動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2017年06月20日

捨てられた犬猫、命の尊さ知って 仙台でパネル展

河北新報


飼い主が世話を諦めたり、捨てたりした猫や犬との共生を考えるパネル展が16日、仙台市青葉区の青葉通地下道ギャラリーで始まった。仙台弁護士会有志の「動物との共生を考える弁護士の会・東北」と、石巻市の愛護団体「アニマルクラブ石巻」の共催。
 捨てられた動物たちが保健所で殺処分されるまでの様子や、アニマルクラブが保護した猫たちの写真や説明が記された約100枚のパネルを展示。虐待や遺棄を禁じた動物愛護法も紹介している。
 30日まで。アニマルクラブは石巻市東中里3丁目の石巻住宅相談センターで18日午前10時〜午後4時、猫の「里親探し会」も開く。連絡先は同クラブ0225(23)2680。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:24 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【夜間救急病院での経験】愛犬の予期せぬ悲しい事故

ネタりか


不注意が招いた愛犬の悲しい事故

医療用機器

私が動物の夜間救急で経験した出来事です。
悲しく辛いことばかりですが、この記事を読んで少しでも愛犬に潜む危険を考えてもらえると嬉しいです。

農薬を舐めてしまった犬

生後6ヶ月の中型犬。何にでも興味がある年齢です。
そのお家は農家をしていました。
ある日いつものように散歩帰りに畑により、簡単な農作業して帰ろうとすると、いつもは呼んだらくる犬が来なかったそうです。
探しにいくと、納屋の中で倒れていました。何か吐いた形跡もあります。
横には、畑に散布する農薬の缶が落ちていました。
犬が届かない場所に置いていたはずなのに、犬がどうにかして取ったのか、直し忘れたのか解らないとのことでした。
急いでかかりつけの動物病院につれていきましたが、すぐに亡くなるような致死量は飲んでいませんでした。
ですが、肺の細胞が壊れてしまっていたので、呼吸が苦しい状態が続いていました。
かかりつけの先生は、夜中誰もいなくなるので、私が勤めていた夜間の酸素室で朝まで預かってほしいと連絡がありました。
酸素を満たした部屋の中でも犬の呼吸は荒く、横になることも出来ません。呼吸以外は大きな問題はありません。頭も意識もはっきりした状態で、その犬は息が苦しい状態が続きました。
私達スタッフは、点滴や注射以外で出来ることが限られていました。見ている私が辛くなるぐらい苦しそうな姿で、朝までお預りしましたが状態は改善せず、その日の夜安楽死になったとかかりつけの病院から連絡がありました。

車に轢かれた犬

夜間に1本の電話が鳴りました。
交通事故で犬が轢かれてぐったりしているとのことで、急いで連れてきてもらいましたが、その家の娘さんと思われる女性が大泣きしており、話も出来ない状態でした。
来院したとき、もうすでに犬の呼吸は止まっていました。血を吐いていたので内臓損傷したと思われます。
状態を話すと娘さんは倒れてこんで、ごめんね、ごめんね・・・と犬にすがり付いて泣いていました。
ご家族に話を聞くと、娘さんがバックで車を入れようとしたとき、いつもは車が入ると離れる犬がその日は何故か離れず、そのまま車で轢いてしまったそうです。
娘さんの気持ちを思うと辛く、声を掛けられませんでした。

熱中症になってしまった犬

暑い夏の日、若い女性がフレンチブルドッグの2歳の女の子を連れて、突然病院に駆け込んできました。
もう意識もなく呼吸が苦しいのか、ゼェゼェと荒い呼吸をしています。熱を測ると42℃、熱中症です。
急いで体を冷やし、点滴を流し続けましたが、数時間後残念ながら亡くなりました。
どうしてこうなったのか先生が話を聞くと、いつもクーラーを入れて出掛けているが、その日は何故かタイマーをつけたまま出掛けてしまったそうです。タイマーは1時間後に切れる設定になっていました。
お昼から出掛けていた飼い主さんが夜部屋に帰ると、犬の器にいれたお水がすべてなくなっており、部屋は暑さで蒸し風呂状態だったとのことです。
暑い部屋の中で、逃げ場もなく苦しんでいたんだと思うと胸が痛みました。

まとめ

遠くをみつめる犬

この3件の話は、悪意があっておきた事故ではありません。不注意が招いてしまった悲しい事故です。
農薬を飲んでしまった犬も、いつも大丈夫だからという安心感から、犬から目を離しリードを付けなかったために起きた事故です。
もし、リードを付け、犬から目を離さなければ・・・。

交通事故の犬も普段から犬がいることが解っていたのに、いつも避けれくれると思い込んだ為に起きた事故です。
もし、犬を車から遠いところで繋いでいれば・・・ちゃんと確認してからバックしていれば・・・。

熱中症の犬も、クーラーをつけるときや出かけるときにしっかり確認していれば、今回のような事態にはなりませんでした。

確かに、避けられない事故もあるかもしれません。
犬は賢いとはいえ、やはり私達飼い主がきちんと管理してあげないといけません。小さな子供と一緒なのです。それを忘れないでほしいと思います。
「普段からしているから大丈夫」ではなく、「もしかしたら・・・」を考え、事故のないよう私達が気をつけてあげないといけない思います。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:22 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の脳!人間との違いや賢さなど

ネタりか


犬の脳について

本と犬

脳の構造は人間と同じ、違うのは割合

犬の脳は、人間と形状や大きさは違いますが、構造は人間とほとんど同じです。
人間と大きく異なるのは、脳のそれぞれの部位の占める割合です。
人間では前頭前野と呼ばれる部位が非常に発達していて、脳全体の30%を占めているのに対し、犬は7%となっています。
前頭前野は、ヒトをヒトたらしめる分野と言われ、思考や創造性を担う脳の最高中枢とされています。記憶や高度な情動や動機付け、それに基づく意思決定、さらに社会的行動など多様な機能に関係する部位です。個体の性格は、ここで形成されていると考えられています。
また犬は鼻がいいと良く言いますが、この嗅覚による情報処理に関わる脳の部位は、人間よりもずっと発達しています。
脳の部位の占める割合から、人間は理性的に行動し、善悪の判断が出来て、犬は(人間よりは)そういったことが苦手で、本能に忠実であるということが言えます。もちろん、嗅覚はずっと犬の方が優れています。

犬は集団生活で脳が発達した

犬が賢いということは愛犬家ならうなずくところでしょう。
でも、どういてこんなに賢いのでしょう。
長い時間をかけて発達させてきた背景には、複雑な社会的行動がありました。

群れで集団生活をしてきた犬と、単独行動をしてきた猫の、知能や記憶に関わる前頭前野の比率を比べてみます。

✔犬:脳の重量は平均64g 前頭前野の比率7%
✔猫:脳の重量は平均25g 前頭前野の比率3%

オックスフォード大学の500種もの哺乳類の脳を分析した研究によると、最も脳が発達しているのは猿、次いで馬、イルカ、犬の順でした。
これらの発達した脳を持つ動物の特徴は、複雑な社会的行動を営んでいること。群れで生活してきた犬は、犬同士の交流で脳を刺激し合い発達させてきたんですね。

犬の脳、どこまで理解しているの?

障害物を飛ぶシェパード

犬は人間の言葉も感情も理解する

カナダの心理学者、スタンレー・コレン氏の研究によると、平均的な犬は165の単語やジェスチャーを理解し、4から5まで数を理解することができるとのこと。さらに頭のいい上位20%の犬に至っては、250もの単語やジェスチャーを理解して簡単な計算もでき、これは人間の2歳半程度の能力に匹敵するそうです。
言葉やジェスチャーを理解しているのは、犬を飼っている人なら誰しも肯けることでしょう。
しかし、人間の気持ちはどうでしょうか。犬は飼い主の感情をどこまで理解してくれているのか気になりますよね。

これを知るべく、ハンガリーの大学で13頭の犬の脳をMRIで撮影するという実験が行われました。その結果、犬は言葉だけではなく、言葉の裏にある感情を見抜いていることが分かっています。
嫌なことをされるときは、オヤツで釣っても応じない時がありませんか?
言葉の裏にある飼い主の本音を見抜いていたんですね。

犬はチンパンジーよりも賢い?

最近の研究で、犬の短期記憶が約2分であることがわかっています。
動物全体では平均27秒、最も知能が高いと言われているチンパンジーは20秒でした。
また、人間が指をさすことの意図を素早く正確に理解するというテストでも、チンパンジーより犬の方が優れているという研究報告があります。
しかし、鏡像認知テストといって、鏡に映った自分自身を認識できるか確認するテストでは、チンパンジーは認識しますが、犬は出来ませんでした。

なので、犬は“ある点においては”チンパンジーより賢いという表現になりそうです。

知能の高い犬種

人間でいうと2歳程度の知能を持つと言われている犬ですが、その中でも知能が高いと言われている犬をご紹介します。

✔1位 ボーダーコリー
✔2位 プードル
✔3位 ジャーマンシェパード
✔4位 ゴールデンレトリーバー

家庭犬として人気の犬種では、ダックスフントが49位、チワワは67位となっています。

まとめ

笑顔の犬

人間と犬が見つめ合うことで、オキシトシンというホルモンが分泌されることがわかっています。オキシトシンとは、信頼感や愛情、安心に関わるホルモンです。犬と人間は3万年も前から共に生活をし、長い歴史の中で最良のパートナーであり続けています。
知能の高い犬だからこそ、的確なしつけを行い、よりいっそうの信頼関係で愛犬との幸せな生活を送りたいですね。

posted by しっぽ@にゅうす at 06:22 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛犬の食いつきが悪い理由とは?家庭でできる3つの対策

ネタりか


愛犬の食いつきが悪くなる理由

横うつ伏せのトイプードル

皆さんの愛犬は、「今まで食べていたドッグフードの食いつきが急に悪くなった」ということはありませんか?中には病気や加齢が原因しているケースもありますが、シニア犬でない場合や病気でもない場合は首をかしげてしまう方も多いはずです。

しかしこの場合、犬にもドッグフードを食べない理由というものが必ず存在します。まずはなぜ愛犬が急にフードへの食いつきが悪くなってしまったのか、いくつか理由をご紹介します。

運動量と食事量が合っていない

まず1番多い理由が、この運動量と食事量のバランスがしっかりとれていないという例です。人間の場合もそうですが、しっかり動いている日と動かずダラダラしている日では、食欲のわき方に違いが出ますよね。

犬ももちろん例外ではありません。ドッグフードの袋には、それぞれ体形に合った食事量などが書かれていますが、それは適切な量、運動をした上での食事量だと考えてください。

そのため、食いつきが悪くなったなと感じたら、まずは散歩を適切な時間行っているか、またしっかり愛犬が動くような遊びを一緒に行ってあげているかを見直すべきでしょう。

飼い始めの頃と同じ量の散歩をしている、という方も多いかもしれません。しかし、人間と同じように、成犬になると運動量もその分増えるということを覚えておきましょう。そうなると必然的に散歩量も以前に比べて増やすのが適切ですね。

ストレスが溜まっている

そして次に考えられる理由に「ストレスが溜まっている」というものが挙げられます。これは上記で紹介した運動量と食事量のバランスにも繋がるものがありますが、様々な面で犬はストレスを感じている可能性があります。

基本的に犬は飼い主の生活リズムに合わせて行動します。例えば、散歩や食事、おやつ、お風呂など、当たり前ですが犬は自分で好きな時に行うことが出来ません。すべて飼い主さんの判断によってタイミングが決められます。

これだけでも人間に比べると少なからずストレスはかかっているのですが、それに加えて家の外などで工事が始まり、今まで聞いたことのないような大きな音が聞こえてくることによって、過度なストレスを溜め込んでしまう場合があるのです。

他にも飼い主さんが以前に比べて自分に構ってくれないと感じたり、家族の中が不仲となっていることを悟ってしまうことによって、犬にとっては大きなストレスとなる場合があります。

犬がストレスを感じている場合は、頻繁に体を掻いたり、舌を出して荒い息をしたりなど、様々な症状が現れます。このサインを見逃さず、ストレスを感じているようならば原因を排除していくよう努力しましょう。

夏場は食欲が落ちやすい時期

人間にも夏バテというものがありますが、犬も夏場は食欲が落ちやすいとされています。夏バテになると食欲が落ちるだけでなく、睡眠時間がいつもよりも増えたり、散歩中の歩くスピードが遅くなったりという症状が現れ始めます。

犬種によっても夏バテになりやすい犬、なりにくい犬などがいます。ダブルコートと言われる毛が二層構造になっている犬種はなりやすいとされており、代表的な犬種に

✔ウェルシュコーギー
✔ゴールデンレトリバー
✔ポメラニアン
✔シベリアンハスキー

などが挙げられます。
また、ダブルコート犬種だけでなく、

✔フレンチブルドッグ
✔シーズー
✔パグ

などの短頭種と言われる犬種も夏バテになりやすいので要注意です。

夏バテを防ぐためには、水分補給をしっかりさせる、散歩の時間を涼しい時間帯にずらすなど、様々な対策がありますので、暑くなってきましたらぜひ実践してください。

家庭でできる対策法はこちら!

上記で様々なドッグフードの食いつきが悪くなる理由をご紹介しましたが、もしも食いつきが悪くなってしまった場合、どのような対策法があるのかご紹介してまいります。

ご家庭で簡単にできる方法ばかりですので、今まさにその状態だというお家の方は、ぜひ今日にでも実践してみてくださいね!

散歩や遊ぶ量を増やす

ボールで遊ぶトイプードル

最初の理由でもお話しした通り、犬のフードへの食いつきが悪くなる1番の理由は、運動量と食事量が合っていないというものです。そのため、まずはいつもの散歩コースを少し長めに設定してみたり、1日に行く回数を1回増やしてみてはいかがでしょう。

他にも家の中で軽くボールを使って遊んであげたり、長めの棒のようなおもちゃ等を使って、引っ張り合いっこをすると軽い運動になります。また、時間がある方は近くの公園に連れて行ってあげると、思う存分走り回ることが出来るため、丁度良い運動量となりますよ!

フードを少し温めてから出す

ドッグフード

愛犬の食欲を増長させたいのであれば、フードを人肌くらいの温度に温めて食べさせてみるという方法もおススメです。人肌ですので、37度〜40度程度の温度に温めます。

なぜ温めてから与えると食欲が増長するのかと言いますと、人肌に温めることによって、フードの匂いが増すからです。犬の嗅覚というのは人間よりも遥かに優れた性能を持っています。したがって、匂いを強くすることで「いつもより美味しそうな匂い」と犬が思い、食欲が戻る可能性が高くなるのです。

またフードを食べない原因の1つとして、飼い主が思っている以上におやつを与えすぎている可能性というものも挙げられます。「ちょっとあげすぎているかな」と感じているのであれば、しばらくは水とドッグフードだけにしてみるのも1つの対策法です。

動物性たんぱく質高めのフードを与える

温めても食欲が戻らないのであれば、フード自体を替えてしまうというのも良いでしょう。それもただ違うフードを選ぶのではなく、動物性たんぱく質高めのフードに限定して選ぶようにしましょう。

なぜ動物性たんぱく質が高いドッグフードが良いのかと言いますと、犬は本来肉食動物ですので、穀物が多い食べ物よりも動物性たんぱく質の方が消化しやすく、栄養も吸収しやすいのです。

犬にも個体差があるため、穀物系の普通のドッグフードが好きな子もいますが、やはり動物性たんぱく質が高いフードの方が、好んで食べる子が多いです。

もちろん、いきなり100%新しいフードにしてしまうと訝しんで食べない可能性がありますので、前のフードを少量混ぜて与えると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。実は飼い主さんが気づいていないだけで、食欲低下の理由はわんちゃんによっても様々です。今回ご紹介した対策法を試してみて、まったく食欲が戻らないのであれば病院で診てもらうようにしましょう。


posted by しっぽ@にゅうす at 06:22 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

熊本県動物愛護センター飼育環境向上へ

読売新聞


犬や猫の殺処分ゼロを目指す県は、県動物愛護センター(熊本市東区)の職員増員や飼育スペース拡充など飼育環境の向上を図る方針を明らかにした。


 同センターは4月に県動物管理センターから名称変更し、積極的に保護した犬や猫を新たな飼い主に譲渡している。殺処分するのは感染症に罹患りかんしたり、人に危害を与える恐れがあったりする場合に限っている。

 態勢を強化するため、運営を委託する事業者が職員を3人増員できるよう予算措置するほか、犬の飼育スペースを広げる。さらに月1回だった譲渡会を月2回程度に増やす。

 県は関連費用として4300万円を今年度一般会計補正予算案に計上し、県議会定例会に提案している。「適正な飼育環境を整えるとともに、譲渡が進むよう啓発にも力を入れたい」としている。

2017年06月19日 Copyright c The Yomiuri Shimbun


posted by しっぽ@にゅうす at 07:20 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増える犬の認知症、猫も夜鳴きや徘徊

Yahoo! JAPAN


犬は「フレンドリー」だけど、猫は「ツンデレ」。猫好きにはたまらないその魅力が変わるかもしれない。人工増殖と給餌が野生を奪い、「犬っぽい猫」が増えているのだ。2017年は猫が犬の飼育頭数を上回る可能性が出てきた。猫ブームの勢いが止まらない中、ペットの世界に何が起きているのか。AERA 2017年6月19日号では、ペットを大特集。

 ペットの犬や猫の高齢化が進んでいる。だが、ターミナルケア(終末期医療)に取り組む動物病院はまだ少ない。ペットの“介護”とどう向き合うべきなのか。

*  *  *
 人間に「老人ホーム」があるように、ペットにも終のすみかがある。老犬介護情報サービス「老犬ケア」のウェブサイトには、全国30件の老犬ホームが掲載されている。預かり期間は1泊〜一生、料金は数千〜100万円以上など多岐にわたる。

 東京都大田区にある老犬・老猫ホーム「東京ペットホーム」に暮らす16歳の柴犬マリは、認知機能不全(認知症)の“要介護犬”だ。寝たきり状態で、首は反ってしまっている。食事の時間に店長の高橋あゆみさん(45)がマリを胸にかかえる。すると、前脚を宙に向けて動かし、「歩き」始めた。高橋さんが固形のフードを1粒ずつ口元に運ぶと、口をわずかに開けてかみ砕く。その様子からマリの生きようとする意志の強さが見てとれた。

「自力で食べようとする限り最後までそうさせます。脳の働きにつながるし、食事の時間が楽しみにもなります」(高橋さん)

 現在、同施設に毎日1件は問い合わせがある。飼い主の高齢化や転勤、結婚など、飼い主側の理由で依頼する人が8割だ。残りの2割は要介護や問題行動を起こすタイプとなっている。代表の渡部帝(あきら)さん(47)が言う。

「保健所でも里親でもなく、第3の選択肢として知っておいてもらえたら」

●以前より治療が的確に

 現在、国内外において犬猫の獣医学研究は発展途上にある。認知症のメカニズムの全容は科学的に証明されていない。だが、関内どうぶつクリニック獣医学博士・獣医師の小澤真希子さん(36)は2012年から4年間、東京大学大学院農学生命科学研究科で犬の認知症を研究し、犬の認知症はアルツハイマー病と異なることを突き止めた。アルツハイマー病の特徴の一つは老人斑という脳の病変だが、犬の老人斑は人間と比べて薄く、症状とは関連しないことを明らかにした。

「これまではアルツハイマー病と仮定して診察することもありました。今は以前より的確に治療ができています」(小澤さん)

 犬の場合、認知症の症状は明確だ。15〜17歳で夜鳴きや徘徊、壁の前で立ち尽くすなどの現象が起きることがある。一方、猫も夜鳴きや徘徊はするが、甲状腺ホルモンが多くなる甲状腺機能亢進症など別の病気の可能性もあり、「猫は認知症発症率が低いと言われていますが、まだきちんと研究されておらず、症候論(医師が診断する際の判断基準)が確立されていないというのが現状です」(小澤さん)

 現在、認知症の特効薬はないが、症状の緩和や予防は可能だ。例えば、足腰が弱い犬には滑りにくい床を提供するなど、環境改善が一つの対策となる。

「7歳以上の犬猫は年に2回の健康診断が理想です。飼い主との会話の中で、認知症の疑いが発見されることも」(小澤さん)

●少しの工夫でストレス減

 また、脳の働きに良いとされる成分を含んだフードやサプリメントの摂取という方法もある。

 Meiji Seikaファルマの犬用栄養補助食品「メイベットDC」は、ここ15年間売り上げが一定だ。動薬飼料部の吉見泰さん(53)は、「数週間続けると夜鳴きが減ったという声も聞く」と言う。

 吉見さん宅にも最近まで老犬がいたそうだ。家具の配置換えなどを行って、隙間へ入り込まないよう対策をしていたという。また、数枚の風呂用マットで丸く囲いを作って、その中で老犬に安全に過ごしてもらう方法などもあるとアドバイスする。少しの工夫で人間も動物もストレスを少なく共生することが可能になる。(編集部・小野ヒデコ、朝日新聞sippo・藤村かおり)

※AERA 2017年6月19日号


posted by しっぽ@にゅうす at 07:19 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫よりお勧め!「犬」がもたらす凄い健康効果

東洋経済


最近、テレビや雑誌などでペットの健康効果が特集されるようになった。犬や猫などペットと触れ合うことが、心身の健康にいい影響を与えるというのだ。30年以上にわたりペット業界で活躍してきた橋長誠司氏によると、現在人気の猫ちゃんよりも、ワンちゃんが高齢者の健康増進に役立つという。
このたび、『一流犬をつくる最強の食事法』を上梓した橋長氏に、ワンちゃんが高齢者に与える健康効果について語っていただいた。
ワンちゃんを飼うと健康寿命が延びる!?


『一流犬をつくる最強の食事法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)
先日の『週刊文春』(6月8日号)で「ペットを飼えば健康長寿!」という特集をやっていました。犬や猫などペットの健康効果について私どもはよく認識しておりましたが、一般週刊誌でもこのような特集を組むようになったのかと感慨深いものがありました。

超高齢化社会を迎え、ペットの高齢者への健康効果について、ますます関心が高まっていくことでしょう。

健康へのよい影響というと、ペット全般に当てはまることでしょうが、こと高齢者にとっては、猫ちゃんよりもワンちゃんがおすすめだと思います。散歩の必要から飼い主の運動量が増えますし、猫以上に世話を焼かなければいけないことが“やりがい”に結びつき、心の健康を増進すると思うからです。

現在、ペットフード協会の名誉会長で、日本ヘルスケア協会の理事でもある越村義雄氏もこう言っています。

「私がペットフード協会会長だった時代に行った調査では、興味深いデータが出ました。『犬と暮らし、犬と散歩に行く人』は『ペットと暮らしていない人』と比較したとき、健康寿命が男性で0.44歳、女性で2.79歳も長かったのです。

特に女性で健康寿命が大きく延びている理由は、高齢の女性に多い関節炎などが、犬との散歩で予防できるからだと推測されています」

「また、ペットと暮らして健康効果が出れば、病院へ行く回数が減りますし、医療費の削減も期待できます」(越村氏)

今後は、こうした高齢者の健康面からも、ワンちゃんを飼うことが見直されるのではと思います。

ペットとの触れ合いで分泌される「幸せホルモン」

実は、犬が高齢者の健康にいい影響を与えることは、欧米社会ではすでによく知られていて、多くの医療機関などでその効果の利用が進んでいます。

日本でも、老人ホームに犬を派遣して、お年寄りと犬との触れ合いの場を提供するような試みが行われています。それまではニコリともしなかったお年寄りが、犬を抱っこすると表情が変わり、感情が生き生きしてくるそうです。

実際、ペットが高齢者の精神にいい影響を与えるという研究が報告されています。麻布大学などによる調査では、ペットと目を合わせたりなでたりすることで、「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンが飼い主に分泌されることが明らかになっているそうです。

こうした、動物によるいい効果を利用することをアニマルセラピーと呼びますが、日本ではまだまだ社会的な認知が広まっていません。

日本でワンちゃんによるアニマルセラピーを提供している株式会社ピーリンクの社長・藤森隆一氏は、現在の状況についてこう話してくれました。

「日本ではまだまだアニマルセラピーの知名度が低く、実績も少ないので、高齢者施設などでアニマルセラピーが実施されるケースは多くありません。

でも、高齢化がどんどん進行している日本でアニマルセラピーの有用性が理解されれば、現在、直面しているさまざまな問題を解決する一助となるはずです」

そして、アニマルセラピーは、高齢者問題について具体的にどのような効果を期待できるのか、藤森氏は詳しく説明してくれました。

「高齢者施設においては、刺激が少ないことや活動が制限されることなどから、入居者の社会性が低下し、抑うつ状態を招いたり、認知症が悪化したり、暴力や暴言が増えたりなどの問題が起こっています。

ところが、アニマルセラピーを実施すると、入居者にとって精神的にも身体的にも良い刺激となり、これらの問題が改善されていく傾向があるのです。

実際、弊社が実施しているアニマルセラピーのひとつ、『ペットシェア』によって、施設のスタッフから具体的な効果があったと喜ばれています」

高齢者施設からは次のような感想が寄せられているそうです。

●普段笑わない人が犬と触れ合うことで笑顔になった。
●口数の少ない人が犬にたくさん話しかけていた。
●犬が来ると施設内が明るくなる。
●入居者とスタッフに親近感が出た。
「このように、アニマルセラピーは高齢者施設の問題の解決に役立ちます。ぜひ、日本社会全体に広く理解が広がってほしいものです」

と藤森氏は語っています。

認知症の予防・改善も期待できる

高齢者と犬との触れ合いによる効果を、箇条書きにしてみます。

@生理的・身体的効用
・犬に話しかけたり、犬を話題として周囲の人と会話することにより、発語が増える。
・犬をなでたり、食事を与えたり、散歩をさせたりすることにより、運動量が増える。
・犬と触れ合うことにより、ドーパミンやβエンドルフィンなどの神経物質が分泌される。
・これらにより、認知症の予防や改善が期待できる。また、リラックス効果や、運動機能の改善、血圧の低下、ストレスの軽減、筋力維持が期待できる。

A心理的効用
・「世話をされている」という自己認識から、「役に立っている」あるいは「何かしてあげたい」という意識へと変わることで、自尊心が向上し、自発活動が増える。
・「犬に触れたい」という動機づけから、うつ症状や無気力、暴力などが改善される。

B社会的効用
・犬を通じて会話が増えることにより社交性が出る。関心対象も増える。
・高齢者施設などにおいては、他の入居者やスタッフへの親近感が増す。
・犬といることにより孤独感が軽減する。
・日々の犬の散歩などにより、定期的な生活習慣が身に付く。


以上のように、ワンちゃんと高齢者が触れ合うことの効用は大きく、超高齢化時代の日本では、アニマルセラピーには大きな可能性が開けているのです。

実は私自身、チワワの7歳のオスのワンちゃんを飼っているのですが、毎朝、散歩に連れていくと、高齢者の方々が愛犬とともに元気に散歩をされているのをよく見掛けます。“ワンちゃん友達”との交流も楽しんでおられるようです。

その姿を目にしながら、愛犬と仲良く過ごし、散歩仲間とのコミュニケーションを深めることで、健康寿命を少しでも延ばしていただけたらいいなと思っています。

なお、高齢者の方がワンちゃんを飼う場合、運動量が少なく扱いやすい小型犬がおすすめです。エサ代もさほどかかりません。トイプードルなどは賢いですし、特にいいのではないでしょうか。

食事については、前回(「愛犬を『可哀想なワンちゃん』にしない食事法」)ご紹介したようなことを守っていただければ、そんなに難しいこともなく、健康なワンちゃんを育てられるはずです。

現在日本では、犬の飼育数が低下傾向にありますが、こうした高齢者視点からも、社会全体でワンちゃんを飼うことの意義を見直していただきたいと願っております。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:06 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする