していたため、付近で飼われている犬や猫も感染しているのではないかという懸念から検疫のために警察官が村に立ち入った。

その様子は動画に収められており、今月12日頃にSNSで広く拡散されているが、そこには地元に住んでいると思われる女性が犬を散歩するなか警察官が目を光らせる様子があった。女性は「私の犬は検疫証明書を持ってるわ」と強い口調で話している様子が捉えられている。

女性が連れている犬に警察官は手を出さなかったものの、近くの道端に座っていた小型犬を見つけると、手に持っていた長い木の棒を犬めがけて思い切り振り下ろした。悲痛な声をあげる犬だったが、警察官は手を止めることなく棒で殴り続け、犬はその場で命尽きてしまった。犬は警察官らを見ても逃げることはなかったため、放し飼いではあるものの村の誰かが家族として飼っていたものと思われる。

また中国の動物保護団体「南充市流浪动物救助」が公開した動画も、動物が犠牲となる様子が捉えられていた。同団体によると四川省南充市蓬安県で撮影されたもののようだが、付近では自治体が民家を訪問して飼っているペットを引き渡すように通達を出しており、ここでも道端で犬を見つけてはその場で撲殺し、荷台には何頭かの犬の死骸が積まれていた。同団体は、処分された犬達は地元で飼われている犬だと明かしており、SNSを通して「病気が蔓延しているからといってペットを殺処分するのは止めて下さい。文明的に法を執行すべきです」と訴え、関係者に対して直ちに動物の無意味な殺処分を止めるように訴えている。

画像は『The Sun 2020年2月26日付「‘EXCUSE FOR ABUSE’ Coronavirus quarantine cops batter terrified little dog to death in China in horrifying bid to stop bug spreading」(Credit: AsiaWire)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:02 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

新型コロナウイルスはペットに感染するの?獣医師に聞いてみた

Yahoo! JAPAN



2月24日、政府は新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした、専門家会議を開いた。現状は感染拡大への移行期にあたるとし、25日にも、今後の基本方針を発表するという。

【写真あり】特別祈願! 長福寿寺の「新型コロナウイルス除け」お札

 国内でも感染者が目立ち、誰にとっても他人事ではなくなってきたが、ペット好きにとって気になるのは、ペットが新型コロナウイルスに感染するかどうかだろう。

 東京都獣医師会で理事を務める中川清志獣医師は、「新型コロナウイルスが、犬猫含むペットに感染したという報告は、一切ありません」と語る。

「どんなウイルスでも進化する可能性がある。その意味では、感染の可能性を完全に否定することはできません。とはいえ、獣医師会としては、現時点ではペットに感染するとは考えていない」(中川獣医師)

 そもそも、人間の感染症が、ペットたちに移るケースはあるのか。

「細菌が移ることはあります。たとえば大腸菌のように、細菌で起こる食中毒は人から犬に移りますし、犬から人に移ることもある。水虫も移ります。

 ただ、ウイルスには、基本的に『種の壁』がある。種を超えて移ってしまう例としては狂犬病などがありますが、実際には人から他の動物に移るケースはかなり少ないんです」(同)

 もともと人間の風邪の原因に「コロナウイルス」があったように、犬や猫にも、固有の「コロナウイルス感染症」が存在する。逆に、犬や猫のウイルスが人間にかかることはあるのだろうか?

「これまで犬猫で報告されている『コロナウイルス感染症』が、人を含め、他の種の動物に感染したという報告はありません。犬の場合は軽い下痢の症状、猫の場合は伝染性の腹膜炎をおこしますが、どちらもまれな病気です」(同)

 ということは、目下、可能性が高いのは、飼い主の感染ということになる。仮に、飼い主側が感染者となった場合、お世話をしてくれる人にペットを預けなければならない。

 その際は「人から人への感染を防ぐため、なるべくウイルスが付いている可能性のあるペットの毛を洗っておく。あるいは、ペットと接するときにはマスクやグローブをつけてもらい、お世話の後は丁寧な手洗いをするように伝えてください」とアドバイスしてくれた。

 なお、現状、ペットが感染したかどうか検査する方法はない。もし疑わしい症状があったら、どうすればいいのか?

「この場合、まずかかりつけの動物病院に電話してください。病院側が、専門の先生と連携を取りつつ診療します。そのためにも、ペットを動物病院に連れていく前に、必ず連絡を入れてください」(同)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:20 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットたちを待つのは死だけか、武漢の留守ペットへの救護活動が中止


Yahoo! JAPAN



【CNS】中国・武漢市(Wuhan)小動物保護協会の杜帆(Du Fan)会長が18日、武漢市が行う居住区の封鎖式管理により、同協会は留守ペットに対する救護活動を停止せざるをえなくなったと明かした。

【写真】餌と水はもうすぐ無くなる留守ネコ

 杜会長は、家の中にペットを残している飼い主は、なるべく同じ居住区内で助けを求めて欲しいと呼びかけている。政府の関連部門においても、留守ペットの救護に配慮し、ペットが家の中で息絶え、2次汚染を引き起こさないよう留意すべきと述べた。

 感染症の流行による「都市封鎖」などの影響を受け、武漢市内には大量の救護を待つペットが残されている。

 以前までは、武漢市小動物保護協会を含む多くの動物救護団体が各家庭を訪問し、留守ペットを救護するサービスを行っていた。その時点では、救援活動はまだやりくりができていたが、武漢市の「封鎖式管理」が厳しさを増す中で、このサービスは「基本的に実行不能」となったとしている。

 武漢市新型コロナウイルス肺炎予防抑制指揮部は10日に「第12号通告」を発令し、、即日より全市の全範囲にある居住区で「封鎖式管理」が始まった。

 これにより、留守ペットの救護員は、自分の居住区と救護が必要な家の居住区に自由に出入りすることができなくなった。

 杜会長によると、この新しい規定の影響を受け、武漢市小動物保護協会の出張救護サービスは15日から休止している。

 武漢市が「封鎖」されて以降、武漢市小動物保護協会は4200件の救護要請を受け、登録済みの顧客は1400人に上る。68人のボランティアと協会の救護員が17日間で1400回出張救護を行ったとのことだ。

 この他、武漢市小動物保護協会が作った「QQ」グループや微信(ウィーチャット、WeChat)グループを通して2800軒を訪問、留守ペットの救護を行っていた。同協会はこの間、約5000匹近くのネコ、犬、ブタ、ウサギなどの留守ペットに食べ物と水を与えたとしている。(c)CNS-新京報/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:31 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。