動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年12月05日

原っぱで犬を放して散歩 逮捕・立件されるケースも

Yahoo! JAPAN



今年4月、池袋で旧通産省工業技術院の元院長(88)が起こした交通事故は、母娘が犠牲になったにもかかわらず、送検まで半年かかり「『上級国民』だから逮捕されないのか」と話題になった。しかし実際、一般市民でも全く同じようなことをしているのに“逮捕される”“されない”が分かれる場合がある。その微妙な『境界線』とは──犬の散歩で「係留義務違反」の罪に問われた男性のケースを紹介する。

 2018年11月、宮城県警は「飼い犬2匹をリード無しで散歩させた」として、県動物愛護条例違反(飼い犬の係留義務)の疑いで当時34歳の男を逮捕した。同条例は2001年に施行されたが、係留義務違反容疑での逮捕は初めてだった。往来を散歩中、あるいは広い河川敷などで犬を放している場面を目にすることは実際にあるが、それらの行為はすべて法律違反で、見つかれば逮捕、となるのだろうか。元検事で弁護士の田中喜代重氏が解説する。

「条例で係留義務が定められているとはいえ、原っぱで犬を放した人がいきなり逮捕・立件されることはないでしょう。逮捕されたケースでは、その1年前に『放し飼い中その犬に噛まれた』という相談が警察に寄せられていた。逮捕に至ったのは、条例に違反しかつ他人に害を及ぼす『他害行為』の疑いがあったからです。状況によっては傷害罪もあり得る」

 飼い犬がリード無しでも散歩や外出ができる“いい子”だとしても、他人に噛み付いたが最後、条例違反に問われることは必至だ。

※週刊ポスト2019年12月13日号
posted by しっぽ@にゅうす at 08:04 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シベリアの永久凍土で子犬発見 1万8000年氷漬け、被毛も完全

Yahoo! JAPAN



[3日 ロイター] - シベリアの永久凍土から発見された1万8000年前に死んだと見られるイヌ科動物の子どもが公開された。

保存状態は極めて良く、イヌかオオカミかは今後の分析待ちだが、ロシアの科学者によると、世界最古のイヌの可能性がある。

科学者らが公開したこの遺骸には被毛、筋肉などの軟部組織、乳歯、まつ毛がそのまま残っていた。ただ、これはイヌなのか、それともオオカミなのかは、さらなる分析が必要だという。

ヤクーツクにあるマンモス博物館の展示責任者、セルゲイ・ヒョードロフ氏は「永久凍土層の状態からみて、死んだのは100―200年前かもしれなかったが、ストックホルムの研究所で放射性炭素の分析をしたところ、1万8000年前に死んだものだと分かった」と説明した。

研究者らは、「ドゴール」と名付けられたこの子どもは生後2カ月だったと考えている。

ヤクーツクでは近年、ケブカサイやホラアナライオンの赤ちゃんなどが永久凍土から発見された。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:03 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

自然界には存在しない12月〜2月生まれの猫 発情期を悪用するブリーダー


Yahoo! JAPAN


毎日、SNSでは猫が溢れていて、キラキラしています。スポットライトが当たれば、当たるほど、闇が深いことを意味します。「いいね」を押した猫は、ペットショップから来ているかもしれません。冬場に、明るく照らさせたショーケースに並んだ子猫がいると、胸が痛くなります。子猫が、遊郭で客引きをしているように見えるからです。猫は、本来、冬の日照時間と合わせて、暗いところで過ごす動物。猫の発情は、日照時間と関係があるからです。「あなたは何座ですか」と女子は、挨拶代わりに星座を尋ねます。人は1年中、生まれるので毎日誕生日があるという前提だからできる質問です。猫は元来、自然のままだと、3月から11月生まれしかいないのです。つまり12月から2月は子供が生まれない動物だったのです。現実は、子猫は、365日の間、ショートケーキのようにショーウインドーに並んでいます。今日は「猫の繁殖、悪徳ブリーダー」について考えましょう。

江戸(元禄)時代の猫の恋
「古池や 蛙(かわず)飛び込む 水の音」で有名な松尾芭蕉は、猫の俳句を詠んでいます。以下です。

「猫の恋やむとき閨(ねや)の朧月(おぼろづき)」

この句は(猫の発情期の声は、赤ちゃんが泣いているような声ですが、それが聞こえていましたが、いまはやんで、静かになっています。寝室に朧月が差し込んできて、何となく人恋しくなる春の夜です)というような意味です。

「朧月」も春の季語なのですが、「猫の恋」も春の季語なのです。猫って、一年中、発情中ではないの?という飼い主もいらっしゃると思います。それだと「猫の恋」は季語にならないです。江戸時代は、猫の発情は、春だけだったのです。なぜ、いまの時代の猫は、1年中発情しているか、次に考えましょう。

星占いできない猫の発情
人の月経周期は、約1か月なので、猫も同じ様に時間で刻んでいると思われているかもしれませんが、猫は季節繁殖動物で、一定の季節に繁殖活動を行う動物なのです。同じ季節繁殖動物は馬もです(後述しています)。

長日性季節繁殖動物と呼ばれて「日照時間」が長くなるとメス猫が発情するのです。

避妊手術をしていない猫を観察していると、わかると思いますが、月一度の発情でなく、何回も来ています。人のように、膣から血のような成分が排泄されないので、人には、発情がわかりにくいのです。以下です。

・懐く。

・クネクネする。

・懸命に家出を試みる。

・近寄ってくる。

・オス猫が寄ってくる。

飼い主には、わかりにくいですが、猫同士ではすぐわかるようです。

猫の発情の時期
日照時間が伸びた1月から9月ぐらいが、猫の発情期になるのです。猫の妊娠期間は、2か月少しなので、暖かい時期に子育てなのでいいのでしょうね。2か月の妊娠期間を経て、3月生まれから11月生まれるになるわけです。星座でいえば、牡羊座から蠍座で、射手座、やぎ座、水瓶座はいないはずなのです。でも現実問題、1年中、子猫は産まれています。

ではなぜ、一年中子猫がいるのかを考えます。

猫の発情期を「悪用」する繁殖業者
日照時間をコントロールすれば、猫は何回も発情を迎えて子猫を生むことができます。つまり年間を通して人為的に照明の光を長時間浴びせ、何度も発情が起こして、オス猫と交配した刺激で排卵する動物(交尾排卵動物、交尾の刺激で排卵する)なので子猫を産めるわけです。年に3回ぐらい産めます。

この猫の性周期を悪用したブリーダーは、人工的に照明を長く浴びせて(1日8時間以下だと発情が来ないので、12時間以上の光を浴びせる)、年に何度も繁殖させているのです。人気の猫種は「高値で売れるうちに」繁殖の回数を増やします。母猫の体は、ボロボロになっていきます。母猫が、ずっと哺乳をしていると、次の発情が来ないので、最低限の日数で子猫を放します。こうなると、まだ母親のぬくもりが欲しい子猫の精神面にも影響をきたします(ウールサッキング)。血統書付きの猫で、12月から2月生まれの子、いて座、やぎ座、水瓶座の子は、このような問題を孕んでいるわけなのです。もちろん、良質なブリーダーは、年に1回しか繁殖させません。

猫の遺伝性疾患
このように悪徳ブリーダーによって、多発情を人工的に起こされて、多く子猫を産まされているわけですが、猫にも遺伝的疾患があります。

・赤血球ピルビン酸キナーゼ(PK)欠損症

 貧血になります。効果的な治療法がないため、4歳ぐらいで亡くなる子が多い。血液検査でわかります。

 (なりやすい猫種)ソマリ、アビシニアン、シンガプーラー

・多発性嚢胞腎(PKD)

 左右の腎臓に嚢胞ができます。初期は無症状で、だんだんと腎不全の症状がでます。血液検査や画像診断でわかります。

 (なりやすい猫種)ペルシャ、スコティシュフォールド、アメリカンショートヘア

・骨軟骨形成不全症

 四肢に骨瘤ができて、足をひきずって歩きます。

 (なりやすい猫種)スコティシュフォールド

このような猫の遺伝子検査もしっかりして繁殖をしてもらいたいものです。

星占いできない馬の発情
猫と同じ仲間は、馬です。

馬も季節繁殖動物で、日が長くなると、発情を迎えるのです。大学時代、サラブレッドの実習に行きたい学生は「絶対に春に行くな」という鉄則がありました。それは、春が出産のシーズンで忙しく、学生に教える時間などないからです。サラブレッドは、何千万円もする高価な動物なので、よくわかっていない獣医学生が来ると足手まといだからです。

馬の発情期は春で、妊娠期間は、340日で約1年です。だから春に交配して、春に生まれるので、誕生日は春になります。JRAの発表によりますと、サラブレッドの誕生日は、3月、4月が一番多く、そして、7月から12月までは、(外国産馬を除いて)誕生月の馬はいません(2017年1月23日現在)。

馬は猫のように悪徳ブリーダーが人工的に照明をつけて、1年中、発情期をさせていることはないので、夏生まれのサラブレッドがいないのです。

おまけ 星占いができる犬の発情
犬は、毎日、生まれることができる動物(星占いができる)です。猫や馬のように、季節繁殖動物ではなく、性成熟すると、約半年に1回、発情がきます。猫と違い、交尾をしなくても自然に排卵します。

まとめ
猫を飼っていると、ついつい人と同じと考えがちですが、このように動物の種によって性周期は違うのです。種によって、それぞれの都合というものがあるのです。猫は人と暮らして、一年中不夜城な空間で、暮らすことを強いられています。避妊手術をしていない猫は、日照時間が長くなるので、いつでも生まれることは可能です。

消費者であるあなたが、ペットショップで子猫を飼った結果、1年中、蛍光灯を12時間以上浴びて、キトンミル(子猫を産ますために、メス猫を子猫を産む機械のように繁殖させる意味)みたいな飼い方をしているブリーダーを生む状況になっていることを知って欲しい。猫をこのように使うとボロボロになり、病気になります。猫がブームということは、ペットショップで衝動買いに走り、安易な飼育放棄になりやすく、猫の殺処分は、依然として高く42,784頭(2017年度、全国自治体 環境省調べ)です。

JRAのサラブレッドのように、春〜秋生まれの子猫しかいないようになりますように。人の都合で、人工的に妊娠、出産を強いられる母猫が少しでも減りますように。ペットショップで、子猫を求めることは、愛護の精神から反していていることが、もっと浸透しますように。一般の飼い主に、これらのことをしっかり理解して、猫と楽しく時間を共にしていただきたいものです。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫が飼い主をたっぷり困らせるための10の方法

ダイヤモンドオンライン



世界28の言語で翻訳された全仏ベストセラーシリーズ最新刊の日本語版『猫は気まぐれに幸せをくれる』が刊行されました。
寝たいだけ寝て、暇さえあれば物思いにふけり、嫌いな奴が来たら姿をくらませる。飼い主をたっぷり困らせたかと思うと、欲しいものがある時だけ従順なフリをして、実は猫のほうが飼い主を選んでいる……15年間、どんな時でもそばにいてくれた愛猫に教わった、もっと楽しく快適に生きる秘訣を『猫は気まぐれに幸せをくれる』から一部抜粋・再編集してお送りします。


Photo: Adobe Stock
猫は飼い主が困ることを知っている?
 面白いから飼い主を困らせる方法シリーズ、今回は猫がどれほど飼い主を困らせるのに長けているか説明しよう。とにかく面白いことはやる。
 詩人のパム・ブラウンが言うように、
「猫はどこに座ったらいちばん邪魔になるか、数学的にきっちり割り出せる」。
 確かにそうだ。

【その1】
 足に触れるところにあるカギやペン、携帯などはすべて「偶発的に」落ちる対象となる。
 猫は落下の原因を作りながら飼い主の目を愛おしそうに見つめるのである。

【その2】
 飼い主を遊びに誘う絶好の時間は、朝の三〜五時である。
 寝室のドアが閉まっていたら、その前でニャーニャー鳴けばいいし、開いていたら鼻の上に飛び乗ってやればいい。

【その3】
 いかなる部屋においても、いちばんいい場所は次の二つの特徴をもつ。
 猫専用の場所で、かつ飼い主が毎日使うところ。猫の邪魔をして悪いと思わせるためだ。

【その4】
 名前を呼ばれれば呼ばれるほど返事はしない。鉄則だ。

【その5】
 飼い主がモフりたいと思ったら、そっと姿を消すが、そうでない時にはすり寄ってゆく。

【その6】
 テーブルの上には飼い主が見てさえいなければ必ず何かごちそうがあるものだ。

【その7】
 猫が伸びをする時は、廊下の幅やドアのすき間の長さにぴったり合わせることができる。
 人が通行するのに最大限の邪魔となるように。


【その8】
 飼い主が猫をバカにした時には、どれだけバカにされたかでやり返すまでの時間と内容が決まる。
 場合によっては数週間後にやり返すこともあるのだ。

【その9】
 飼い主がいるなら、何もすることはない。
 どんなことでもニャーとひと鳴きして頼めばいいのだから。
 偉大な猫の師匠が「鳴き続ければ、飼い主はうんざりして必ず折れる」と言ったではないか。

【その10】
 そもそも命令など従う気はまったくないので、飼い主が言えば言うほど聞こえなくなる。

ステファン・ガルニエによる、全仏ベストセラーとなったシリーズ最新刊。
『猫は気まぐれに幸せを語る』
暇さえあれば物思いにふけり、嫌いな奴が来たら姿をくらませて、時には飼い主をたっぷり困らせ、欲しいものを手に入れたい時だけ従順なふりをし、実は猫のほうが飼い主を選んでいる…15年間、いい時も悪い時もそばにいてくれた愛猫が教えてくれた、もっと楽しく快適に生きる方法。猫と暮らすと、幸せがやってくる理由がわかります!

シリーズ前作『猫はためらわずにノンと言う』も好評発売中です!
フランスの各誌メディアで話題! 世界28の言語で翻訳された全仏ベストセラーの日本語版。猫があなたに伝えたい、自分らしく生きるコツ。猫を飼っている人、猫好きな人なら必ず思い当たる、「ある、ある」な猫のしぐさや行動の謎が解けるかも。あなたの猫指数がわかるテスト付き。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:52 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベテラン猫飼い主が告白! 猫の「健康管理」での失敗エピソード5選

Yahoo! JAPAN



猫を飼っていると、お世話の仕方などで誰でも1つや2つは「しくじりエピソード」があるはず。今回は、ベテラン飼い主さんが実際にしてしまった「猫の健康管理でのしくじり」エピソードを集めてみました! そのときに飼い主さんが本当はどうするべきだったのか、獣医師のアドバイスもあわせてチェックしてみてください。

ベテラン猫飼い主が告白! 猫の「健康管理」での失敗エピソード5選
猫の健康管理をしくじった飼い主さん
しくじり体験談1:下痢が続いたのに様子見…
「下痢が続いたのに、様子を見てしまった…結果、何日も下痢の状態で苦しませてしまった…」(兵庫県 Kさん)

先生からのアドバイス「様子見はせずに、可能な限り早めの受診を!」
愛猫が下痢のときは1日、遅くとも2日以内の受診を。長く放置すると体力を消耗し、子猫や体力の落ちた猫は命を落とすこともあります。
下痢の原因は、食べ過ぎや、誤食による中毒反応などさまざまなものがあり、それぞれの原因に合わせた治療をすることが大切になります。

今回紹介した飼い主さんは、愛猫の下痢を様子見してしまったようですが、下痢以外にも即受診が必要なケースがあります。

■原因が思い当たらないのに吐く
嘔吐を繰り返し1日に何度も吐いていたら、一刻も早く受診を! どんな原因であっても猫の体力消費が激しく、最悪の場合は3日程度で命を落としてしまうことも。

■いつもと比べて様子がおかしい
「これくらいなら大丈夫だろう」という飼い主さんの思い込みで、取り返しのつかない状態になってしまうことも。たとえ些細な異変であっても、迷ったら動物病院へ連れていくことを選んでください。

■誤食した
猫が誤食したときは、便から出るのを待たずに受診しましょう。飲み込んだものが消化器内に留まってしまうと、開腹・内視鏡手術など、猫の心身に負担がかかる治療が必要になってしまうことも。

ベテラン猫飼い主が告白! 猫の「健康管理」での失敗エピソード5選
トイレをする猫
しくじり体験談2:キラキラ光るオシッコが出ていたのに様子見で…
「キラキラ光るオシッコが出ていたのに、周りのベテラン飼い主さんに気にし過ぎと言われ、その判断を信じてしまった…結果、尿路結石ができかけていました」(宮城県 Nさん)

先生からのアドバイス「周りの意見に流されず、違和感を覚えたら受診を」
猫には個体差があるため、どんなに猫を飼った経験のある飼い主さんの意見でも、自分の愛猫に当てはまるとは限りません。もし愛猫の様子に違和感を覚えたら、専門家である獣医師に指示を仰いでください。

■トイレにキラキラしたものがあったら、尿の結晶かも
尿石症の症状として、結石になる前の結晶が尿に交じることがあります。その場合、ペットシーツやトイレ砂がキラキラ光って見えることも。

しくじり体験談3:愛猫の持病があるのに、定期検診を受けずにいたら…
「老猫で持病があった愛猫。引っ越しでかかりつけだった動物病院が遠くなり、新しい動物病院が決められず定期検診を受けずにいた…結果、異変に気づいた頃には持病が悪化していました」(京都府 Wさん)

先生からのアドバイス「引っ越し前に、新しい動物病院を探しておけばよかったですね…」
遠距離へ引っ越しがある場合は、引越し先のどこに動物病院があるのかあらかじめ下調べしておくといいですね。また、調べるときは、どんな分野が得意な先生がいるのかを調べておくといいでしょう。

動物病院を探すとき、次のようにリサーチしてみてください。

■引越し先のご近所さんに聞く
現在のかかりつけ獣医師や、もし可能であれば引越し先の周辺に住んでいる人に、おすすめの動物病院の雰囲気を教えてもらうといいでしょう。

■ネットなどで調べる
引っ越し先近くの動物病院をネットで調べて、それぞれどんな分野が得意な先生がいるのかを知っておくと、いざというときに慌てずに対処できるでしょう。

ベテラン猫飼い主が告白! 猫の「健康管理」での失敗エピソード5選
車に乗る猫
しくじり体験談4:車慣れしていない猫を車に乗せるのがかわいそうで、通院をしぶってしまい…
「吐くのが気になっていたものの、車慣れしていない猫を車に乗せるのがかわいそうで通院をしぶってしまった…結果、病気が進行してしまった」(山口県 Sさん)

先生からのアドバイス「病気が進行するほうがかわいそうです!」
先述したように、繰り返しの嘔吐は危険です。もし猫が嫌がっていても早急に受診して。また、猫は基本的に車酔いしないので、車に乗って吐いてしまう場合は、ストレスなど別の要因が考えられます。受診以外のときでも車に乗せるなどして、猫を車内に慣れさせるといいでしょう。

猫を車に慣れさせるときのポイントはまず、キャリーケースに猫を入れて、車の中に連れて行きます。その後、運転はせずに、車内で猫におやつを与えるなど繰り返して、車内=「いいことがある場所」だと猫に認識させましょう。猫が緊張せずにいつもと変わらない様子になったら、そのまま車で近くまで移動してみましょう。


しくじり体験談5:去勢手術をするのが遅くなり、あちこちにマーキングを…
「しようしようと思っているうちに、去勢手術をするのが遅くなってしまった…結果、あちこちにマーキングするクセが…」(群馬県 Eさん)

先生からのアドバイス「去勢手術をしていてもマーキングすることはあります」
オスの去勢手術は、生後6カ月頃に行うのがベストです。飼い始めのときに獣医師に手術のタイミングを相談しておといいでしょう。しかし、すでにマーキングするクセがついている場合は、手術後でもすることがあります。

「ちょっと様子を見てみようかな」と待っていると、重い病気を見逃してしまうことにも繋がりやすいです。もし違和感や気になることがある場合は、すぐに動物病院へ行くようにしましょう!

参考/「ねこのきもち」2019年6月号『お世話から接し方まで 防ぎたい先輩の失敗、集めました しくじり飼い主の告白』
(監修:埼玉県日高市のノヤ動物病院院長 野矢雅彦先生)
イラスト/二階堂ちはる
文/sorami

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:50 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人とコミュニケーションをとるのが上手な犬の特徴6選

Yahoo! JAPAN


1.アイコンタクトができる

アイコンタクトとは?
アイコンタクトとは、犬と飼い主さんが目と目を合わせることを言います。けれども、ただ、目を合わせるだけでなく、飼い主さんを見ることで、飼い主さんに注目し、飼い主さんから出る指示に対して集中させることを目的としています。

アイコンタクトができる犬の特徴
完璧なアイコンタクトができる犬は、飼い主さんに対して、絶対的に服従し、深く、強く飼い主さんを信頼しています。それだけ飼い主さんと強い絆を持っている、と言うことは人間である飼い主さんから深い愛情を注がれて生きている証と言えます。

2.明るい性格で奇心が旺盛

明るい性格の犬の行動と特徴
常に目がキラキラと輝いていて、口角が上がっています。また、足取りも軽やかでしっぽがぴんと上がっていて、遊びが大好きです。

好奇心が旺盛な犬の行動と特徴
新しい場所に連れていかれても物おじせず、怯えることもありません。

愛犬の性格は、飼い主さんの性格に似る?
アメリカの心理学者、ウィリアムJチョピク氏の研究によって、飼い主と愛犬の性格はとても良く似る、という研究結果が出ています。
つまり、明るい性格で社交的な飼い主さんに飼われている犬は明るい性格で社交的で、神経質な飼い主さんに飼われている犬はやはり神経質である、というのです。

例えば、ドッグランなどで他の犬と上手に遊べる犬や、仲間に入れない犬を上手に誘ってくれるような犬の飼い主さんは、人当たりがよく話しかけやすい雰囲気を持っている人が多いように感じます。

3.カーミングシグナルが豊富

カーミングシグナルとは
カーミングシグナルとは、英語表記で「Calming Signal」です。この「Calming」とは「落ち着かせる」という意味で、signalは、「信号、合図」と言う意味です。このカーミングシグナルは、犬が「自分を落ち着かせる」「相手を落ち着かせる」「敵意がないことを示す」ときにする行動で、犬同士がコミュニケーションを交わすときに見られます。

犬同士のコミュニケーションも上手
犬と人間は、言葉では意思を交わしあうことはできませんが、犬同士でなら上手にコミュニケーションが取れているはずです。人と上手にコミュニケーションを取れる犬は、おそらく、私たち人間にもたくさんの感情を伝えようとしていることでしょう。そして、私たち人間の意志も感じ取れる能力にも長けているはずです。

4.体に触られるのを嫌がらない

撫でられるのが大好き
人と上手にコミュニケーションが取れる犬は、人に撫でてもらうのも大好きです。

拒絶したいときもさりげなく上手にかわす
人と上手にコミュニケーションを取れる犬は、いくら撫でてもらうのが好きでも、「もう十分撫でてもらいました」と判断したり、何となく触られたくない場所を触られたりしても、吠えたり、唸ったりしません。すっと体を引くなどして、さりげなく上手に嫌なことから逃げることができます。

5.恐怖心、警戒心が薄い

恐怖心が薄い
雷やトラックの音などがしても、あまり動じず、おおらかです。見たことがないモノや動物、知らない人が近寄ってきても、敵意があるかどうかを判断できる知能があるため、あまり怖がりません。

6.警戒心が薄い
自分に対して、笑顔で好意的に接してくれる人間かどうかを判断できるため、人に対してむやみに警戒心を持ちません。

犬以外の動物にも興味を持つ

猫、馬、鳥とも友好的なコミュニケーションを取ろうとする
好奇心が旺盛で、犬と人間と上手にコミュニケーションが取れる自覚があるので、自分と比べて体の大きさに差異がある動物に対しても興味を持ちます。猟犬の血が入っている系統の犬種の場合、鳥などを見れば追いかけたり、捕えたりしたくなる衝動に駆られることがありますが、人と上手にコミュニケーションが取れる能力がある犬の場合、もともとの性格がおだやかであるとともに、飼い主さんが上手にその本能による衝動を抑えているため、ハムスターやインコなどとも仲良く生活できることもあります。

人間の子供にも友好的に接することができる
子供の甲高い声や、突然走り出したりする行動が苦手で、人間の大人には懐くけれど、人間の子供は苦手…という犬は多いと思います。けれども、人と上手にコミュニケーションを取れる犬は人間が大好きなので、子供の声や突飛な行動も気にせず、友好的に接することができます。もちろん、子供に多少乱暴に扱われても怒りません。

まとめ

人間にも人と上手にコミュニケーションを取れる人と、人とコミュニケーションを取るのが苦手、という人がいます。人間の場合は、自分自身で性格を変える努力をすれば、人とコミュニケーションを取るのが苦手な人でも、問題を解決することができます。けれども、犬の場合は訓練やトレーニングで「人を怖がらない犬」にすることはできても、生まれ持った性格を根本から変えることはできません。

どんな人とでも上手にコミュニケーションを取れる犬と言うのは、明るくおおらかな性格を持って生まれてきて、さらに愛情いっぱいに飼い主さんに育てられて、人間から危害を加えられたことが一切なく、とにかく人間と仲良くしたい犬、ということが言えそうです。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:47 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫が許しがたいと感じている飼い主の習慣5つ


Yahoo! JAPAN



1. いつも留守にする

「いつもいないにゃ…」留守番の多い猫は、そんなことを思っているかもしれません。孤独に強いと思われがちな猫ですが、飼い主さんとの時間を望んでいるのです。

「1匹でも大丈夫だよね?」とそんな誤解をせず、猫との時間を増やしてあげましょう。あんなクールな顔をしていますが、本当は飼い主さんに甘えたいと思っているのです。

ずっと一緒にいることは不可能でも、せめてできる限りの時間をとって、猫と過ごしてあげてください。

2. 大声をあげる

日常生活でそこまで大声をあげることは少ないでしょうが、例えばスポーツ観戦で大声で応援したり、大声で笑ったりすることが、猫にはストレスになっているかも…。

猫は大きな音が苦手なので、飼い主さんがあげる大声にきっとビビっています。夢中になっているとついつい、猫の存在が意識から飛んでしまいますが、少し猫のことにも配慮してあげてください。

特にビビりな性格の猫は、飼い主さんの大声が鳴り響く度に、ビクッと体を縮こませています。なるべく気を付けてあげましょう。

3. 不規則な生活

ついつい乱れがちな、生活リズム。でも猫は、体内時計がしっかりあるので、飼い主さんの乱れた生活リズムを迷惑に感じているかも。猫のリズムを乱さないよう、猫が寝ている時はなるべく音を立てない、明かりを消すなどしてあげてください。

猫は1日のほとんどを寝て過ごしていますが、その内数時間は熟睡タイムです。特にこの熟睡タイムを邪魔されてしまうと、寝不足になってしまう可能性も。

猫の健康を害さないよう注意しましょう。もちろん、飼い主さんの健康の為にも、生活リズムを整えることも大切です。

4. 他のものに集中する

猫を見ず、テレビやスマホばかり見ていませんか?そんな飼い主さんの姿に猫は寂しさを感じている場合もあります。

テレビやスマホも良いですが、猫がいる時は猫のこともちゃんと見てあげてください。猫とのスキンシップはお互いに幸せホルモンが分泌されるので、テレビやスマホよりも多くの幸せを与えてくれるかもしれません。

特に猫が構って欲しげに寄ってきた時は、猫に集中してあげると良いでしょう。

5. おやつを制限する

「あんなに美味しくて大好きにゃのに、どしてくれにゃいの?」と、おやつを制限してしまう飼い主さんは許しがたいにゃ…と思っているかも。

ですが、いくら猫が好きでも、おやつを無制限に与えるのは絶対に良くありません。猫の肥満の原因ともなりますし、栄養バランスが狂ってしまいます。

ここは猫が許してくれなくても、死守するポイントです。おやつはほどほどに、おやつ分のカロリーは食事から差し引くようにして、猫の体重管理をしっかり行ってゆきましょう。

まとめ

猫はストレスに弱いので、なるべくストレスをかけない生活を心がけなければいけません。悶々と不満を溜められているのは、とっても怖いですし猫にとっても良くありません。

十分気をつけてあげることに越したことはありませんので、配慮して行きましょう!
posted by しっぽ@にゅうす at 09:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする