動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年12月13日

<猫虐待有罪判決>ネット署名募った杉本彩さん「厳罰化を」

Yahoo! JAPAN

◇東京地裁判決後に記者会見「動物虐待は軽く扱われている」

 13匹の猫を虐待したとして動物愛護法違反に問われた元税理士、大矢誠被告(52)に対し、東京地裁は12日、懲役1年10月、執行猶予4年(求刑・懲役1年10月)の有罪判決を言い渡した。細谷泰暢裁判官は「動物愛護の精神に反する悪質な犯行」と述べた。

 判決によると、大矢被告は2016年3月〜17年4月、埼玉県深谷市内で猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶったりして9匹をショック死させ、4匹にけがをさせた。

 細谷裁判官は「1年余りの間に計13匹の猫に虐待を加えており常習的」と指摘。虐待する様子を動画撮影し、インターネット上で公開していたことについて「虐待を繰り返すうちに虐待に楽しみを覚え、動画をネットで公開することが目的化しており、犯行を正当化する余地はない」とした。

 逮捕後の報道で税理士を廃業するなど社会的制裁を受けている点などを考慮しつつ「悪質さを踏まえれば、同種事件よりも執行猶予期間は長期間とすべきだ」と判断した。

 この事件は、動物愛好家らが被告を懲役刑にするよう求め、16万人超がネット上で署名に応じた。署名を呼びかけた公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」理事長でタレントの杉本彩さん(49)は判決後に東京・霞が関の司法クラブで記者会見し「動物虐待は深刻な問題だが、軽く扱われており、法律の限界を感じる。厳罰化が必要」などと訴えた。【石山絵歩】



posted by しっぽ@にゅうす at 08:29 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物愛護・命の大切さを学習 児童らがこにゃん市長に報告/滋賀

Yahoo! JAPAN

湖南市の小学校では、動物愛護や命の大切さを学んできた児童たちが、特別ゲストを招いて、学習の成果を発表しました。
湖南市の下田小学校で行われた授業に現れたのは、仮想都市「こにゃん市」の市長、ネコのジュリアーノです。現在2期目のジュリアーノ市長は、年間で20回以上地域のイベント会場や学校などを訪れ、動物愛護の取り組みを盛り上げています。
授業では、3年生児童が湖南市にある県の動物保護管理センターを訪れて、学んだことをジュリアーノ市長に発表しました。
もともとは捨てネコだったジュリアーノですが、3年前に瀕死の状態で倒れていたところを下田小学校の児童に保護された縁があります。児童との交流を心待ちにしていたジュリアーノは、飼い主で秘書の豊永さんが代弁する形で、児童たちに動物愛護に対する思いを伝えていました。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:28 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平昌五輪 米議会、アジアに犬肉販売禁止求める 韓国伝統食文化、五輪成否の波乱要因になる?

産経デジタル

韓国伝統の「犬肉食用文化」。国際的な論争を巻き起こしており、2016年7月には美人のイタリア元観光長官が犬食を中断しなければ平昌五輪をボイコットすべきと主張した。30年前の1988年ソウル五輪では欧米諸国へのイメージダウンを避けるため、ソウル市内にある犬肉レストランが閉鎖されたという。ペット人口が1000万人に達する今の韓国では若者の「犬食」離れが指摘され、世論が賛否で激しく対立していると報じられる。米議会下院外交委員会はアジア諸国に犬肉の売買をやめるよう求めた決議案を採択しており、五輪を控え、韓国に食文化への圧力がかけられた格好だ。

 韓国では動物性タンパク質が貴重だった昔、病み上がりなどによく犬肉を食べさせたという。米CBSは1300年代初めから食べていたと解説した。犬の肉を使用したスープ、補身湯(ポシンタン)を夏場の強壮料理として食べられるという。朝鮮日報は年間78万〜100万匹の犬が食用として流通していると報じる。

ところが、最近は家族の一員としてペットを飼う人口が韓国でも1000万人に達し、愛玩犬のためのホテルやグッズなどを含む市場規模は15年で1兆8000億ウォン(約1800億円)に及び、20年には5兆ウォン(約5000億円)台に成長すると見込まれている。

 韓国の世論調査会社によると、15年の1年間に犬肉を食べた男性の比率は50〜60代が半数を占める。韓国のアジア経済新聞によると、05年に520カ所以上あったソウル市内の犬肉専門レストランは、14年には329カ所に減少した。犬肉農場のオーナーは「今では(肉の)選択肢があり、若者はわざわざ犬肉を食べようとはしないし、ペットとして飼う家庭が増えた」と同紙に話している。このため「死に行くビジネス」と評する海外メディアもあるほどだ。

 中央日報は今年9月、動物保護団体がソウル市内で食用禁止法づくりを促進する市民集会を開き、平昌五輪開催を控え補身湯が残っている限り「国際的な恥さらしだ」とし、「動物愛護はあり得ない」と訴えたと報じた。

衛生面でも流通している犬肉は問題があるという。朝鮮日報によると、各市民団体は犬肉が抗生物質まみれと主張している。大学の研究所に依頼した調査結果では93件のサンプルのうち45.2%に基準を上回る抗生物質成分が検出されたという。劣悪な飼育環境などのため病気に対する抵抗力が落ち、抗生物質が乱用されていると推測されている。

 ソウル五輪時には海外の動物保護団体が犬の食用を禁止しなければ五輪をボイコットして韓国製品の不買運動を展開すると韓国政府に食用禁止措置を求めた経緯がある。

 米議会下院外交委員会は11月15日、中国、韓国、タイなどアジア諸国に犬や猫の肉の売買をやめるよう呼びかける決議案を採択したと報じられた。韓国内の五輪ムードが盛り上がらない中、犬食問題も五輪成功のカギを握る波乱要因となりそうだ。韓国にとってまさに内憂外患だ。



posted by しっぽ@にゅうす at 08:26 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

猫の爪研ぎで部屋が傷だらけ 住環境の見直しで防止できる!

Yahoo! JAPAN


爪研ぎ器のサイズ、安定性が重要
 専用の爪研ぎ器を置いているのに、壁や柱など傷つけてほしくない場所で爪研ぎをしてしまう猫ちゃんは多くいます。この場合、まず“猫にとって”適切な爪研ぎ器を適切な場所に置いているかどうかを検証する必要があります。

【写真特集】毎日がお祭り やんちゃすぎる猫たち

 爪研ぎ器には大きく分けて、箱のような床置き型、丸柱に麻縄などを巻きつけた丸太型、壁やコーナーに貼り付ける型があります。いずれの場合も長さに加えて、猫が乗れるだけの十分な幅があって(20センチ以上目安)、力を入れて引っかいても動かないようにしっかり固定させる必要があります。

 素材も段ボールや麻布、麻縄、綿ロープ、カーペット生地などがあり、形と同様に猫によって好みが異なるので、可能ならいくつか試すといいでしょう。

 爪研ぎにまではならなくても、決まった壁や柱に爪を立てる場合は、なんらかの理由があります。たとえば、猫は起き抜けに背伸びをするもので、寝床から出たところの壁に寄りかかって背伸びをしたりすると、爪が引っかかってついガリッとやってしまうものなのです。こうした場合は、無理にやめさせようとするのではなく、その壁に貼るタイプの爪研ぎを貼ってあげて、猫に満足させながら壁を保護するようにしてあげましょう。

猫の爪研ぎで部屋が傷だらけ 住環境の見直しで防止できる!
猫の通路になる背もたれもカバーで保護
他の猫の気配でマーキングしていることも
 また、環境によっては自分の存在と縄張りをアピールするために、マーキング的に爪研ぎをすることもあります。野良猫が多いエリアの一軒家や、多頭飼いの家などに多くみられ、窓から他の猫が見えるだけでも爪研ぎやスプレー行為(尿をスプレーのように壁などに吹きかける行為)をすることもあります。

 また、猫は鼻がとても敏感なので、飼い主が外出先で他の猫と遊んで、そのニオイを持ち帰ったりするだけで、爪研ぎにつながってしまうこともあります。

 中には飼い主が家に入る前に着替えるよう推奨する専門家もいるほどですが、さすがにそれは現実的ではないので、足拭きマットを玄関の外に置いて、よく足の裏を拭いたり、大きめの爪研ぎを玄関ホールにも置いてあげるといったことを試してみるのもよいでしょう。

飼い主と自分のニオイを混ぜる?
 猫は自分のニオイと飼い主(家族)のニオイを混ぜて、それをかぐことで安心します。自分のニオイがたっぷりついたお気に入りの爪研ぎや、お気に入りの場所に飼い主の服のお古を置いてあげたりして、安心させてあげるのもおすすめです。

 飼い主がいつも座っているソファーなど、大好きな人のニオイがたっぷりついている場所や物があると、猫は自分の体をこすりつけたり、爪をひっかけたりしてボロボロにしてしまうことがよくあります。これも自分と飼い主のニオイを混ぜるのが目的で、生態的に仕方のないことです。やめさせることはできないので、ある程度あきらめも必要になります。

 逆に、爪を立てても、ほつれる程度で済むような、頑丈なマルチカバーなどをかぶせるのも良いでしょう。麻や綿で編まれたフロアマットにもなるようなマルチカバーが市販されており、比較的安価で丈夫なものが手に入ります。

◇困る爪研ぎを減らすポイント
1)爪研ぎ器のサイズ、安定性を確認
2)猫の寝床近くは要注意
3)他の猫のニオイを家に持ち込まない
4)猫のお気に入りにはカバーを

(金巻とも子:一級建築士、一級愛玩動物飼養管理士)

sippo(朝日新聞社)


posted by しっぽ@にゅうす at 08:18 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬にやりたい犬の散歩対策と気を付けたい3つのこと

ネタりか

冬の散歩は寒くて飼い主さんも少しおっくうになりがちですよね。そうはいっても散歩をしないわけにはいきません。犬は寒いのが得意と思われがちですが、それでも冬の散歩対策は必要です。

今回は「冬の散歩対策と気を付けたいこと」をご紹介します。

冬の散歩

枯葉の上に立つ犬

寒い寒い冬の散歩。飼い主さんはしっかりと着込んで調整をしている中、いつも通りの愛犬の姿を見ると、こんな寒い中を散歩して大丈夫だろうかと気になる方もいるのではないでしょうか。

そもそも散歩をすることは犬の「心身」共に健康でいさせるためには、とっても重要なもの。運動になるだけでなく、生き物にとっては日光に当たることも大事ですし、飼い主さんとのコミュニケーションにもなります。そのため、雨であっても、寒い日であっても、散歩は欠かせないものです。

日照時間が短いのが冬。日が沈むにつれて寒さも増しますし、日光浴の意味でも明るい時間帯に散歩に行きたいところです。特に寒暖の差が激しい冬はその日の気温や天気によって時間を調整することで、犬の負担を減らすことができます。

散歩対策と気を付けたい3つのこと

防寒具を着用して走る犬

なんといっても冬の散歩で対策すべきは「寒さ」に対してです。ぜひ取り入れていただきたい冬の散歩対策をご紹介します。

1.ウォーミングアップをする

手を揉まれる犬

人間でも犬でも「気温の差」は体へ負担をかけます。冬は暖かい室内から、突然、寒い外で出ることになるので、体を寒さに慣らすためにも少しのウォーミングアップを取り入れてみてください。

ウォーミングアップといっても、玄関先で手足のマッサージをしたり、家の中を少し歩かせたりするだけで十分です。寝ていた犬を起こしてすぐに外で出るのが一番負担がかかるため、愛犬が寝ていたなんて時は、ぜひウォーミングアップの上で散歩に出かけてくださいね。

2.防寒具の着用

チワワ

特に小型犬は極端に寒さが苦手です。寒い家の中にいるだけでも体調を崩してしまいます。また、小型犬でなくとも、室内で飼育されている犬は体温調整が苦手になっていることが多いと言います。外を歩けば体が温まるからと油断せずに、体の小さな犬や寒がりの犬には防寒具を着用させてあげましょう。

防寒具の洋服は天気や気温に合わせて、犬のサイズに合ったものを選んでください。また、雨や雪で濡れるような時はレインコートを用意してあげましょう。冷たい地面から足を守るためにドッグブーツを履かせることもできます。ドッグブーツは暑い夏の時期にはアスファルト焼けから犬の足を守り、寒い冬には氷った地面や冷えから足を守ってくれますので、ぜひ取り入れてみてほしいアイテムです。

3.アフターケアをする

ドライヤーする犬

寒い冬の散歩は帰宅後のアフターケアも大切です。雪などで体が濡れた場合は、必ずタオルで水分をふき取り、ドライヤーなどでしっかりと乾かしてあげましょう。いつか乾くからと放置してしまうと、体温を奪われる結果になってしまいます。

また、室内犬は散歩後に足を洗ったり、拭いたりすると思いますが、この際は乾燥に注意が必要です。冬場は特に空気が乾燥しているので、水で洗った場合は肉球クリームなどで保湿をしてあげましょう。濡れタオルで拭く場合も、あまりごしごししてしまうと乾燥を助長するため注意が必要です。冬場はこのタイミングで、肉球を怪我していないか、荒れていないか、割れていないかなど観察してあげましょう。

まとめ

雪の中を走る犬

犬の寒さへの耐性は犬種によっても、個体によっても大きく異なります。また、どんなに寒さに強い犬種でも、年齢を重ねていたり、心臓が弱っていたりすると寒さに負けてしまう子もいます。また、どんなに寒くても洋服などの防寒具は犬によってはストレスになる場合もあります。

夏場であれ、冬場であれ、しっかりと愛犬の特性や体力を理解し、様子を見ながら散歩をしてあげましょう。対策を行い、少しでも毎日の散歩を楽しいものにしてくださいね。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:16 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬が「噛む」のはワケがある

ニューズウィーク日本版


<噛むのを止めさせるには、犬の性質を理解して訓練するのが重要>

仕事を終えて帰宅したら無残な姿に変わり果てたスリッパと、少し離れた所からうらめしそうにこっちを見る愛犬――。

犬を飼う人にとってはあまりに馴染み深いエピソードかもしれない。

単に寂しさから来るやつあたりだと思われがちだが、実は犬の「噛む」という行為にはもっと深い意味があるそうだ。イギリス犬猫行動協会のコリン・テナント会長が科学ニュースサイトの「ライブ・サイエンス」に明かした。

なぜ「噛む」のか理解することから

極端な例かもしれないが、1日の仕事でくたくたになった状態で自分のお気に入りのスリッパや毛布などがボロボロになっているのを発見したら、犬を叱りたくなるのが率直な気持ちだろう。しかしここで心に留めておきたいのは「犬が噛むのは人間が部屋のドアを開けて中の様子を伺うようなもの」ということ。「犬には(人間の手のような動きをする)手がないので、その分を口の機能で補う」と30年間犬の行動について研究してきたテナントは説明する。

もちろんこういったケースで「噛む」ことを加速させている要因のひとつには、飼い主と離れる「分離不安」と呼ばれるストレスがある。飼い主に長時間放置されたり、近くにいる時間が少ないと問題行動を起こし、ひどい場合には「分離不安症」と診断されることもある。

テナントは、「犬はもともと群れで行動する動物で、1匹にされたくないものだ」と言う。特に「1匹でいることに慣れていない犬は、カーペットをはぎとって噛んだり、激しい行動に出ることがある」

また犬が噛むのは「味や臭いが強いもの」という傾向がある。テナントによると、家庭の中で犬が最も魅力的に感じるのは人間の臭い。わかりやすいのは脱ぎたての靴だ。さらに革靴は犬にとって惹かれるものがあるという。「野生の犬は動物を食べる捕食者」という本能が刺激されるからだ。

このほか、木も標的になりやすい。これはカーペットやスリッパよりも問題になることはない。しかし、犬は外に生えている木と室内の観葉植物や木製家具のように、噛んでいい木とそうじゃない木の判別はできない。



おもちゃへの誤った認識

人間にとって価値あるものを「噛む」から守るためには、その代わりに噛んでいいものを与える必要がある。犬が気に入ってくれるかという問題があるが、それでも最善の選択肢はあるはずだ。テナントは「インターネットの情報から人々が一般的に誤解しているのは、単におもちゃをいくつか与えればいいということだ」と語る。

テナントが犬にとって相応しくないおもちゃと考えるのは「プラスチックの臭いのするもの」。これは必ずしも犬に心地よい臭いではないので、人間の履いた革靴には勝てない。いっそのこと革靴をおもちゃとしてあてがっても、噛んでも良い革靴と噛んではいけない革靴の判別がつくのか。木の例と同じ壁に突き当たる。

テナントは、この状況を解決する方法に「おもちゃと犬の関係を強化するための追跡ゲームを使った訓練」を勧めている。やり方は簡単。おもちゃを投げて拾わせるだけだ。「犬には所有する気持ちがあり、その性質を利用する」という。

おもちゃの材質にもこだわりたい。柔らかいものは犬に人気があるようだが、簡単にボロボロになるから頻繁に交換しなければならない。これは犬が心理的に嫌うことなので避けたい。

そして訓練のタイミングも重要なポイントだ。犬が何か噛んだら、間を置かずすぐに実施するのが望ましいという。犬が悪いことをして申し訳なさそうに見えるから何もせず許したとしても、「やってはいけないことを止めた後で犬を叱っても効果はない」と指摘する。

罪悪感のある愛犬の姿は飼い主を混乱させるが、ここは抱きしめたくなるのも、怒りたくなるのも堪えて、イギリス式訓練を試してみてはいかがだろう。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を! 気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部


posted by しっぽ@にゅうす at 08:12 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬が突然噛み付くようになった!考えられる7つの原因と対処法

ネタりか


犬が突然噛みつくようになった時に考えられる原因

歯を剥き出す犬

犬が突然噛み付くようになったという飼い主さんの声を聞くことがあります。噛み付くということは「攻撃性」を見せるということですが、いったいどういった原因があるのでしょうか。

犬によってその理由は違いますが、次のような原因が考えられます。

1.自己主張や支配力を示すため

ズボンを噛む犬

犬が成長する過程で自分が飼い主さんよりも優位に立っている、自分がリーダーである、と考えた場合、自己主張や支配力を示すために噛み付くことがあります。群れのリーダーとなった場合、そのリーダーは統率を図る必要があります。そのため自分がリーダーであるとの主張をします。飼い主さんのことも自分の群れの一部だと考えた場合、統率が取れないような態度を示すと噛みついて、支配力を示そうとするのだそう。

2.恐怖への自己防衛

手を怖がる犬

犬は物理的や精神的に追い詰められた場合、恐怖で攻撃性を示すことがあります。パニック状態となって噛みつくのです。噛み付かなければならないほどの恐怖を感じているともいえます。

3.不快なことへの自己防衛

抑えられる犬

恐怖への自己防衛と同じく、不快なことが起き、それを避けるために噛み付くことがあります。恐怖への自己防衛と異なるのは、これらが過去の学習経験をもとにしているという点です。例えば爪切りや病院、見知らぬ相手などの自分が不快だと感じるものを避ける手段として、噛みつくといった行為が有効だった経験がある場合、それを学習して同じ行動を示します。

4.病気による苦痛への反射行動

手に噛み付く犬

犬が病気で痛みを感じている時などに反射的に噛みつくことがあります。痛いから触らないでほしい、近寄らないでほしいといった苦痛への意思表示です。これらの行動が見られる場合は、どこか怪我をしていたり病気になっている可能性があるため、注意が必要です。

5.八つ当たり

手を噛む犬

怒られたり、長時間の留守番が続いたりなど、犬にとって気に入らないことが起きた場合、八つ当たりで噛みつくことがあります。また、噛みつく相手はリーダーではなく、自分と同じ群れの中まであることがあるため、子供などは注意が必要です。

6.発情期や妊娠期など

ハートを咥えた犬

発情期や妊娠期はホルモンのバランスの問題で攻撃的になります。生理現象が原因で気が立っている時期は、むやみに手を出すのは危険です。

7.本能による攻撃

腕を噛む犬

狩猟犬として改良されてきた犬の場合、本能で咄嗟に噛み付くことがあります。これらは本能による反射的な行動でもあるため、人間社会で暮らす上では飼い主さんがしっかりとコントロールをする必要があります。

犬が突然噛み付くようになった時の対処法

噛み付こうとする犬

犬が突然噛み付くようになった場合、いくつか理由があることが分かりました。

犬にとって飼い主さんがリーダーだという認識がない場合、犬が人間社会で暮らしづらくなります。群れのリーダーは仲間を守る必要があります。そのため自分がリーダーだと思っている犬は、その群れを守るために常にストレスにさらされることになるのです。人間社会では人間がリーダーとなれるように、このケースは今一度、飼い主さんがリーダーシップを意識して接し方を考える必要があります。

また、恐怖で噛みついている場合は、恐怖対象を取り除いてあげましょう。飼い主さんが見ていない場所で他の人に噛み付いている場合、様子を伺ってあげてください。犬が攻撃対象となり、傷つけられている可能性もあります。

病気によって噛み付きの行動に出ている場合、早急に原因を探ってあげましょう。犬は痛みを隠す動物です。日頃から体調チェックができるように、犬の体に触れられるようにトレーニングをしておきましょう。

それ以外の噛みつきについても、飼い主さんとの関係性で正せる部分は見直してみましょう。また、犬が噛みつかない、噛みつけない環境を作ることも大切です。犬は噛みつく動物であることを前提に、その対策はしっかりと意識したいものです。

まとめ

寝転がる犬

犬は様々な理由で噛みつくことが分かりました。どの理由も犬にとっても人間にとっても気持ちの良いものではありません。犬が噛みつかなくてもいいような関係性や環境を作るのも飼い主さんの大事な役目です。突然愛犬が噛み付くようになった、なんて時は、今回ご紹介したような理由に当てはまらないか確認してみてくださいね。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:11 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする