動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年06月22日

夏の散歩で犬の肉球が火傷する?知っておきたい対策

ネタりか


夏の散歩は気を付けて!アスファルトはこんなに熱い!

暑そうなチワワ

私たち人間は、靴を履いているためあまり気が付かないかもしれませんが、夏場アスファルトの温度はとんでもないことになっています。
人間だって裸足で熱いアスファルトの上は歩けませんよね?
犬は肉球があるから大丈夫?そんなことはありませんよ。

夏のアスファルトはこんなに熱い

日陰や日向、時間帯など環境によって変わりますが、アメリカの調査では次のような数字が出ています。

✔気温25℃のとき、アスファルト表面温度は52℃
✔気温30℃のとき、アスファルトの表面温度は57℃
✔気温31℃のとき、アスファルトの表面温度は62℃

アスファルトの表面温度は、気温の倍近くあるんですね。

42℃で火傷の恐れ?

生物のたんぱく質は42℃で変質します。お料理でお肉を焼くのをイメージしてください。犬の肉球もたんぱく質です。42℃以上では変質してしまいます(要するに細胞組織が死にます)。
だからといって、42℃まで犬の肉球は大丈夫というわけではありません。犬の肉球が何度まで耐えられるかという明確な数字はありませんが、人間の場合は40℃〜60℃のものに長時間触れていると低温火傷という症状を起こします。

アスファルトに手の平を当てて要確認!

まだ朝早いから、もう日が落ちたから、といって油断できません。アスファルトはしばらく熱を溜め込む性質があります。
日中灼熱だった場合、日が落ちてからもアスファルトがしばらく熱い場合がありますので、愛犬のお散歩前に必ずアスファルトに手の平を当てて熱さを確認をしましょう。

犬の肉球が火傷をしてしまう恐れがある温度が42℃と前述しましたが、これはだいたい人間が入るお風呂と同じくらいです。
手の平をアスファルトにぺったり当てて、しばらく手を当て続けることができる温度か確認してください。
また、アスファルトに近い低い部分は人間の顔周りよりだいぶ温度が高いはず。肉球の火傷だけでなく、熱中症対策のために、愛犬の首に保冷剤を巻いたり、散歩中の給水を心がけるなど夏の散歩はいろいろと気を配る必要があります。

肉球を火傷しているかも?チェック項目と対処法

犬の後ろ脚の肉球

散歩から帰ったら、愛犬の足を拭くついでに肉球を念入りに確認しましょう。

散歩から帰ったら肉球チェック

以下の症状がないか確認しましょう。

✔歩くのを嫌がったり、歩きにくそうにする
✔足先を舐めたり噛む
✔肉球が赤くなっていたり、黒ずんだりしている
✔肉球に腫れや水膨れがある

肉球を火傷してしまったときの応急処置

前述のチェック項目によって愛犬の肉球が火傷をしているとわかったら、まずは落ち着いて患部を冷やしましょう。可能ならば、流水で冷やしてあげると、患部を清潔に保つことができます。
充分に冷やしたら、患部を清潔なガーゼやタオルで保護し、動物病院へ行って治療をしてもらってください。

注意!火傷はこわい

犬の肉球は黒かったり茶色かったりして、人間の皮膚に比べて火傷の症状が目視でわかりにくいため、「これくらいなら大丈夫かな」と思ってしまいがちです。
実際は大変な火傷状態かもしれませんし、火傷というのはゆっくりと進行するものだと覚えておいてください。内部にこもった熱は、時間をかけてじわじわと細胞組織を壊死させていく恐れがあります。

肉球が火傷をしないための対処法

アスファルトに手の平を当てて、温度をチェックすると前述しましたが、他にもこんな対策をおすすめします。

✔肉球クリームを塗って、肉球を保護する
✔犬用の靴やソックスを履かせる
✔草や土の上を歩かせる
✔出来るだけ日陰を歩かせる

まとめ

アスファルトを散歩する犬

火傷防止のために犬に靴を履かせるのは得策ではありますが、そもそもそんなにアスファルトが熱いときには散歩に出ないことが賢明です。中には肉球が炎症を起こしやすいワンちゃんがいるようですので、そういったワンちゃんには靴を履くことはいい対策かもしれませんね。
アスファルトの温度を確認してから散歩に出たものの、途中で日の照りが強くなってきて心配となったら、小型犬なら抱っこをして帰れますが、大きなワンちゃんだとそうはいきません。もしもの時のために、お散歩バッグに犬用の靴下や靴を入れておくのもよいかもしれませんね。
私の住む地域では、昨年は朝6時の段階ですでに気温が30℃近くの日が多く、犬の散歩には苦労しました。今年も猛暑が予想されていますので気がかりです。これからの熱い季節は、愛犬が健康的に過ごせるよういろいろと気を遣う必要がありますね。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

放っておいたら危険な愛犬の4つの行動

ネタりか


愛犬のこんな行動はNGです

おもちゃを引っ張る犬

その1:甘噛み

甘噛みは、やめさせないといけない行動のひとつです。
犬は群れの中で生活をしていた頃からの習性で、誰がリーダーで誰が自分より下位の存在か、順位付けをすることはご存知の通りですね。
甘噛みは、子犬の歯の生え変わり時期に多く見られますが、見過ごしているとエスカレートをして噛み続けるようになってしまいます。
子犬のころの歯がかゆかったり、遊びだった甘噛みは、いつの日か“攻撃”になります。飼い主を甘噛みすることで、自分より強いのか確認しているようなものです。飼い主が甘噛みを許していると、犬は飼い主を自分より下位の存在だと思うようになり、他のしつけが入らなくなったり、言うことを聞かない犬になってしまう可能性があります。

その2:散歩中の引っ張り癖

散歩の行き先は愛犬と飼い主、どちらが決めていますか?
主導権は必ず飼い主になければいけません。リードをぐいぐい引っ張って、愛犬の思いのままにさせている場合は要注意です。完全にその犬は、自分は飼い主よりも優位にいると判断しています。飼い主が愛犬を散歩させているつもりでも、犬にとっては飼い主を散歩させているような状態になっています。
自分より下位と判断されたら、飼い主の言うことは聞かなくなってしまいます。

その3:物を渡さない

物を飼い主に渡さない行為も、自分が優位にいると思っている行動です。おもちゃなどを飼い主に渡さない犬に対して、「よっぽど気に入ったんだな」と微笑んではいけません。
犬は群れで生活をしていたころ、例えば食事をしているときにその食事を他の犬に渡すでしょうか?無理やり奪おうとしたら、血が流れる戦いになることでしょう。
おもちゃを渡してくれないのも同じことです。見過ごしていると、思わぬ凶暴性が発揮されてしまう恐れがあります。
飼い主が愛犬の咥えている何かを渡してもらいたくても、唸ったり噛まれたりする場合は、愛犬に下位に見られていると考えて良いでしょう。

その4:マウント

犬同士で上下関係を計るのにマウント行動をするのを見かけますよね。
犬はメスの発情期にオスも発情しますが、それ以外でのマウント行動はこの上下関係を計ることが目的です。
いかに自分が優位かを知らしめるための行動と言えます。
この行動は、同性でも対人間にもみられますが、やめさせないといけません。マウントを好き放題させておくと、自分の優位性ばかりを誇示し、相手を威嚇するために吠えかかったり噛み付いたりするようになってしまう恐れがあります。

愛犬を危険な犬にしないために

手を甘噛みする子犬

前トピックで紹介した放っておくとNGな行動は、すべて犬の順位付けをする習性からくるものです。
個体差はありますが、犬は1才前後から社会の中で順位付けのための行動をするようになります。
愛犬のかわいらしさから、ついしつけの姿勢が緩んでしまいがちではないですか?しかし、愛犬がするNG行動に対して飼い主がどう接するかで、愛犬との信頼関係が変わります。
犬は一度飼い主のことを下位の存在だと判断してしまうと、なかなか逆転が難しいと聞きます。NG行動はとても基本的なしつけ項目です。子犬期のしつけがいかに大切なものかがわかると思います。
犬は順位付けをする動物であることを忘れず、飼い主がリーダーでいることが重要ですね。

NG行動は根気よくトレーニング

しつけ中の柴犬

甘噛みをやめさせるためには

犬にやってはいけないことだとしっかり伝えましょう。
遊びの途中で甘噛みをされたら、低い大きな声で「ダメ」や「痛い」といいます。それでもやめなければ無視をします。
噛むと良いことが起きない、ということを犬にわかってもらうことが大切です。

散歩中の引っ張り癖を直すには

散歩に出かける際には、まず玄関でマテをし、犬が先に玄関を出ないようにさせます。犬が先に出てしまったら、また玄関の中に入ってやり直しましょう。
家を出たら、またすぐにその場でオスワリやマテをさせます。愛犬が先に歩き出したらやり直しです。
歩いている最中に犬がリードを引っ張ってぐいぐいし出したら、真逆の方向に行ったり、その場で強制的にフセをさせましょう。犬に主導権を握らせてはいけません。
愛犬が飼い主におとなしくついて歩くときには、存分に褒めてあげ、ごほうびのおやつなどをあげるなどしましょう。飼い主のリードするお散歩について行くことが、楽しいことだと教え込んでください。

物を渡さない犬のトレーニング法

愛犬が大好きなおやつやおもちゃと交換する形で取り上げるようにしましょう。強引に取り上げるのは、余計に犬を凶暴化させてしまう恐れがあるためNGです。

マウント行動をやめさせるには

低い大きな声で「ダメ!」「ノー!」と叱ります。
マウント行動は、癖になりやすくやめさせるには苦労するので、早い時期にトレーニングをするべきです。
「ダメ!」「ノー!」でマウントをやめたら、存分に褒めてあげてください。

まとめ

男性とハイタッチをする犬

犬のしつけは、飼い主と犬の信頼関係を築くため、飼い主が愛犬をリードするためにとても重要なことです。
愛犬が他の犬や人間に凶暴性を持っている場合、多くが飼い主のリーダーシップが取れていないことが原因となっているようです。
小型犬だから多少は大丈夫、という気の緩みも見過ごせません。赤ちゃんや子供などに噛み付いてしまっては大変です。
NG行動を放ってきてしまった場合、成犬のトレーニングは子犬よりも入りにくいため、簡単なことではありませんが、1にも2にも根気です。根気強く、愛犬と向き合っていきましょう。
愛犬とのトレーニングの時間は、いくらかかったとしても、愛犬との信頼関係がよりいっそう深まることに違いありません。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:08 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実際に起こった「狂犬病」による死亡事例

ネタりか


狂犬病の死亡事例

噛もうとしている犬

日本での発症は、海外渡航中の感染で近年で3例

日本では1957年以降、狂犬病の国内での感染・発症が報告されていませんが、1970年にネパールを旅行中の学生が犬に咬まれ、帰国後発症、亡くなった例と、2006年にフィリピン渡航中に犬に咬まれて帰国後に狂犬病を発症し、死亡した下記の2例があります。

海外渡航中の感染で死亡した事例@

2006年11月、京都市の男性が狂犬病を発症して死亡しました。
男性は2006年8月末にフィリピン渡航中に犬に手を咬まれました。
11月に日本へ帰国した後、11月9日に風邪のような症状で病院を受診。しばらくすると、水が飲みにくいなどの症状で別の病院を受診します。脱水症状があったため点滴を受けて帰宅しますが、翌日幻覚症状を訴えて再度病院へ。その際に、水を飲もうとすると痙攣が起こる「恐水症状」や、風に怯える「恐風症状」が確認されて入院となります。4日後、担当医師より狂犬病との診断が下りますが、その翌日11月17日に死亡しました。
犬に咬まれてからおよそ3カ月、発症から約1週間で亡くなっています。

海外渡航中の感染で死亡した事例A

こちらも2006年に狂犬病を発症し、死亡した事例になります。
2006年12月に、横浜市の男性が狂犬病により死亡しました。
男性は同年8月中旬に滞在中のフィリピンで犬に手を咬まれています。
帰国後の11月15日に風邪のような症状と右肩の痛みが発現し、病院を受診。点滴と血液検査を受けて帰宅しますが、夕方薬を服用しようとしたところ飲水困難となり、夜には呼吸困難を示し翌日再度病院を受診。興奮状態、恐風症状、恐水症状を呈していたことから、狂犬病の疑いがあるとして他病院に転院しますが、改善せず11月22日には人工呼吸器を装着されます。
国立感染症研究所において、病原体の遺伝子検出が行われた結果、狂犬病ウイルスが検出されました。
男性は12月7日に死亡しています。
感染から3カ月半、発症から1カ月足らずでした。

狂犬病予防の重要性を考える

動物病院で注射と犬

狂犬病は死に至る恐ろしい感染症

狂犬病は、発症してしまうとほぼ100%の確立で死に至るウイルス感染症です。発症前であれば、人の場合はワクチンを接種することで発症を防ぐことができますが、発症してしまうと治療法がありません。痙攣や呼吸困難を起こして死に至る恐ろしい感染症です。

狂犬病ウイルスは、ウイルスを持っているペットや野生動物より感染します。咬まれるだけでなく、引っ掻かれたり、傷口を舐められるなど、動物の唾液から人間に感染します。

狂犬病は世界で毎年5万人以上が命を落としており、うち3万人超はアジアで発症しています。現在でも、人畜共通伝染病としては最も死亡例を出し続けている恐ろしい病気です。

狂犬病の症状

ウイルスの潜伏期間は一般的に1カ月から3カ月と言われています。しかし狂犬病ウイルスの侵入経路と量によっては1週間未満から1年以上とする説もあります。

狂犬病を発症した初期症状は、発熱や傷の痛み、咬傷部の灼熱感が挙げられます。ウイルスが中枢神経に広がるにつれ、脳や脊髄に致命的な炎症を起こしていきます。

狂犬病の病型は2つ、狂躁型と麻痺型があります。
狂躁型では、興奮状態、恐水症状や恐風症状が現れ、数日後には心肺停止で死亡します。
狂犬病全体の約3割を占める麻痺型では、傷のある部位から徐々に麻痺を起こし、昏睡状態が進行していって死に至ります。

発症前に狂犬病の感染を診断できる検査方法はなく、恐水症状や恐風症状などの狂犬病特有の症状が出るまでは、臨床診断が困難です。

狂犬病、日本ではもう安心?

日本では1957年に人が、1958年に猫が狂犬病を発症して以来、狂犬病の発症は報告されていません。50年以上国内での発症例がないことから、島国である日本では狂犬病ウイルスはなくなったと考えている人が少なからずいるようです。
しかし、日本と同じように50年以上狂犬病の発症報告がなかった台湾で、2013年に野生動物の間で狂犬病の流行が確認されました。翌2014年には台湾国内の広い地域で、イタチアナグマ389頭、ジャコウネズミ1頭、犬1頭に狂犬病の発症が確認されています。ウイルスの遺伝情報から、それらの狂犬病ウイルスは何十年も前から台湾の動物間で流行があったものだと考えられるとのこと。

日本では1950年に狂犬病予防法が制定され、飼い犬の登録と狂犬病予防注射の摂取が義務化されています。
しかし、狂犬病予防接種率は低迷を続けているという報告があります。自治体によっては6割を下回る接種率のところも。自治体への飼い犬登録をしていない人を考慮すると、実態は4割を切るという見方もあります。

WHO(世界保健機関)は、7割以上の予防接種を蔓延防止の目安としています。7割以上のワクチン接種がなければ、予防効果がないということです。

2006年にフィリピンで犬に咬まれて、帰国後に狂犬病を発症して死亡した輸入感染事例があることから、日本へいつウイルスが持ち込まれるかわからない状況です。

愛犬を守るため、家族を守るため、地域を守るため、狂犬病予防接種の重要性を今一度考えてみてください。

狂犬病に感染しないために

日本ではほとんど心配のない狂犬病ですが、海外、ことアジア・アフリカなどでは今でも猛威を奮っています。

海外では、野良犬などには不用意に手を出さないようにしましょう。
また特に狂犬病が多く発生している地域では、飼い犬でもウイルス保持犬ではないと言い切れません。念のため、撫でたい気持ちをグッと抑えてください。

狂犬病を発症している犬は、攻撃的になる「狂操型」が8割、元気がなくぐったりしている「沈鬱型」が2割と言われています。
よだれを大量に垂らし、独特の行動をするので、ちょっと変だなと思う動物には決して近づかないでください。

また狂犬病ウイルスが体内に入って感染したとしても、必ず発症するとは限りません。発症率は32%〜64%と言われており、傷の大きさや、感染したウイルス量によっても変わるといわれています。旅先で犬に咬まれてパニックにならずに、急いで傷口を洗浄して医療機関に行きましょう。

狂犬病が蔓延している地域に長期で滞在予定のある方は、ワクチン接種を受けることをおすすめします。

感染源は犬だけじゃない

狂犬病はその名称から犬が保ウイルス者のように思われがちですが、犬以外の動物から感染する可能性もあります。
感染源になる主な動物は、犬・猫・キツネ・アライグマ・スカンク・コウモリ等です。
アメリカでは、コウモリが主な感染動物だと言われています。
人から人への感染はありません。臓器移植で感染が認められたという事例がありますが、非常にまれなケースで、輸血での感染は報告されていません。

まとめ

飼い主と幸せそうな犬

狂犬病はとても恐ろしいですが、ワクチンで予防できる感染症です。
日本での発症事例が長らくないことから、楽観的に見られがちですが、どこからか持ち込まれたり、野生動物との接触などで、いつどこから流行するかわかりません。
ワクチン接種には犬の体質によっては副作用が伴うため、賛否が問われることが多々ありますが、副作用が心配な飼い主さんは動物病院で獣医の指導の元、ワクチン接種を行ってください。


posted by しっぽ@にゅうす at 07:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の多頭飼い 理想は「部屋数マイナス1」でメスor子猫同士

Yahoo! JAPAN


 たくさんの猫を同時に飼う愛猫家も少なくない昨今。しかし、もともと1匹だけ飼っていたところに、新たな猫が増えるとなると、色々と不安も多いはず。大阪府の女性からこんなお悩みが届いた。

「現在、3才のメスの猫を飼っています。先日、知人から、生まれたばかりの猫を引き取ってくれないかと相談され、検討中です。猫の多頭飼いは初めてなのですが、難しいものでしょうか?」(大阪府・いのさん、45才・自営業)

 東京港区で猫専門動物病院「Tokyo Cat Specialists」を営む、国際猫医学会ISFM所属の山本宗伸さんに、猫の多頭飼いの注意点を教えてもらった。

 * * *
 本来猫は、群れを作らず、単独での行動を好む動物です。新しい猫を迎えることで、ストレスを感じるのはほぼ先住猫です。新たに猫を迎え入れる際は、先住猫が嫉妬しないよう、何事においても優先させるようにしてください。

◆比較的相性がいいのは子猫同士&メス同士

 年齢が若いほど、縄張り意識が強くないので、新しい猫を受け入れやすいです。高齢猫がいるところに子猫を迎えるなど、先住猫と新入り猫の年が離れていると、高齢猫の方が負担となります。若い猫は遊んでほしくて先輩猫にちょっかいを出すでしょうが、高齢猫からしたらわずらわしく、本気で威嚇することもあるので注意しましょう。

 一般的に、オス同士よりもメス同士の方が仲よくなりやすいようです。質問者・いのさんのご家庭は、3才のメス猫を飼っているとのことなので、できればメスの子猫を引き取った方がいいでしょう。もしオスを迎え入れる場合は必ず去勢をしてください。メスだけ避妊手術をしていてもだめで、襲われてしまいます。

 また、頭数を増やしすぎるのもおすすめしません。欧米ではアメリカのサンディエゴなどのように、家の広さによって飼う猫の頭数が決まっている地域もあります。一般的には「部屋の数マイナス1」が望ましいとされています。例えば2LDKなら、2匹までがいいでしょう。

猫も1匹になりたい時があるので、どこの部屋に行っても他の猫がいるという環境はストレスになります。多頭飼いを検討する際は、自宅の広さも考えてください。

◆先住猫との顔合わせは猫のペースに任せて

 いざ飼うことが決まったら、徐々に先輩猫と顔を合わせましょう。猫は鼻がきくので新しい猫が家に来たら顔を見ずともすぐに気がつきます。

 初日から接触させず、猫のペースに任せて自然と近寄るのを待ちましょう。それぞれの猫が愛用しているブランケットを交換することでにおいに慣れさせる方法も有効です。

 また、良心的な里親団体やペットショップは、数日間自宅の愛猫との相性を試すホームステイに対応しているところもありますので、そのようなサービスを利用してみるのもおすすめです。

※女性セブン2017年6月29日・7月6日号


posted by しっぽ@にゅうす at 07:03 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型犬放し飼いNG 米軍属が土佐闘犬原種、手綱なしで散歩 沖縄県警・米軍警察が指導

Yahoo! JAPAN


土佐闘犬の原種で体高約70センチの大型犬マスティフが5月中旬、手綱なしで沖縄県宜野座村内を歩き回り、学校が児童生徒や保護者に注意を呼び掛けていたことが分かった。犬は宜野座村在住の米軍属男性が飼っており、石川署と米軍警察が手綱なしで散歩をさせないよう指導した。

 15日の金武町議会6月定例会で仲間一町長は「米軍人・軍属の住むアパート周辺への立て看板を設置するなど、飼い主にマナーの周知を図る」と答弁。基地外に住む軍人・軍属は住民基本台帳法に基づく住民登録が適応されないため、飼い犬の数が把握できないとして、沖縄防衛局に軍人・軍属に関する最低限の情報提供と、飼育する動物の管理徹底を求める意向も示した。

 騒動は5月17日に発生。同日午前11時半ごろ、通行人から「放し飼いの大型犬がいる」と連絡があった。両町村教委は保育園や幼稚園、小中学校に呼び掛け、児童生徒の送迎を保護者に依頼した。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:03 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨が続いて散歩に行けない時

産経ニュース


梅雨の時期となりました。かわいいペットとの散歩は楽しいひと時ですが、外は雨。さて、こんな時みなさんはどうされていますか?

 散歩はペットの運動やトイレだけでなく、ストレス発散にもなるので、本来なら行ってあげたいところです。

 でも、小雨の時ならまだしも、大雨の時は飼い主も大変で、わんちゃんも雨を見ただけで尻込みしてしまう子もきっといるでしょう。

 散歩に行けないときは、いつもより長く遊んであげたり、ご褒美のおやつを少し多めにあげたりすると、少しは気分転換やストレス発散になります。また、決まった時間に散歩に行きたがる子は、決まった時間に行けないとストレスになってしまいます。普段からバラバラの時間に散歩し、慣らしておきましょう。

 トイレは小型犬なら傘をさし、抱っこして済ませてくることはできても、中型犬や大型犬は、レインコートのようなものを着せていても足やおなか周りはずぶぬれに。これは、さすがにわんちゃんたちも嫌がる子が多いでしょう。

トイレは我慢すると病気に直結することもあるので、家の中でもできるよう、しつけることが必要です。部屋にトイレシーツを敷いて連れて行き、「ワンツーワンツー」「トイレトイレ」などと声掛けをし、上手にできたらほめてあげてください。わんちゃんも飼い主も少し根気がいりますが頑張ってみましょう。

 家の中でトイレができるようになれば、老犬になって介護するときや、災害での避難所生活など、トイレのために外に行くことが難しいときに役立ちます。かわいいペットと楽しく快適に過ごせるように、日頃から良い習慣として身につけておきましょう。(チームホープ、みずの動物クリニック院長 水野範仁)


posted by しっぽ@にゅうす at 07:03 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

東京都昨年度 都内の犬の殺処分ゼロに

NHK


動物の殺処分ゼロを目標としている東京都は、昨年度、飼い主に捨てられるなどした犬について初めて目標を達成しました。
一方、猫については依然94匹が殺処分されていて、都は譲渡事業のPRなどに力を入れることにしています。

東京都によりますと、昨年度、飼い主に捨てられるなどして捕獲され、都内3か所の動物愛護相談センターなどに収容された犬について、初めて殺処分ゼロを達成したということです。
都は、動物を安易に引き取らない方針に加え、収容された犬の譲渡に応じる個人や動物愛護団体が増えていることが目標達成の要因と分析しています。
一方、猫については前年度の193匹から大幅に減少したものの、依然として94匹が殺処分されています。
都は、平成31年度までに犬、猫などの動物の殺処分ゼロを目指していて、さらに譲渡事業のPRに力を入れて、動物愛護の意識の向上に努めることにしています。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:25 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする