動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年12月10日

変わる動物園、ライオン飼育中止にサル島もなくなる? 「福祉」の観点重視、京都市動物園が構想案 

京都新聞



京都市動物園(左京区)はこのほど、園の理念や行動指針を示した新構想案をまとめた。希少種の繁殖を通した種の保存や教育研究機関としての役割に重点を置くとともに、動物福祉の観点からライオンなど飼育環境の改善が難しい動物の将来的な飼育中止を盛り込む。市民意見を公募し来年2月までに正式な構想としてまとめる。

 園は2009年に策定した構想に沿って園舎の改修や「京都の森」「ゾウの森」の新設など施設の大規模リニューアルをしてきた。現構想の策定から10年が経過したのを機に、社会の変化や多様化する環境教育のニーズに対応するため、昨年8月に新構想案作りに着手。公募の市民や学識経験者ら10人を委員とする検討会議を設置し、今年10月に園が目指す方向性と取り組みをまとめた。

広告

inRead invented by Teads
 新構想案は生物多様性の保全や動物福祉の向上、13年に開設した「生き物・学び・研究センター」を中心とした研究教育の推進などが五つの柱。これを中心に多言語対応による外国人観光客誘致や市民ボランティアとの協働など27の施策を定める。

 また動物福祉向上の観点から適切な飼育スペースの確保が困難として、ライオンの飼育を国内飼育期間最長を記録する雄の「ナイル」の後は中止する。約80年前に設置した「サル島」も飼育中のアカゲザルの群れを最後に閉鎖し、マンドリルの飼育施設として再整備する予定。

 市のホームページなどで12月6日まで意見を募る。坂本英房副園長は「都市型動物園として、どのような動物園が望ましいのか、さまざまな意見を聞かせてほしい」と話している。

posted by しっぽ@にゅうす at 08:38 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

ペット入れず、車中泊も 長野市、台風避難所の大半

中日新聞



 台風19号で広い範囲で浸水被害に見舞われた長野市では、ペットとともに避難所に駆け込んだ被災者も少なくなかった。環境省のガイドラインはペットとの同行避難を推奨しているが、多くの避難所はペットを受け入れることができず、車中泊などを選択した被災者もいた。市は今回の台風災害を受け、ペットの受け入れや居場所などを明確にするように避難所マニュアルを見直す方針だ。

 自宅が床上浸水し、母親(67)、妹と避難所になった豊野西小学校に身を寄せた男性(43)は一カ月余り、同小の校庭に置いた車の中でポメラニアンの「ポム」(雄、七歳)と寝泊まりした。夜間はエンジンを止め、気温が一〇度以下に冷え込んだ夜も毛布で寒さをしのいだ。

 この避難所は、多くの避難者で埋まってペットを受け入れることができず、男性もポムがほえるなどして他の避難者に迷惑になるのではないかとも気になった。「この子も家族だから。本来は飼い主と一緒に避難所に入れるなら、それが一番いい」と話した。

 同省は、東日本大震災でペットがいるために自宅にとどまり、津波にのまれるなどの被害が発生したことから、二〇一三年、ペットとの同行避難を原則とするガイドラインを作った。ただ、災害発生当初の避難行動を規定し、避難所での具体的な対応は各自治体に委ねられているのが現状だ。

 市保健所によると、今回の台風災害で避難所になった最大五十四カ所のうち、ペットと一緒に寝泊まりができたのは北部スポーツ・レクリエーションパークと長野運動公園の二カ所のみ。

 同パークでは、最も多かったときはペットの犬十匹ほどを受け入れ、同伴の家族は端のまとまったスペースで居住してもらうなどの工夫をした。しかし、他の避難者から鳴き声などが気になるとの声が上がり、避難所脇の屋外に犬専用のコンテナを置いて対応したという。

 現在の避難所マニュアルは、屋外にペット専用のスペース確保との記載があるものの、多くの避難所は規模に余裕がなかったり、動物アレルギーを心配したりしたことを理由にペットを受け入れることができなかった。このため、ペットがいる家庭の中には浸水を免れた自宅の二階での生活や、避難をためらって自宅に残る人もあったとされる。

 市保健所は今回、被災者のペットをボランティアが預かる「一時預かり」の仕組みを設けて利用を呼び掛け、六日現在では猫十一匹が利用している。担当者は「ペットは家族同然で、最近は室内で暮らすことも多い」と話し、ペットに関する避難所のマニュアルを充実していく考えだ。

 (伊勢村優樹、安永陽祐)


posted by しっぽ@にゅうす at 09:34 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の『社会化』はどれだけ重要なの?やらないとどうなる?

Yahoo! JAPAN


犬の『社会化』の重要性は?

犬の「社会化」とは
子犬を迎え入れたご家庭、また迎え入れる予定があるご家庭で強く意識していただきたいのが、犬の「社会化」です。子犬にはこれから飼い主さんと人間社会で幸せに生活していくために、多くのことに慣れてもらわなくてはいけません。

知らない人や犬、見たことのない物、聞いたことのない音、行ったことのない場所など、多くの環境と接すること、また経験させることで慣れるようにしてあげることが犬の「社会化」になります。

犬の「社会化期」は個体差はあるものの、生後3週齢〜12週齢ころまで。犬はこの時期が1番好奇心が強く、警戒心はまだ育っていないため多くの刺激を柔軟な心で受け入れることができます。

まだワクチン接種の時期でもありますので、獣医さんとの相談が必要になりますが、抱っこ散歩で外の世界を見せてあげる、また動物病院では子犬に社会性を身につけるためのパピーパーティーなども行われていますので、積極的に参加することをお勧めします。

犬の「社会化」の重要性
犬の「社会化」が重要視されるのには、もちろん理由があります。犬はこの「社会化期」に得た経験から、その後の性格がほとんど決まってしまうとも言われているからです。

犬の脳は生後4か月頃までに、ほとんどが出来上がるといわれています。そして、4か月頃からは知らないものに対しての警戒心も出てくる時期です。例えば、生後4か月前(社会化期)に知らない人と触れ合う機会がなかった犬は、人に対して恐怖心を持つ犬に育ってしまう傾向があります。

社会化期に何も経験させずに過ごさせると、何に対しても慣れることができていないので怖がりな犬に成長する可能性が非常に大きいです。

警戒心が低く、柔軟性が高い「社会化期」に多くの良い経験をすることによって、脳がすこやかに成長し、心身ともに健全な犬に育つともいわれています。犬にとっての「社会化」は、その後の愛犬の性格、また犬生にも影響してくる重要なものになります。

「社会化」をやらなかった犬はどうなる?

必要以上に怖がりになる
「社会化」をやらなかった犬は、何事に対しても経験不足。人間が未知のものに対して、恐怖心を抱く感覚に似ているのではないでしょうか?急な来客やチャイムの音などに怖がってしまうのはもちろん、ドライヤーや周囲の車の音など、日頃の生活音にまで怖がってしまうのは社会性が身についていない可能性があります。

問題行動を起こしやすくなる
恐怖心が強いことによって生じるのが犬の問題行動。「社会化」をやらなかったことで起こる犬の問題行動は「無駄吠え」「噛み癖」など。

「無駄吠え」という言葉は人間目線の言葉で、犬にとってみれば無駄に吠えているわけではなく、吠える理由があって吠えています。その多くの理由が「恐怖」や「不安」です。人に慣れていない犬は、お散歩中に知らない人に向かって吠えてしまうこともあるでしょう。また、動物病院で獣医さんに診てもらわなくてはいけないとき、噛みつこうとすることもあるはずです。

噛む力加減が分からない
犬は「社会化期」に犬同士でコミュニケーションをとることで、「噛むことは痛いこと」と学びます。他の犬と喧嘩をするかのように遊んでいる最中に、お互いにどのくらいの力で噛むと痛いのかを経験し学んでいきます。

強く噛みすぎると、相手が嫌がって遊んでくれなくなることで力加減を学んでいくのです。噛む力加減を学ぶことができないと、飼い主さんと遊んでいるときに、悪気なく飼い主さんに怪我をさせてしまうこともあると思います。

犬自身も多くのストレスを抱え込んでしまう
「社会化」を行わず、人とともに生きるための「社会性」が身につかなかった犬は、「苦手なもの」「不安なもの」「嫌いなもの」が多く存在してしまいます。容易に想像がつくと思いますが、自分自身が負と感じるものが多いと、嫌な気持ちになる時間が多いのは当たり前ですよね。「社会化」を行わなかった犬は、負の存在が多くストレスを感じる瞬間も多くなってしまいます。

ストレスを多く感じてしまうのは、人間同様、犬でも健康にとても悪いこと。子犬の頃のわずか数か月の「社会化期」に「社会化」をするかしないかで、将来的に愛犬の健康面にまで影響が出る恐れがあります。成長しても心身ともに健康に過ごせるよう、子犬のころの「社会化」を真剣に考えてみましょう。

まとめ

犬にとっての「社会化」は本当に大切なものです。「社会化」を行うことで、愛犬の犬生は豊かなものになる可能性が高いと思います。また飼い主さんにとっても、問題行動が少ない性格に育ってくれるのはありがたいことですよね。

犬の「社会化期」はとても短い時間しかありません。この時期に多くの経験をさせることは、将来的に飼い主さんにとってもプラスになることなので、できるだけ子犬のために時間を割いてあげてください。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬にしないほうがいい!行き過ぎた親バカ行為4つ

Yahoo! JAPAN



犬にしない方がいい!行き過ぎた親バカ行為

今回は犬にしない方がいい、行き過ぎた親バカ行為をご紹介していきます。行き過ぎた親バカ行為を繰り返していると、しつけ上良くないだけでなく、愛犬の健康にも悪影響を与えることがあります。自分は行っていないか、チェックしてくださいね。

1.すぐにおやつを与えてしまう

親バカ飼い主がやりがちな行為として、おやつを与え過ぎてしまう行為が挙げられます。一般的におやつを与えるご家庭が多いと思いますが、1日1〜2回であったり、しつけのために与えたりと、適切な量を守っているご家庭がほとんどです。

しかし、親バカな飼い主の場合、何か事あるごとに与えてしまったり、要求されたら与えてしまったりと、他の家庭に比べて与える量がとても多いです。

すると、「飼い主は自分に甘い」とわがままになってしまうだけでなく、肥満になりやすくなってしまいます。肥満になると様々なリスクを発症しやすくなるので、おやつの与えすぎはやめましょう。

2.要求にすべて応える

先ほどの『すぐにおやつを与えてしまう』でも少し触れましたが、愛犬からの要求にすべて応えてしまうのは親バカ行為の1つです。

飼い主として愛犬の要求にはできる限り応えてあげたいという気持ちは、すべての飼い主が持っているでしょう。しかし、中には応えない方が良いシチュエーションも存在します。

行き過ぎた親バカとなってしまった飼い主の場合、愛犬が「行かないで」と寂しそうに要求すれば、外出を諦めることもあります。しかし、そのようにすべての要求に応えてしまうと、様々な弊害が生まれることにお気づきでしょうか。

上記の例の場合、愛犬が「飼い主は何でも言うことを聞いてくれる」とわがままになってしまうのはもちろん、飼い主と離れると極度のストレスを感じる分離不安を発症する恐れもあります。

また、飼い主側も近年問題視されている「ペットを優先しすぎるあまり、仕事を辞めてしまう」「失業してしまう」といった状況を生み出す可能性があるので要注意です。

3.しつけをしない

無駄吠えやトイレトレーニング、基本動作など、犬のしつけは多岐に渡ります。犬によって学習が早い犬や遅い犬など、その成長スピードも様々ですが、人間と共存していく上で、必要最低限のしつけはしっかり行うべきです。

親バカ飼い主の場合、「しつけなんて可哀想」と思ってしまうため、十分なしつけができず、愛犬が成犬になってからも問題行動を起こし続けたり、他人や他の犬にも迷惑をかけたりするようになってしまいます。

「可哀想だから」としつけをしないのは飼い主のエゴです。犬はしつけをしっかり行い、自分をより良い方向へと導いてくれるリーダー的な存在がいなければ、不安になってしまったり、常に警戒しなければいけなかったりと、実はとても負担がかかることが発表されています。

自分のためにも、愛犬のためにも、また周囲の人や犬のためにもしつけはしっかり行い、正しい信頼関係を築くことが大切です。

4.迷惑をかけているのに止めない
先ほどのしつけとリンクしてきますが、他人や他の犬に迷惑をかけているのに、「うちの子はほんとに元気で〜」などと的外れのようなことを言って止めないのは、親バカ認定されて当然です。

例えば、散歩中に他の犬に吠えてしまったり、家に来てくれた友人に飛びかかったりする行動は、迷惑行為に当てはまります。これをきちんと叱り、止めることが犬の親でもある飼い主の責任です。

「自分が可愛いと思うのだから、他の人もそう感じるはず」は通用しません。中には犬が苦手な人も多くいるのです。他の人にとっては迷惑かもしれない、迷惑行為ならばやめさせるといった対応をしっかり取りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょう。今回は行き過ぎた親バカ行為を大きく分けて4つご紹介しました。「何だか心当たりがある…」と思った方は、自分のためにも、愛犬のためにもすぐに改善する努力をしましょう。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:32 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「野良犬の安楽死」は必要? 問われる飼い主の責任 中国・深セン


Yahoo! JAPAN




【CNS】近ごろ、中国・深セン市(Shenzhen)は、犬の飼養に関するルールについて市民の意見を聴いた。その中で、14日を超えて引き取り手が見つからない野良犬については「安楽死を実行する」ことを提案している。

 これに対し、あるネットユーザーは「残酷ではあるが、他に良い方法はなければ仕方がない」と理解を示しつつ、「でも安楽死は心が痛む」と複雑だ。「残酷すぎる」から反対だとする人もいる。

 世界動物保護協会(WSPA)中国代表処の姚越(Yao Yue)マネジャーによると、「野良犬が多すぎると、多くの衝突が生まれる。病気の伝染や環境衛生の破壊、人を襲い傷つけることもある」。

「安楽死は、野良犬がさらに大きな苦痛を回避するためのやむを得ない選択」という人もいるが、動物愛護者は「野良犬問題の解決で、管理すべきは人の行為であって犬の行為ではない。最も重要なことは野良犬の発生をいかに予防し、減らすかだ」という。

 現在、中国の一部の都市では、犬を遺棄したり虐待したりする行為を罰する管理処罰条例がつくられているが、処罰や管理への力の入れ方は、それぞれ異なる。例えば、上海、武漢(Wuhan)、広州(Guangzhou)などでは、犬を捨てた場合の具体的な処罰が定められている。姚マネジャーによると、犬の遺棄行為に対する現行の罰則は、犬を収容するか、あるいは飼い主の飼養登録抹消だ。

「実際は、捨て犬に関する責任追及は非常に難しい。もし捨て犬と疑われる犬を発見したとしても、犬の体には標識あるいは認証用チップはついていないので、飼い主が誰か確定しようがない。飼い主に対する処罰もできず、犬は野良犬として扱われる」と姚マネジャーは説明する。

「野良犬問題の解決に、最も重要なことは、まず犬を飼う人の管理をしっかりと行い、最大限、野良犬の発生を抑えることだ」「特に犬を遺棄する行為に対して、法的な罰則を強化しなければならない」と首都愛護動物協会(Capital Animal Welfare Association)の創始者である秦肖娜(Qin Xiaona)さんは語った。(c)CNS-工人日報/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:30 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゾウはいません」消える人気動物 頼らない改革に迫られる動物園

Yahoo! JAPAN



全国の公立動物園で、ゾウやトラなど人気動物が姿を消しつつある。動物保護を目的とする条約の厳しい規制や購入費の高騰により、高齢で死亡しても次の個体を調達できないケースが多いからだ。専門家は「動物園が“過渡期”にきている」と指摘する。経営主体のほとんどは自治体で、限られた予算やエリアの中、人気動物に頼らない改革に迫られている。

【表でみる】進む動物園改革

 「天王寺動物園にゾウはいません」

 大阪市立天王寺動物園(同市天王寺区)のゾウ舎の入り口にはこんな張り紙が貼られている。昨年、アジアゾウの「ラニー博子」(雌、推定48歳)が高齢と病気のため死んでから、代わりのゾウはやって来ず、展示スペースは静まり返っている。

 ゾウだけではない。9月には、アムールトラの「虎二郎」(雄、7歳)が死に、10月には唯一いたコアラの「アーク」(同、12歳)も繁殖のため英国へ旅立った。

 同園は、アジアゾウとトラは新たな個体を迎えるべく国内外の動物園と交渉中だが、時期のめどは立っていない。コアラについてはアークを最後に飼育をやめる決断をした。

 日本動物園水族館協会(東京)の岡田尚憲事務局長は「全国の動物園でゾウやキリン、ゴリラといった人気動物が手に入りにくくなっている現状はある」と話す。

 背景にあるのは規制や購入費といった高いハードルだ。アジアゾウは、希少動物保護を目的とするワシントン条約により、学術目的以外での商業取引が禁止されている。また、動物商の白輪剛史さんによると、一部の国による買い占めや種の減少で、アジアゾウを購入するには1頭約4千万〜5千万円、アムールトラは1千万円ほどかかるという。

 こうした中、各動物園では、飼育する動物の選別も進んでいるという。

 「各園が『うちの動物園にこの動物は本当に必要か』という判断をするようになっている。アークのように、繁殖のために他の動物園に行った方がいい、という判断もそう。各園がそれぞれの特色をどう打ち出していくかが問われている」。岡田さんはこう指摘する。

 ■海外動物園とやりとり

 動物を連れてくる場合、海外の動物園などと情報を共有し、繁殖計画を立て、交渉するのが一般的だ。同協会によると、動物の個体や飼育情報などをデータベース化している国際的な動物情報管理システム(ZIMS)などを活用しているところが多いという。

 近年、より厳しく求められているのが動物福祉や保全を目的とした飼育環境の整備だ。

 希少種の保全と動物の福祉に対する意識が高い“動物園先進国”の欧米に対し、「日本は『遅れている』とみられがちだった」と話すのは岐阜大応用生物科学部の楠田哲士准教授(動物園動物繁殖学)。こうした状況を打破するため、日本の動物園では、飼育環境の改善を図る取り組みが加速しつつあるという。

 「国内でも園同士の繁殖協力や施設整備は進んでいる。飼育基準の向上や保全への取り組みを積極的にアピールすることで、海外の動物園との交渉もしやすくなるだろう」と楠田氏はみる。

 ■あの手この手の改革

 実際、各動物園ではさまざまな改革を進めている。

 天王寺動物園では平成28年、野生に近い新たな展示方法や飼育環境改善計画などを打ち上げた改革「天王寺動物園101計画」に着手。今年度からは専門職の「動物専門員」を3人採用。獣医師や飼育員とともに動物の健康管理や飼育方法の改善を行い、動物がより健康で幸せに暮らせる環境整備に取り組んでいる。

 富山市が所有する富山市ファミリーパークでは、ニホンカモシカやホンドタヌキなど日本や富山県が原産の動物を中心に飼育。27年からは、特別天然記念物のニホンライチョウの保護・繁殖に力を入れている。村井仁志動物課長は「単なる娯楽として動物園に来るだけでなく、展示を通して身近にいる動物と共存するという意識をもってもらえたら」とする。

 「海外からの動物を導入するなら『この施設で動物が幸せに暮らせるか』ということが厳しく問われる。施設作りや餌のやり方など工夫している」。こう話すのは札幌市円山動物園の山本秀明飼育展示課長。同園ではテナガザルやシンリンオオカミなど35種の飼育を断念し、3頭いるホッキョクグマの飼育に重点を置く方針へ転換した。

 海外からのさらなる導入を考え、従来の約5倍の飼育スペースを確保し、繁殖拠点を目指す方針だ。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:29 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

冬に多発「クルマのボンネットにネコ侵入」要注意 なぜネコはエンジンルームを好む?


Yahoo! JAPAN



悲しい事故防ぐ「猫バンバン」 でもたたきすぎは禁物
 冬場はクルマに乗る前、ボンネットを叩いたほうがよいかもしれません。ネコなどがエンジンルームに入り込んでいることがあるからです。

【写真】ネコ対策したエンジンルーム

 JAF(日本自動車連盟)によると、2019年1月の1か月間で寄せられた「エンジンルームに動物が入り込んでしまった」という要請は全国で27件。うち25件がネコによるものだったそうです。ネコが暖かい場所を求めて入り込むケースが増えることから、JAFなどが例年冬に注意を呼び掛けていますが、前出の25件のなかには沖縄での要請もありました。狭くて暗いエンジンルーム内は、警戒心の強いネコが安心できる空間でもあるため、実際には年間通じて対応依頼があるそうです。

 エンジンルームに動物が入り込んでしまうのは、外と通じる空洞があるからです。ネコがいることに気づかずエンジンをかけると、ネコがエンジンベルトに巻き込まれてしまうケースがあるため、日産が「猫バンバン」と称して運転前にボンネットをたたく運動を広めています。

 ただJAFによると、あまり強くたたくと、臆病なネコはもっと奥へ入り込むことがあるそうです。たたいて何か存在を感じたら、ボンネットを開けて確認するとよいでしょう。

冬に多発「クルマのボンネットにネコ侵入」要注意 なぜネコはエンジンルームを好む?
ボンネットの内張りには引っ掻いた跡が(画像:長野県30代男性ドライバー)。
「エアコンから生き物の臭いが…」ネコ経験者語る
 実際、エンジンルームにネコが入り込むとどうなるのでしょうか。

 長野県に住むある30代男性ドライバーは、冬のある日、エアコンから生き物の臭いがするのでボンネットを開けたところ、内部がネコの毛だらけで、ボンネットの内張りにも引っ掻いた跡が無数に残っていたそうです。

 幸いにしてネコを巻き込む事故にはならなかったものの、その後は整備工場でエアコンの脱臭、バッテリーカバーの交換などを行ったほか、エンジンルームを市販の金網でカバーしてもらったとのこと。またそれ以降、「猫バンバン」を励行しているといいます。

 なお日産によると、エンジンルームの空洞は排熱に重要で、完全にふさぐのは難しいそうです。もしも悲しい事故が起こってしまった場合は部品の交換が必要になることもあるため、ディーラーや整備工場に相談してほしいとのことです。

 ちなみに、エンジンルームに入り込むのはネコだけではありません。JAFへの救援依頼では、ハトやネズミ(もしくはリス)、ヘビが入り込んでいたこともあったそうです。

乗りものニュース編集部
posted by しっぽ@にゅうす at 08:19 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする