動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年07月18日

【行動・トイレ編】獣医師が危ないと判断する、愛猫の「いつもと違う」

Yahoo! JAPAN



愛猫の様子を見ていると、受診すべきなのか悩む、ちょっとした「あれ?」がありますよね。今回は飼い主さんが気付いた行動と排泄の異変に、獣医師が「要受診」と判断した症例を紹介します。

【行動・トイレ編】獣医師が危ないと判断する、愛猫の「いつもと違う」
イラスト/齊藤マミ
猫がお腹をなめ続けています。 どうやら毛も抜けてハゲているようで心配です
皮膚炎や ストレスの可能性が 猫が同じ部分をなめ続けるのは、皮膚炎やストレス、膀胱炎、便秘などが原因と考えられます。 皮膚炎の場合は、皮膚に赤いポ ツポツができるなどの症状が出ていることが多いので、見当たる場合は、悪化する前に受診を。ストレスの場合は、全身をなめることが多いです

【行動・トイレ編】獣医師が危ないと判断する、愛猫の「いつもと違う」
イラスト/齊藤マミ
誰もいない部屋で大きな声で鳴くことが。ストレスでしょうか…?
「猫がストレスで鳴くことはまれ。シニア猫なら注意が必要」
猫は発情などで鳴くことはあっても、ストレスを感じて鳴くことは少ないです。春や秋などの発情期以外の季節に 何度も鳴く、またはシニア猫の場合は、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)の恐れがあるので、 受診して。「わぉ〜ん」とうめくように 鳴き続ける場合は認知症の可能性も。

【行動・トイレ編】獣医師が危ないと判断する、愛猫の「いつもと違う」
イラスト/齊藤マミ
排便後、お尻を床にこすり付ける 行動は治せますか?
「ウンチが出にくい便秘症かも?  」
療法食で改善も可能この行動はウンチが硬くて出きっていない、もしくは軟らか過ぎる場合 に見られます。この行動 が繰り返し見られるようなら、便秘症の恐れがあるので、療法食で様子を 見たほうがよいでしょう。そのほかに肛門腺がたまっている可能性もあるので、心配なら受診を。

【行動・トイレ編】獣医師が危ないと判断する、愛猫の「いつもと違う」
イラスト/齊藤マミ
丸1日オシッコをしていないようです。何か病気にかかっているのでしょうか
「膀胱炎や尿路結石の疑いがあります」
トイレに行くのにオシッコをしていないという様子なら、膀胱炎や尿路結石などの可能性が あるので、早急に受診が必要と考えられます。それ以外にも、猫によってはトイレ環境に不満 を感じてトイレに行かないことも。オシッコを出せない状態が続くと、急性腎不全で命を落とすこともあるので注意が必要です。

今回ご紹介した心配ごとはすべて受診が必要なケースでした。放っておくと重症化しかねないので、やっぱり心配なことがあれば早めに動物病院に相談したほうがいいですね!

参考/「ねこのきもち」2018年7月号『愛猫の健康管理やお世話etc. これはほっとけない!獣医師&専門家が飼い主さんのお悩みにお答えします!』(監修:Pet Clinic アニホス院長 弓削田直子先生、帝京科学大学生命環境学部 アニマルサイエンス学科准教授 加隅良枝先生)
文/浪坂一
イラスト/齊藤マミ
※この記事で使用している画像は2018年7月号『愛猫の健康管理やお世話etc. これはほっとけない!獣医師&専門家が飼い主さんのお悩みにお答えします!』に掲載されているものです。

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:23 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ホントにあった犬の事件】逃げ出した大型犬が、近所の子どもの頭を噛んだ!気になる判決は?


Yahoo! JAPAN



ホントにあった、犬にまつわる事件簿を紹介!
この連載では、過去に実際に起こった犬がらみのトラブルと、それに対して裁判所から下された判決について解説します。同じような事件が起こった場合の参考になります。

今回ご紹介するのは、東京高等裁判所で平成12年6月13日に判決が出た事例です。

※この記事の解説は、ひとつの例にすぎず、まったく同一の解決・判決を保証するものではありません。個々の事件の判決については裁判所に、解決策はその当事者に委ねられます。

お話してくれたのは……渋谷 寛先生
弁護士/渋谷総合法律事務所。ペット法学会事務局次長。動物の医療過誤訴訟を担当するなど、ペットと法律の問題に力を注ぐ。共著に『Q&A ペットのトラブル110番』(民事法研究会)など。

犬舎で飼われていた大型犬が金網を破って逃げ出した!
【ホントにあった犬の事件】逃げ出した大型犬が、近所の子どもの頭を噛んだ!気になる判決は?
イラスト/別府麻衣
大型犬に噛みつかれ、女児は頭に全治1カ月のケガ
大型犬が暮らしていた犬舎は、金網のフェンスでおおわれていました。逃げ出した大型犬は、フェンスの下のほうの金網を噛んで引き抜き、飼い主さんが鍵を閉め忘れていた扉を抜けて、近所の家の庭先に進入。そこで、3才の女の子の頭に噛みつき、頭部の骨折や顔の傷など、全治1カ月のケガを負わせました。第一審の裁判で、飼い主さんには、5年以下の懲役や100万円以下の罰金が課される「重過失傷害罪」が言い渡されましたが、判決を不服に思ったAさんは、高等裁判所に控訴しました。

大型犬は、事件の約2年前も小型犬を噛み殺していた
控訴審でAさんは、飼っていた大型犬が逃げ出して人を攻撃するという危険性を事前に認識していたとはいえないのだから、罪を軽くするべきだと主張します。しかし裁判所は、犬が、事件の約2年前にも逃げ出し、近所の小型犬を噛んで死なせてしまっていた事実を指摘。また、Aさんが、5年近くにわたり、同じ犬種の犬を何頭も飼育してきたこともあわせて、Aさんは充分に愛犬の攻撃性を認識していたと判断しました。

犬舎の金網自体も、もともと固定が甘く、Aさんが自ら補修工事をしていたものの、事件を起こした犬が逃げ出した部分だけ補修が施されていませんでした。裁判所は、このことと鍵の閉め忘れを考慮し、第一審の判決どおりAさんに重大な過失があったと結論づけました。

【ホントにあった犬の事件】逃げ出した大型犬が、近所の子どもの頭を噛んだ!気になる判決は?
イラスト/別府麻衣
判決は……重過失傷害罪が成り立つとされた
判決では、犬の危険性を知りつつ、施錠や金網の修理を怠った罪は重いと、第一審の判決どおり、重過失傷害罪が成り立つとされました。

この裁判のように、愛犬が人を噛んでしまったとき、問われるのは飼い主さんの責任です。ふだんから噛みグセ直しにはしっかり取り組み、外飼いの人は、つないでいる鎖やひも、犬舎のフェンスなどはこまめに補修をしましょう。また、室内飼いの人も、散歩中はリードを短めに持ち、愛犬から目を離さないように気を配りましょう。

参考/『いぬのきもち』2016年7月号「ホントにあった犬の事件簿」
イラスト/別府麻衣
いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:21 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

猫の殺処分減へ、不妊手術に懸命 年間5千件執刀の獣医師

Yahoo! JAPAN



野良猫のむやみな繁殖を防ぎ、殺処分や地域のトラブルを減らしたい。そんな思いで飼い主のいない猫の不妊去勢手術を年間約5千件手掛ける動物病院がある。埼玉県越谷市の「いながき動物病院」だ。今年は猫の引き取り先を探す保護猫カフェの運営も始めた。院長の稲垣将治さん(35)は「不妊手術をするだけで、たくさんの問題を解決できる」と訴え、多くの獣医師や住民に活動への参加を呼び掛けている。(共同通信=沢田和樹)

 ▽猫1匹が2千匹に

 5月下旬、いながき動物病院には猫の入ったケージ約30個が所狭しと並んだ。稲垣さんと妻の桃子さん(33)ら獣医師4人が、ボランティアの手を借りながら手術をこなしていく。「野良猫は術後に調子が悪くなっても気付いてもらいにくい。手術の傷は極力小さく。飼い猫より気を使います」と稲垣さん。2014年の開業以来、手術は増え続け、今年は6千件に達する勢いだ。

 稲垣さんは「手術される猫がかわいそうという人もいるけど、生まれてどんどん死んでいく猫がいることを知ってほしい」と言う。繁殖期に持ち込まれる野良猫は妊娠していることも多い。「手術後の子宮で冷凍庫がいっぱいになる。猫ブームの負の側面ですよ」

猫の殺処分減へ、不妊手術に懸命 年間5千件執刀の獣医師
埼玉県越谷市にオープンした「保護猫カフェさくら」の稲垣桃子さんと猫=5月
 野良猫は繁殖力が高い。環境省によると、計算上は猫1匹が出産すると3年後に2千匹まで増えるという。住民から餌をもらって元気になった野良猫はなおさらで、増えた猫の鳴き声やふん尿はトラブルの元になる。餌をあげる猫好きの人と猫嫌いの住民でけんかになることも少なくない。

 同省によると、17年度に殺処分された猫は約3万5千匹で、そのうち約6割が子猫。生まれてすぐに殺処分されたり、体力がなく死んでしまったりする猫は多い。

 そんな中、野良猫を捕獲(Trap)し、不妊去勢手術(Neuter)をした上で元の場所に戻す(Return)という「TNR」活動が盛んになっている。元の場所に戻した後は、餌をやる場所などのルールを決め、住民や行政が地域ぐるみで「地域猫」として面倒を見ることを目指す。手術後の猫は目印として耳先をV字に切られ、その形が桜の花びらに見えることから「さくら猫」とも呼ばれている。

 いながき動物病院の猫も、この活動の一環でボランティアらが持ち込む。手術費は持ち込んだ人が負担するが、同病院では手術を受けやすくするため、相場の半分以下の約4千〜5千円で請け負っている。自治体や団体の助成金を使えば格安になる形だ。福島と茨城、千葉に分院があり、出張手術にもあたるほか、野良犬の多い地域では犬の手術にも携わる。


また、飼い猫が繁殖しすぎて世話をできなくなった多頭飼育崩壊の家で手術することも。ふん尿のにおいが充満する環境で、飼育放棄された猫は衰弱していることも多い。不妊手術をしていれば防げた問題だ。

 開業1年目は千件に満たなかった手術が「これ以上増えると体が壊れそう」と言うほどになった。担い手不足解消のために力を入れるのが獣医師の育成だ。千葉県市川市の梁瀬恵美さん(61)も、いながき動物病院で学ぶ1人。獣医師免許を持つが、子育てなどが生活の中心で活用できずにいた。梁瀬さんは「やっと獣医師らしいことができる」と笑顔で話した。

 稲垣さんは「やる気はあるが技術がない。そういう人をどんどん受け入れたい」と力を込めた。

 ▽保護猫カフェさくら

 手術後の猫は元の場所に帰されるが、けがをしている猫や譲渡先がすぐに見つかりそうな猫を自分で保護するボランティアも多い。結果、積極的に猫を持ち込む人ほどたくさんの猫を世話する負担を抱えてしまう。

 稲垣さんらは5月、そんな猫の飼い主を探す場を提供し、ボランティアの負担を軽くしようと、越谷市内に「保護猫カフェさくら」を開いた。へその緒がついた状態で産み落とされた猫や、殺処分直前で保護された猫、けがで足を1本失った猫など、さまざまな背景を持つ猫が「さくら」にやってくる。

 桃子さんが店長を務め、ボランティアの支援を受けながら運営している。桃子さんは「病院と店で休みはないけど、猫と一緒にいられるので毎日休みのようなもの」と笑う。獣医師が関わるため、猫の体調不良にすぐ対応できるのが利点だ。

 客は自分に合う猫を見つければ引き取ることができる。ただし、譲渡までの飼育費や手術費を含む4万円の負担に加え、自宅の確認や面談も必要だ。手間の掛かる手続きにしているのは、大切に飼ってもらえるかどうか確認する意味がある。

 桃子さんは「いずれはカフェの一室で公開手術をし、お客さんに見てもらいたい。なぜ手術が必要なのか、啓発にもなると思う」と語った。


都内で保護猫カフェを運営し、これまで約7千匹を譲渡してきたNPO法人「東京キャットガーディアン」の山本葉子代表(58)は「不妊去勢手術を頑張る動物病院が猫カフェを運営するというのは、一つのポイントになると思う」と言う

 動物への愛情があっても経済的な問題で立ちゆかなくなる保護猫カフェをたくさん見てきたというが、「さくら」は病院という経営の下支えがある上、「『どうせ保護猫カフェに行くなら、こちらに行こう』と思わせるアピールの仕方ができるのではないか。協力したい人も多いだろうから、定期的にイベントをやるなどして、ぜひ継続させてほしい」と期待した。

 ▽「問題の敷居低く」

 猫と犬の殺処分はこの10年で大幅に減ったが、自治体から猫や犬を引き取る動物愛護団体の力に頼っているのが実情だ。団体がたくさんの動物を抱え、飼育崩壊に陥る例もある。稲垣さんは「殺処分減少に見合うほど世の中の変化は感じない」と言う。野良猫に餌をあげる人や猫を捨てる人、虐待する人がいる中、野良猫のトラブルや殺処分、多頭飼育崩壊といった問題は簡単に解決できない。

 ただ、少しでも前進させるには、猫の繁殖力や不妊去勢手術の重要性を知ってもらう必要がある。稲垣さんは行政と連携し、役所の敷地内で手術をするなどして地域住民に手術の意義を伝えようとしている。講演会で話し、より多くの獣医師に活動への参加も呼び掛ける。「問題に関わる敷居を低くし、参加する人を増やしたい。多くの人が自分のできる範囲で動けば、解決へ向かうと思う」。今後も病院やカフェでの活動を通じ、積極的に情報を発信していく考えだ。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:15 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【数字から見えるちば】70歳以上の世帯主が飼育する犬・猫の数が全国7位

Yahoo! JAPAN



■高齢化に伴い増え続ける見込み

 □ちばぎん総研主任研究員・薄井聡

 ペットブームの裏で、犬や猫が子を産み過ぎて家屋が犬猫であふれ、飼い主や近隣住民の生活環境が悪化する「多頭飼育崩壊」が社会問題化している。環境省の多頭飼育対策に関する検討会の資料をみると、多頭飼育崩壊を起こした飼い主の4分の3は高齢者である。また、保健所に引き取られるペットは、飼い主の自立が難しくなり施設への入居を余儀なくされたり、飼い主が亡くなったりするケースが少なくない。このようにペット問題と飼い主の高齢化には一定の関係がある。

 平成30年の一般社団法人ペットフード協会調査によると、70歳以上の世帯主のうち犬を飼っている世帯の比率は10・0%(全年齢層では12・6%)、猫を飼っている世帯の比率は7・5%(同9・8%)でここ数年安定している。この比率が変わらないとすれば、今後は高齢者世帯の増加に伴って、高齢者が飼育する犬・猫の数も増える筋合いにあり、ペット問題が今よりも深刻化するのは避けられない。

 ちなみに千葉県内では、70歳以上の世帯主によって飼育されている犬は27年時点で8・3万頭、猫は7・7万匹(ともに全国7位)だが、団塊世代が75歳以上(後期高齢者)に達する令和7年には、犬が10・2万頭、猫が10・8万匹となり、10年間で犬がプラス1・9万頭(プラス23%)、猫がプラス3・1万匹(プラス40%)増加すると試算される。

 先月、改正動物愛護法が成立し、犬猫を販売できる時期が生後49日超から56日超へと繰り延べされることとなり、かわいさからの衝動買いが減少する効果が期待されているが、高齢者とペットの問題への対策としては、加齢してもペットの寿命の最後まで飼育責任を果たせるかの覚悟を問い、また体調悪化の際には万一に備えて次の飼い主を決めておくような啓発が必要だ。

 一部の自治体やペットショップでは、高齢者がペットを飼う場合の注意事項を、ホームページや窓口・店頭で発信しているが、こうした取り組みの強化が求められる。

 また、高齢者による多頭飼育問題を防止するためには、避妊・去勢手術などの早期対応が重要となる。猫は生後6カ月程度で繁殖可能になるので、1匹の雌猫が1年間で20匹以上に増えることがある。

 高齢者にかかるペット問題は、自治体では福祉部署が最初に認知するケースが多いが、担当者にそうした知識がなければ、後々事態の収拾に手間取ることになりかねない。庁内環境部署やペット譲渡仲介に取り組む動物愛護団体などと初期段階から協力して対処することが肝要だ。

 高齢化は自治体の社会保障政策や財政事情に影響を及ぼすほか、高齢者ドライバーによる交通事故の急増も問題となっているが、ペットについても、問題が深刻化する前に官民が連携して対策を講じる必要がある。(寄稿、随時掲載)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:11 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛猫を臆病な性格にしてしまう生活習慣4つ

ネタりか



こんなことが原因に
猫の為にやってあげたいと思ってしてあげたことが、裏目にでてしまったり、無意識な対応で猫が臆病になってしまうリスクも!生活習慣で、こんなことをしていませんか?

1. 外に出す
外を歩く猫

完全室内飼いだと、猫が退屈していないか心配になりませんか?事あるごとに脱走しようと狙っていたり、外の世界に興味を持っていたりすると、リードを付けて一緒にお散歩に行った方が良いのではないかと、考えてしまいます。

でも、猫は自分が置かれている環境が変わることに、ストレスを感じます。下手に外に出してしまうとそれが多大なストレスとなり、臆病になってしまうことがあるのです。

猫は過不足なく快適な暮らしができれば、それで満足してくれますので、ご飯、清潔なトイレ、ストレスなく動き回れるスペースを、確保してあげてください。そうであれば、わざわざ外へと出す必要は、ほぼないでしょう。

2. 猫が驚くことをする
驚く猫

猫が驚くようなことをしょっちゅうしていると、その刺激に怯え、臆病になってしまうことがあります。

わざと猫の後ろにキュウリを置いて驚かせるいたずらが一時期流行りましたが、あのような事を頻繁に行なっていると、猫の信用を失い飼い主さんに対して、怯えるようになってしまうでしょう。

3. しょっちゅう家の中を変える
机の上の猫

猫にとって周辺環境の変化は、とても大きなものです。引越しがその最たるもので、ガラッと今までいた環境が変わってしまいますので、ストレスを感じます。

ただ、飼い主さんの事情でどうしても引越しが必要なことはありますので、なるべく猫のストレスを軽減させるように心がけます。

また、住みなれた家の中であっても、頻繁に模様替えをする、家具をガラッと変えるなどの変化があると、怯えてしまうでしょう。慣れない家具たちに囲まれて、猫がおどおどとなってしまうのも無理はありません。

4. 隠れ場所がない
カゴの前で隠れる猫

猫にとって、身を隠す場所はとても重要です。隠れる場所がある場合とない場合では、猫のストレス度が変わることも証明されています。もちろん、隠れ場所がある方がストレスが軽減されます。

安全な家の中とは言え、必ず猫の隠れ場所は確保してあげてください。段ボールに毛布を敷いたものでも十分です。猫が快適に感じるようなぴったりサイズで薄暗い場所が、最適です。

まとめ
のぞく猫

猫はとても繊細な生き物です。もちろん個体差はありますが、人以上に繊細な事は、しっかりと理解してあげてください。

「これくらい大丈夫。」と人基準で考えてしまうと、猫にはキツい場合もあります。怯え猫にならないよう、伸び伸びと暮せるようにしてあげてください。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:01 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物のふるさと守れ(1) 成功に疑問、ボルネオで活動 旭山動物園 坂東園長に聞く

日本経済新聞



動物のありのままの姿を見せる「行動展示」で人気の旭山動物園(北海道旭川市)。園長の坂東元さん(58)は画期的な施設をつくり、廃園の危機からよみがえらせた立役者だ。成功に安住せず、マレーシアのボルネオ島で絶滅危機にひんする野生動物の保護に取り組む。動物園の使命とは何か、自問し続ける。

――「ボルネオへの恩返しプロジェクト」の活動を始めて10年になります。

「マレーシア・サバ州を拠点に野生のボルネオゾウを守るのが目的だ。ボルネオの生物多様性を育んできたのが熱帯雨林だが、面積は年々減っている。植物油のパーム油を採るプランテーション(大規模農園)をつくるためだ。食べ物に困って農園を荒らすゾウは『害獣』として殺されることもある。ジャングルに戻すための輸送檻(おり)を寄贈、最近は一時保護するレスキューセンターもつくった」

「旭山動物園にボルネオゾウはいないが、ボルネオオランウータンがいる。このままではオランウータンも絶滅危機になり、彼らの『ふるさと』はなくなってしまう。野生動物として絶滅しても動物園では生き残る? こんなことで動物園の存在する意味があるのか。パーム油は日本に輸入され冷凍食品やチョコレート、粉ミルク、揚げ油などの食品・日用品に使われている。野生動物の危機は我々の豊かな生活と無縁ではない」

――ボルネオで活動するようになった発端は、ある人物からの問いかけだったとか。

「『動物園は動物を使って金もうけする場所なのか?』。野生動物と人間との共生を目指して活動している『ボルネオ保全トラスト・ジャパン』の代表だった、坪内俊憲さんの言葉だ。当時は来園者が年300万人を超えていた。人気施設には長蛇の行列ができ、動物のありのままどころか人間の背中しか見えない。『これが成功なのか?』と疑問を感じていたときで、ケンカを買おうと決意した」

「旭山動物園が伝えてきたのは『野生動物はすごい、素晴らしい』、そして『命の輝き』。そんな動物のふるさとがなくなるのを見過ごすわけにいかない」
posted by しっぽ@にゅうす at 08:59 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物に「人間の食べ物」を与えた経験者は5割 ペットフードの普及も要因か

Infoseek


動物を見ると、ついエサを与えたくなってしまう人もいるだろう。そんな時、動物用ではなくわれわれ人間が食べるようなお菓子やパンをつまんだりして与えてしまう人もいるかもしれない。

こうした行為は、動物の健康上からも好ましくないと言われるのだが、実際に人間の食べ物を与えてしまう人々はどれくらいいるのだろうか。

■5割もが人間の食べ物を動物に…
しらべぇ編集部が、全国10〜60代の1,721名を対象に調査したところ、全体の47.6%が「動物に人間の食べ物を与えたことがある」と回答した。

動物に人間の食べ物を与えたことがある

ペットを飼っていて栄養バランスを考えたフードを用意している人からすると、ゾッとする数字かもしれないが、逆に動物に縁がない人からすると「何がいけないの?」という感覚もあるのかもしれない。

なお、男女別では男性46.8%、女性48.3%と大きな差は見られなかった。

■公園でよくあげてるのは60代?
さらに、年代別に見ると、60代男性・女性が6割近くに。

動物に人間の食べ物を与えたことがある

経験率のため、長く生きているほど高くなる傾向があるが、それに加えて「ペットフードの普及」が背景にあるとも考えられる。

「愛犬の栄養食」として、日本初のドッグフード『ビタワン』が発売されたのは1960年。それまでは家で飼っている犬や猫に人間の食べ残しなどを与えるケースも多かった。

ペットの犬や猫の寿命が長くなってきたのは、塩分濃度や栄養バランスが動物向きではない人間の食事から、ペットフードに切り替わっていったことも一因とされる。

■ネット上では否定的な声目立つ
ネット上では、動物に人間の食べ物を与えることについて、否定的な声が多い。

「野生動物に甘いお菓子を与えて餌付けするのは、あんまり関心しませんね」

「奈良公園でも、人の食べ物には異常な食いつき方するから、飢えてると勘違いしてお菓子とか野菜とか与えてしまう人がいてるけど、動物には人の食べ物は刺激が強いから食いついてるだけで、朝夕にちゃんと食べてるんよな」

「ウチの近くの公園の池にも魚やら鳥やらにパンをちぎって投げるアホがおる。 人間用のパンの中には消化できんモンがあって、それが体内でカビて死ぬとかザラなのに」

知り合いの愛犬や愛猫をかわいがる際などは、とくに気をつけたほうがいいだろう。


(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:56 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする